致道ブログ

chido1950.exblog.jp
ブログトップ

『SPOON』

最後の『SPOON』が届きました

f0168873_23125547.jpg


表紙写真は
バラのサラダに
ファーストスプーンのオリーブオイルが
添えられています

まさに
「暮らしにスプーン一杯のエッセンス」の
『SPOON』そのもの

最終号には
18年間217号のすべてがつまってます

庄内に暮らす人とまちを主役に、
多くの人と人を結び、
庄内を輝かせてくれました

つちだよしはる先生の
今は亡きIカメラマンとのエピソードは
読みながら涙があふれてきました

お雛様の撮影でお世話になったIカメラマン、
無口で、
ただまっすぐに仕事と向き合う姿勢が印象的でした

最後のページで編集長は
 「ロンググッパイ」というよりは、
 今回ご登場くださった
 大江健三郎さんの作品名にならって
 「新しい人よ眼ざめよ」という気分
と綴っています。

『SPOON』との別れは
とってもさみしいけれど、
悲しいわけではなく、
なぜかとてもさわやかな気持ちです。


きのう編集長と
1時間くらい電話で話しました

発刊から18年、
博物館もたくさん取り上げていただきました。

私が鶴岡に帰ってきてからの12年、
編集長にもスタッフにも
ずっとずっとお世話になってきたので、
たくさんの懐かしい思い出話に
花が咲きました


これまでの感謝の気持ちをいっぱい込めて

『SPOON』ありがとう!!


☆『SPOON』は博物館にも置いていますが、
 部数に限りがありますので、
 ご希望の方はどうぞお早めにご来館下さいねm(_ _)m
[PR]
by ChidoMuseum | 2009-04-08 23:20 | 博物館のとっておき | Comments(0)