致道ブログ

chido1950.exblog.jp
ブログトップ

キンタくん さようなら

 市民から長年親しまれてきた鶴岡公園のキンタくんが3月19日老衰のため猿舎で亡くなった、満32歳。
 人間の年齢になおすと100歳をこえる歳、天寿を全うしました。
 キンタは1979(昭和54)年6月生まれ、86年5月から鶴岡公園猿舎で、先に飼育されていた雌「キー子」と元気に走り回っていたそうですが、そのキー子は98年30歳で死に以来キンタはひとりぼっちになりました。
 ここ2ヶ月、体調すぐれずじっとしていることが多く、それでも長年住み慣れた猿舎、どこになにがあるかわかっており、ここ数年老齢性白内障を患い、目がみえなくても手探りで猿舎内を移動していたとききました。
 住環境が変わるのはキンタのためよくないと老朽化した猿舎を維持し続けてきた鶴岡の優しさを感じます。
 27日午前11時から猿舎前でお別れの会を行う予定だそうです。
f0168873_23332031.jpg 
写真は「さよならキンタくん」荘内日報
[PR]
by ChidoMuseum | 2012-03-20 22:22 | あれこれメディア情報 | Comments(0)