致道ブログ

chido1950.exblog.jp
ブログトップ

文化財防火ディ-

毎年1月26日は,「文化財防火デー」です。
 文化財防火デーの制定は,昭和24年1月26日に,現存する世界最古の木造建造物である法隆寺(奈良県斑鳩町)の金堂が炎上し,壁画が焼損したことに基づいています。
 この事件は国民に強い衝撃を与え,火災など災害による文化財保護の危機を深く憂慮する世論が高まり,翌昭和25年に文化財保護の統括的法律として文化財保護法が制定されました。
 その後,昭和29年11月3日に法隆寺金堂の修理事業が竣工し,文化財保護行政も確立するとともに,文化財保護思想の一層の強化徹底を図るために普及啓発事業が行われるようになりました。その一環として,法隆寺金堂の焼損した日であること,1月と2月が1年のうちで最も火災が発生しやすい時期であることから,昭和30年に,当時の文化財保護委員会(現在の文化庁)と国家消防本部(現在の消防庁)が1月26日を「文化財防火デー」と定めました。以来,毎年この日を中心に,各都道府県教育委員会,各消防署,文化財所有者等の協力を得て,文化庁と消防庁が連携・協力して全国各地で防火訓練などの文化財防火運動を展開しています。
f0168873_23443090.jpg

1月26日午前9時から致道博物館で防火訓練を実施しました。昨年の東日本大震災、また火災が多発しており防火防災の訓練をしっかり行おうと職員一同気をひきしめて訓練に望みました。
f0168873_23474443.jpg

「火事だ、火事だ」と大きな声で火事ぶれ、「火災発生、避難」の館内アナウンスとともに119番通報するなどアナウンス及び連絡班の活動に始まり、同時にお客様の避難誘導安全確認など誘導班、救急班、消火班、搬出班などそれぞれの役割で訓練活動をしました。
その後駐車場で消化器訓練、水消化器での訓練及び実際火にむかい消化器訓練などおこないました。
f0168873_23484635.jpg

消防から、日頃から訓練して防火意識の高揚をはかることと、訓練では大変よくできたが、実際はあわてるので落ちついて対処するようとの講評をいただきました。
f0168873_2349937.jpg

[PR]
by ChidoMuseum | 2012-01-27 00:11 | あれこれメディア情報 | Comments(0)