致道ブログ

chido1950.exblog.jp
ブログトップ

近代書道の父 吉田苞竹の書

今日から近代書道の父 吉田苞竹の書」が始まりました。

吉田苞竹は明治23年鶴岡市十三軒町(現・神明町)生まれ。

13歳で黒崎研堂に入門し、その才能を認められました。

山形県師範学校を卒業後は、
鶴岡市内の小学校に教員としてつとめ、
酒田高等女学校(現・酒田西高等学校)の教諭となります。

そして明治時代を代表する書家・日下部鳴鶴に入門。

昭和3年に書壇院、
昭和7年には東方書道会を設立するなど、
日本書道界に大きく貢献しました。

今年は吉田苞竹の没後70年、
本市が生んだ偉大な書道家を偲び、
県内で所蔵されている作品約30点を紹介します。

伸びやかで流れるような筆遣い、
堂々とした風格ある書風をどうぞゆっくりとご覧下さい!


f0168873_14311210.jpg


f0168873_14311925.jpg


f0168873_14312676.jpg



★☆近代書道の父 吉田苞竹の書☆★
会  期:8月27日(木)~9月18日(金)
会  場:財団法人 致道博物館
     〒997-0036 山形県鶴岡市家中新町10-18
     電話 0235(22)1199
開館時間:9:00-17:00(入館は16:30まで)
入 館 料:一般700円 学生380円 小中生280円
     *常設展示・庭園もご覧いただけます
[PR]
by ChidoMuseum | 2009-08-27 14:33 | 展覧会 | Comments(0)