致道ブログ

chido1950.exblog.jp
ブログトップ

田島家住宅

 高崎市の羽島文江さまからお手紙をいただきました。「高崎にも初雪が降り雪に慣れていない私たちは少しでも早くとけてほしいと願っております。18日の上毛新聞に田島家住宅の記事に関連して、松ヶ岡開墾場のことが書かれているのでご覧になったかなと思いながら同封してみます。」と記事をおくっていただきました。情報ありがとうございました。
国指定史跡松ヶ岡開墾場には5棟の蚕室が立ち並んで、近代化遺産であり貴重な歴史的産業施設として開墾当時を思い起こします。当時田島彌平武平家に蚕糸業の研修にいき、田島家の蚕室を模範にして明治8年から10年にかけて壮大な蚕室10棟建てられました。その研修先の田島家を紹介してくれたのが西郷隆盛という話がありますし田島家には大変お世話になったと思います。
 お送りいただいた上毛新聞記事には、田島家を模範にした松ヶ岡開墾場蚕室が国史跡となっていることから田島家は近代養蚕農家の原点で国史跡の価値は十分にあるということで松ヶ岡が紹介されていました。
世界遺産登録には構成資産が国の法律によって保護されている必要があります。群馬県では世界文化遺産候補「富岡製糸場と絹産業遺産群」を構成する、富岡製糸場(富岡市)と荒船風穴(下仁田町)と高山社跡(藤岡市)の3遺産は国史跡、国重要文化財として指定されており、田島家が国史跡になれば、世界文化遺産の構成資産の条件がすべて整い、ユネスコ推薦にむけて前進することになります。是非、田島家が国指定史跡となって、「富岡製糸場と絹産業遺産群」が世界文化遺産となることを応援いたしております。
f0168873_224591.jpg

[PR]
by ChidoMuseum | 2012-01-28 20:45 | あれこれメディア情報 | Comments(0)