致道ブログ

chido1950.exblog.jp
ブログトップ

感動誘うコーヒー

鶴岡ファンの松村先生から朝日新聞東京の記事の切り抜きを送って頂いた。
タイトルは「伝説の店 あの一杯を再び」「井の頭 感動を誘うコーヒー」として大きく記事がでていました。
「もか」は東京井の頭公園北口の坂の途中にあった店。
店主 標(しめぎ)交紀(ゆきとし)さんの「感動を誘うコーヒー」といわれた伝説の店。
2007年標さんが亡くなり閉店した。
「もか」の記憶を伝えようと三鷹の中近東文化センターで「もかリバイバルカフェ」(今月末もう一度ある)が開催された。
「もか」で11年修行して鶴岡市でコーヒー店「コフィア」を開く門脇祐希さんが「もか」の白い制服をきて、コーヒーをたてた。・・・・・・・・・・・・・・・・・・
まだまだつづき、詳細に報じられた。
f0168873_0445261.jpg

そして故 標さんの写真、門脇さんが三鷹でコーヒーをいれている写真があった。
松ヶ岡や湯野浜で標さんを招いてコーヒー談義をお聞きしたこと等懐かしく思い起こしました。
鶴岡の「コフィア」もこだわりの店、門脇さんが真剣に気むずかしそうに豆を選びぬいている姿、常連はコーヒーを楽しんでいます。門脇さんも、武蔵野コーヒー店上山さんのいわれた「飲んだときにポンとはじけ、苦いけど甘さがあり、舌に残らないで頭に残る味」をめざしているのでしょうね。
鶴岡駅から歩いて数分、是非お立ち寄り下さい。
[PR]
by ChidoMuseum | 2013-03-28 19:22 | あれこれメディア情報 | Comments(0)