致道ブログ

chido1950.exblog.jp
ブログトップ

東京スカイツリー

 東京スカイツリーを見て、帰ろうと、東京での用件がすんだ後、地下鉄で浅草にいきました。
吾妻橋からの眺めがいいということで、そこへ。
橋のたもとにはすでに写真を撮っている人がたくさんいました。
f0168873_20595941.jpg

台東区墨田公園の中へ進み、いい角度で写真を。
鶴岡の板垣鉄工さんが東京スカイツリー工事に資材をおさめてたと聞いていたので興味津々、来年5月22日にオープンとか、そのときはすごい人出で賑わうことでしょう。
 隅田川を挟んで、浅草のちょうど対岸、東京スカイツリーみえる方向に特徴あるビルがありました。
f0168873_20585720.jpg

それは元はアサヒビール吾妻橋工場があった場所に、アサヒビールの本拠地アサヒビール吾妻橋本部ビルが建ち、通称「アサヒビールタワー」は琥珀色のガラスと最頂部の白い外壁で、泡のあふれるビールジョッキをイメージした22階建ての高層ビルでアサヒビールの本部機能がこのビルに入居しています。上層階の22階と21階にはレストラン3店舗と展望喫茶があり、一般の方にも美味しいビールと壮観な眺めをお楽しみいただけるそうです。その「アサヒビールタワー」と隣接する「スーパードライホール」があり、その上にある「炎のオブジェ」はフィリップ・スタルクによってデザインされたもので、”躍進するアサヒビールの心”を象徴しているのだそうです。
ちょうど吾妻橋からガイドさんの案内つきの水上バスがでていて、日の出桟橋までいけば浜松町まですぐ近く、そこからモノレールで羽田空港へと帰途コースがきまり。
水上バスでは、始めにガイドさんからアサヒビールタワーに映った東京スカイツリーをゴールデンスカイツリーとよばれているという説明があり、なるほどビール=琥珀色=ゴールデンかと変に納得しながら窓ごしに写真をとりました。
f0168873_2102427.jpg

沿岸の都会の夕景色やがて色とりどりの灯りやライトアップした周辺を眺め時をたつのもわすれ、あっという間の40分、日の出桟橋着。帰路につきました。
[PR]
by ChidoMuseum | 2011-12-21 21:14 | あれこれメディア情報 | Comments(0)