致道ブログ

chido1950.exblog.jp
ブログトップ

谷川俊太郎朗読コンサート

10月20日谷川俊太郎朗読コンサートが鶴岡市文化会館でおこなわれた。
今年街キネで小室等さんのコンサートで谷川さん作詞の鉄腕アトムが紹介されたばかり,たのしみにしていました。
f0168873_20581415.jpg

大山小学校6年生による「ごあいさつ」「私たちの星」「ありがとう」谷川作品の元気な群読、
「その日August6」「誰もしらない」が東北実力no1の鶴岡土曜会の美しいハーモニーの演奏で披露された。
詩:谷川俊太郎、ピアノ:谷川賢作、コントラバス:鳥越啓介、ボーカル:高瀬 マコリン 麻里子で谷川さんを中心に軽妙なトークを交えながらプログラムがすすめられました。
庄内は吉野弘さん、茨木のり子さん、はじめ錚々たる詩人とゆかりがあります。そのことも谷川さんはふれられながら、そして中田喜直さん作曲谷川さん作詞「誰もしらない」は「お星さまひとつ プッチンともいで」、最後に103才のアトムを朗読「人里離れた湖の岸辺でアトムは夕日を見ている 百三歳になったが顔は生れたときのままだ・・・・・」よかった103歳になってもアトムは元気だった。最後にみんなで鉄腕アトムを歌って「空をこえて ラララ 星のかなた ゆくぞアトム・・・・・・・」
そういえば前に戦後50年メモリアルシリーズで鉄腕アトムと手塚治虫の切手が発売されてましたね。(下記はその切手)
f0168873_18205050.jpg

[PR]
by ChidoMuseum | 2011-10-21 22:00 | あれこれメディア情報 | Comments(0)