致道ブログ

chido1950.exblog.jp
ブログトップ

茨木のり子の贈り物

「茨木のり子の贈り物
-山内ふじ江が描く『貝の子プチキュー』絵本原画の世界

はじまりました。

茨木のり子さんは、戦後の現代詩を牽引した日本を代表する詩人。

その詩は学校の教科書にも取り上げられているので、
ご存じの方も多いのではないでしょうか。

お母様は三川町ご出身、
1949年にご結婚されたご主人の安信さんは鶴岡市出身と、
庄内は茨木さんのふるさとのひとつなんです。

2006年に惜しまれつつこの世を去りましたが、
今は最愛のご主人とともに加茂の浄禅寺で
静かに眠っておられます。


実は、この展覧会は初めてづくし!

茨木のり子さんが昭和23年にラジオ放送のために
初めて書いた童話がこの「貝の子プチキュー」

平成18年に茨木のり子さんのたった一冊の絵本として
出版されました。


絵を描かれた山内ふじ江先生は、
神奈川県南足柄市の在住。

長い年月をかけて
鮮やかな色彩で海の物語を丁寧に表現した作品です。

f0168873_16344671.jpg


山内先生にとって
初めてスロヴァギアの
「ブラティスラヴァ世界絵本ビエンナーレ2007」に
ノミネートされたのがこの作品。

10ヶ月間プラハで世界の人々を楽しませ、
その後日本全国を旅してきました。

初めて全原画揃っての公開です。

『貝の子プチキュー』では、
茨木のり子さんの美しい言葉で綴られた物語と
山内ふじ江先生の愛情たっぷりの原画の
コラボレーションをお楽しみ下さい。

また、没後発見された
亡き夫へのラブレターが詰まった「Yの箱」は、
一周忌の平成19年に『歳月』として出版されました。

原稿や写真を通して、
詩人としての足跡を辿り、
茨木のり子の世界へとお誘いします。

芸術の秋をどうぞごゆっくりお過ごしください!


☆★       茨 木 の り 子 の 贈 り 物       ☆★
☆★山内ふじ江が描く『貝の子プチキュー』絵本原画の世界☆★
会   期=10月1日(木)~10月28日(水)
会   場=致道博物館 展覧会場
開館時間=午前9時~午後5時(入館は午後4時30分まで)
入 館 料=一般700円 学生380円 小中学生280円
        (常設展示・庭園もご覧いただけます)
[PR]
by ChidoMuseum | 2009-10-01 16:42 | 展覧会 | Comments(0)