致道ブログ

chido1950.exblog.jp
ブログトップ

平成23年度日本博物館協会東北支部の総会・研修会開催

 9月29日午後1時から、山形県生涯学習センター遊学館3階(山形市)で平成23年度日本博物館協会東北支部の総会を開催、東北6県から大勢の博物館美術館関係者が集まりました。菅野史郎支部長(山形県立博物館館長)、日本博物館協会半田昌之専務理事、山形県教育委員会石川ゆみ文化財保護推進課長のご挨拶、そして平成22年度事業報告および収支決算について、平成23年度事業計画および収支予算を満場一致承認されました。
つづいて研修会にうつり、「東日本大震災と博物館資料について」というテーマのもと、
①「東北地方太平洋沖地震被災地域の文化財救済活動について」東北芸術工科大学 米村祥央氏
f0168873_142632.jpg

②「歴史資料の保全にむけて」仙台市博物館市史編纂室菅野正道氏
f0168873_1424869.jpg

③「東日本大震災における文化財救済活動」山形文化遺産ネットワーク事務局小林貴宏氏
f0168873_1433649.jpg

から事例発表がおこなわれました。
安否の確認、資料所在の確認、文化庁文化財レスキューの確認を先行。NPO法人ネットワークと協力。
被災地被災者の心情を察し文化財レスキューは話ずらく、相手方の要請待ち。
 緩やかな山形ネットだが、仲間とともに資料救済に取り組もうとの呼びかけに応じたのはほとんどが20、30代の若者だった。若者にはやる気も情熱もあります。(山形文化遺産ネットワーク)
以上若い方々の活躍がなによりも喜ばしいことです。
 地域の記憶を伝える文化遺産はこの未曾有の災害からの復興により大きな力をあたえてくれるものとなると思います。
 被災該当文化財(指定・未指定にかかわらず)対応についてお困りの点がございましたらお気軽にご相談下さい。(東北芸術工科大学文化財保存修復センター・山形文化遺産防災ネットワーク・仙台市博物館・東北歴史博物館)
被災地のみなさまにあらためてお見舞いと1日も早い復興を心よりお祈り申し上げます。
[PR]
by ChidoMuseum | 2011-09-30 01:55 | あれこれメディア情報 | Comments(0)