致道ブログ

chido1950.exblog.jp
ブログトップ

幻一”木版画・墨彩画”「羅漢さん」展

ご好評をいただいておりました
「庄内藩酒井家美術資料展」も
本日最終日となりました。


あさって4月1日からは、いよいよ新年度。

トップバッターの展覧会として
幻一”木版画・墨彩画”「羅漢さん」展を開催します。

f0168873_1064286.jpg


幻一先生は1942年京都生まれ、
現在は京丹後市にお住まいです。

独学で絵を画き続け、
1965年モダンアート展の入選から
今年で画業45周年。

1979年から
“人と仏のあいだにある”といわれる、
「羅漢さん」の姿を借りて、
人間の一生懸命に生きる姿を表現しようと
「五百羅漢」木版画の制作を始め、
1997年に五百羅漢の全像完成しました。 

2000年からは、「わらべ羅漢」を制作中で、
500作品の完成を目指しているそうです。

三川町出身のお父上のご縁で
致道博物館では14年ぶり2回目の展覧会。

人間の懸命に生きる姿を表現した
表情豊かな「羅漢さん」に
どうぞ会いにいらして下さいね(^^)


★幻一”木版画・墨彩画”「羅漢さん」展★
会期:4月1日(水)~23日(木)
開館時間:午前9時~午後5時(入館は午後4時30分)
会  場:致道博物館 御隠殿 
入館料:一般700円、学生380円、小中学生280円
     (常設展、企画展、庭園などもご覧いただけます)
[PR]
by ChidoMuseum | 2009-03-30 10:11 | 展覧会 | Comments(0)