致道ブログ

chido1950.exblog.jp
ブログトップ

鶴岡江戸川友好交流演奏会

 7月28日午後2時から第16回鶴岡江戸川友好交流演奏会が開催されました。東京都江戸川区と鶴岡市は戦争末期の学童疎開を縁として交流があり、昭和56年に友好都市の盟約を結んで以来、文化教育などを通じた交流がおこなわれております。この友好交流演奏会は平成6年(1994)に初めて開催以来今回で第16回を数える鶴岡江戸川友好交流演奏会となります。江戸川区から江戸川第9を歌う会小久保晴行会長も駆けつけてくださいました。開場に際して大勢の方々が並ぶ列ができ、鶴岡市文化会館1247席満員、歌い終わった高校生は後ろで立ってきいていました。
 山形交響楽団の演奏にのせてモーツアルトの「アイネ・クライネ・ナハトムジーク」、高田三郎作曲吉野弘作詞「心の四季」とすすみ、その後
 江戸川区第9を歌う会から51名、鶴岡江戸川交流(滝沢元会長)から56名、遊佐混声合唱団、女声アンサンブルロスマリンなども加わって総勢120名、そして田川地区高校合唱専門部(鶴北、鶴中央、羽黒、庄農)100名、あわせて220名がヘンデル作曲「オンブラ・マイ・フ」を大合唱、歌い上げました。その2番の歌詞は指揮者の江上孝則さんが、この鶴岡市文化会館が今年最後の使用、来年初め新文化会館建設のため取り壊されることになることにあたり、文化会館へ感謝の気持ちを日本語で作詞していただきました。ありがとうございました。

受けたまえ  われらの感謝
心こめて奏でる歌声を
暑い日にも 吹雪く日にも
やさしく受け入れたまえ この感謝
楽の音 永久に忘れず
(江上孝則 詩)
f0168873_153520.jpg

そしてドブロゴスの「ミサ」、終わって休憩。
第2部はモーツアルトの戴冠ミサ。
 鶴岡市の中山祥子さん(ソプラノ)、酒田市の川田麻美さん(アルト)、東京芸大大学院生の宮里直樹さん(テノール)、山形市の鈴木集さん(バリトン)の4人のソリストとともに荘厳な曲を高らかに歌い上げました。
 指揮は江上孝則さん、ピアノは太刀川琴絵さん、指導者は百瀬敦子さん(鶴岡)、友野純さん(鶴岡)、浅井隆仁さん(江戸川)山口浩史さん(江戸川)、小久保明美(鶴岡・ピアノ)、佐藤絵美さん(鶴岡・ピアノ)、長沼真美さん(江戸川・ピアノ)、そして山形交響楽団のみなさん。
 これだけの大人数、そして仕事も時間もばらばら、江戸川と鶴岡と離れているなど、一堂に会して練習することはなかったとおもいます。見事な江戸川友好交流演奏会でした。合唱の皆様おつかれさまでした。
f0168873_1582125.jpg

[PR]
by ChidoMuseum | 2013-07-30 16:28 | あれこれメディア情報 | Comments(0)