致道ブログ

chido1950.exblog.jp
ブログトップ

東京の清雄寺

10月30日東京墨田区吾妻橋の清雄寺副住職で、横浜市の経力寺小山清信住職ご夫妻がご来館されました。
 正確には本門佛立宗関東根本道場大本寺清雄寺、「ほんもんぶつりゅうしゅうかんとうこんぽんどうじょうだいほんじせいおうじ」と読む、東京・スカイツリーの近く、吾妻橋のところにあるお寺です。
f0168873_02902.jpg

 江戸時代初期、寛文2年(1662)に本門法華宗日宗上人によって建立され、出羽国荘内藩酒井家が菩提寺として、徳川四天王酒井忠次の菩提を弔うために下屋敷のあった本所中ノ郷の土地(現在も墨田区役所付近)を寄進して建てられました。(清雄寺の沿革から)
 戦災、関東大震災等でお寺の資料が乏しく歴史を調査にこられたとか、そして小山さまが、東北公益文科大学小松前学長と縁の方とうかがって、「ご縁」に慶び楽しくお話をいたしました。小松先生から致道博物館東京友の会でご講演いただいたことや会合でご一緒になったときのことなど、なつかしい思い出話をさせていただきました。
[PR]
by ChidoMuseum | 2012-11-05 19:51 | あれこれメディア情報 | Comments(0)