致道ブログ

chido1950.exblog.jp
ブログトップ

実習生の研修

 8月6日から8月11日まで学芸員取得のための実習生の研修がおこなわれています。
今年は男子1名女子5名(米沢女子短大、明治大学、大東文化大学、茨城大学、郡山女子大短大)の学生さんが実習にとりくんでおります。
 内容は、美術工芸品、刀剣資料、歴史資料、民俗資料の取扱、資料の保存、補修修復について、企画展示について、遺跡や施設見学、8月9日「新作名刀展」展示の撤収作業、8月10日「白土会」展示作業、8月11日講座植松芳平講師「荘内地方の地震と津波」に参加などいろいろな実習日程をくんでおります。
 猛暑がつづいている昨今、健康に注意して、しっかりと実習を終え、次代をになうキューレィターとなって活躍することを祈念しております。
f0168873_11502876.jpg

8月9日、時間のたつのは早いもの、名刀展も本日で終了、刀剣博物館から黒滝さん、刀匠の上林さん、高橋さん、吉田さん、白銀師の羽川さんで撤収作業、実習生はその作業の合間をみて刀剣の鑑賞のしかた等をレクチャーしていただきました。実習生は刀匠や白銀師とお話しができて感銘しておりました。
f0168873_11505753.jpg

f0168873_11512018.jpg

[PR]
by ChidoMuseum | 2012-08-08 10:45 | 博物館のとっておき | Comments(0)