致道ブログ

chido1950.exblog.jp
ブログトップ

海の武士道

戊辰戦争後、西郷の指示で寛大な処分をうけた荘内は、西郷を慕い、酒井忠篤以下70名が薩摩にいき、勉強してきて、西郷没後南洲翁遺訓を出し、全国に頒布します。
その遺訓を英語、フランス語訳して世界の有志に贈呈する事業をしたのが東京、鹿児島出身者の薩摩士魂の会でその代表の森園さんとお会いしたら、「海の武士道」という感動的な本があるからと贈っていただきました。これは第2次世界大戦戦時中の話し、読んで感銘をうけました。
f0168873_26533.jpg

この話しの主人公の日本海軍駆逐鑑「雷(いかづち)」工藤俊作鑑長は、山形県東置賜郡屋代村の出身です。ジャワのスラバヤ沖海戦中におこった出来事でした。
前日日本の輸送船が敵潜水艦に撃沈されたばかりで、航行中の雷の視界に浮遊物が飛び込んできました。戦闘準備したところ、海の上でイギリス海軍約400名が顔などは重油で汚染され衰弱を極めて浮遊して必死に救助を求めていました。
f0168873_0492585.jpg

工藤艦長の判断は「敵兵を救助せよ」、マストに救難活動中の国際信号旗が掲揚されました。艦上の水兵は驚き、まさに命がけの救助となることを覚悟しました。
船が難破してしまい、海上で危険にさらされている状態の衰弱した溺者(者)を救済するのは、潜水艦はじめ敵の攻撃をいつ受けるかわからないという非常に危険をともないました。そういうこともあって、救済しなくても違法ではなく、ほとんどの国はおこなっていないのが現状でした。日本海軍では各艦艦長の判断に任されていました。
艦長は、「総員敵溺者救助用意」と大きな決断をくだしました。「救助の旗が揚がったときは夢かと思った、彼らは敵である私たちを全力で助けた」とフォール郷は深く回想します。
次ぎに「漂流者全員救助」と命令をだします。「最低限の人間だけ残し、全員救助に迎え」と日本海軍史上極めて異例な命令。
 救助の停発信は燃料を消耗、戦闘になったとき燃料不足になる、また日本乗員より救助した兵が多く、反抗されたらという危険が伴います。雷乗員220名、救助者その数422名。フォール郷は「一人二人救うこと有っても全員とは」と評しています。
救われたイギリス兵は「Thank you so much, Thank you so much.........」と涙ながらに礼をいいます。
イギリス兵の士官を甲板に集め、工藤艦長は流ちょうな英語で
「you have fought bravely. now you are the guests of the Imperial Japanese Navy」
(諸官は勇敢に戦かわれた、諸官は日本海軍の名誉あるゲストである。)
 彼らイギリス兵は、翌日ボルネオ島の港バンジェルマシンで、日本の管轄下にあるオランダ病院船に捕虜として引き渡されました。
救助された一人であり後に外交官として活躍したフォール卿は、感謝の念を忘れず工藤艦長へ御礼がしたいと2003年日本を訪れました。
残念ながら工藤艦長の消息はつかめずフォールは帰国しました。
実は、その後、工藤艦長は別の船の艦長となり、雷は敵の攻撃で撃沈全員が死亡、そのショックからか工藤艦長は戦友と一切連絡をとらず、病院の手伝いをしながら余生を過ごし、1979年77歳の生涯を終えました。
工藤艦長自らのことは家族にも一切語らず、フォール卿が来日しなければ知られなかったことでした。
f0168873_261749.jpg
 
 400名以上の敵の命を救った工藤艦長は当たり前のことをしただけというだろう、そういう人だったと戦友がのべております。
 その後多くの方の御協力で墓所がわかり、2008年に89歳のフォール卿再来日、お墓参りをしました。
一部のご紹介です。
詳しくは平成21年サム・フォール著「ありがとう武士道」、平成18年恵隆之介著「海の武士道」をご覧下さい。
[PR]
by ChidoMuseum | 2012-10-29 20:44 | あれこれメディア情報 | Comments(0)