致道ブログ

chido1950.exblog.jp
ブログトップ

水村喜一郎美術館

 長野県東御市本海野に東京都墨田区出身の水村喜一郎さんの美術館が開館したことは先日のブログに載せました。
 6月6日、車で長野にいく機会があり、水村さんに開館時間地理的なことなど前もって聞いて水村美術館に行ってきました。千曲川河畔にあり隣に農村公園があります。始め「農」の字が「水」にみえて?えっ、水村公園。
f0168873_17301778.jpg

また近くに観光名所 海野宿があり大変いい環境です。写真下は海野宿。
f0168873_0322872.jpg

梅野記念絵画館で作品展を開いたころから、同館倉沢さんたちにすすめられて応援をうけて開館したそうです。白い壁面に、ライテングは外光も少しとりいれて、絵画の表情もやわらかな感じがしました。館内には小学生の時から高校時代まで描いた作品と新作ふくめ小品からM120号まで61点が展示されていました。館長には息子さんが専任で就任してがんばっています。下の写真は水村喜一郎画伯と水村館長さん。
f0168873_17291378.jpg

水村さんは主体美術会会員、口と足で描く芸術家協会会員、日本美術家連盟会員。小学2年の時に高圧電線にふれ両腕を失ないました。強い志をもち画家として大活躍しています。
是非おでかけください。開館は10時から午後5時、月曜休館、入館料400円

水村さんからお知らせで8月にご静養中の天皇皇后両陛下がいらっしゃるとうかがいました。すごいですね。
そしてそのときのことが「感動芸術秘話」として週間女性に9月24日号に記事が掲載されました。
最後に美智子皇后さまが澄んだお優しいお声で「また、お会いしましょう」。
 最後のおことばが、すごく印象的でした。
f0168873_0501683.jpg
f0168873_049391.jpg
[PR]
by ChidoMuseum | 2013-09-24 17:36 | あれこれメディア情報 | Comments(0)