致道ブログ

chido1950.exblog.jp
ブログトップ

文化財防火ディー 防火避難訓練

毎年1月26日は,「文化財防火デー」です。
 文化財防火デーの制定は,昭和24年1月26日に,現存する世界最古の木造建造物である法隆寺(奈良県斑鳩町)の金堂が炎上し,壁画が焼損したことに基づいています。
 この事件は国民に強い衝撃を与え,火災など災害による文化財保護の危機を深く憂慮する世論が高まり,翌昭和25年に文化財保護の統括的法律として文化財保護法が制定されました。
 その後,昭和29年11月3日に法隆寺金堂の修理事業が竣工し,文化財保護行政も確立するとともに,文化財保護思想の一層の強化徹底を図るために普及啓発事業が行われるようになりました。その一環として,法隆寺金堂の焼損した日であること,1月と2月が1年のうちで最も火災が発生しやすい時期であることから,昭和30年に,当時の文化財保護委員会(現在の文化庁)と国家消防本部(現在の消防庁)が1月26日を「文化財防火デー」と定め,文化財を火災,震災その他の災害から守るとともに,全国的に文化財防火運動を展開し,国民一般の文化財愛護に関する意識の高揚を図っています。 (文化庁HPより)
f0168873_14314491.jpg

この日朝9時から当館で鶴岡消防暑の指導のもと防火避難訓練を行いました。また松ヶ岡では、致道博物館、松ヶ岡開墾場、松ヶ岡農場、松岡物産、庄内映画村が合同で羽黒分署指導のもと防災訓練を行いました。火災報知器感知非常警報可動、火元確認、火事ぶれ、自営消防隊発動本部設置、消防へ通報、館内放送、避難誘導、救護班、貴重品搬出、本部報告、ポンプ可動放水、初期消火などを迅速な動きで防火避難訓練をおえ、消防暑から講評と指導をいただきました。
f0168873_14325742.jpg

その後水消化器を使って火事ぶれ、消化器(1ピンをぬく、2ノズルを火元にむける、3握って可動)の消火訓練全員で行いました。当館では、年2回防火訓練を行い、あってはならないのですが、万が一の場合に備えてご来館の皆様の安全安心を心がけております。
f0168873_14332483.jpg
 
[PR]
by ChidoMuseum | 2013-01-26 14:36 | 博物館のとっておき | Comments(0)