致道ブログ

chido1950.exblog.jp
ブログトップ

安全祈願祭

 11月16日午前9時30分から重要文化財旧鶴岡警察署庁舎保存修理工事第1期工事の安全祈願祭をおこないました。いよいよ解体修理工事が本格化します。
 事務所であったため、事務所の移動、そして長年の書類、半分収蔵庫みたいな感じであったのでいろいろたくさんの荷物、この工事のため移動しなければならず、どうなることかと思っていましたが、職員のがんばりでクリア、これまでさようなら旧鶴岡警察署とうたって最後には公開をしました。
 この5年間という長期間の修復、また公益財団法人として新法にのとった法人体制としても初めてなので、事務的な詰め調整でも時間を要しました。
 工事内容は、解体修理。本体部は軸部の傾斜と不同沈下が著しいため、一旦すべてを解体し、基礎石の据え直し、腐朽、破損した本部材の補修、取り替えを行った後、元通り組み立て直します。組み立ては原則として修繕前の形式としますが、解体中の調査により古い形式が判明した箇所については関係者と協議を行った上で、文化庁の許可を得て復原整備する可能性があります。第1期工事は、平成25年11月1日から平成26年8月31日まで仮設工事と解体工事を行います。
先日8社が参加して入札会をおこない、株式会社山口工務店さんにお願いすることになりました。
本日の安全祈願祭には、鶴岡市教育委員会さん、(公財)文化財建造物保存技術協会さん、山口工務店さんはじめ工事関係者、当館が参列、荘内神社石原純一宮司のもと、旧警察署内でおこなわれ、工事が安全で順調確実に進捗するよう心から祈念いたしました。
 これから寄付金募集も本格化、ご協力ご鞭撻ご指導のほどよろしくお願い申し上げます。
f0168873_23594331.jpg

[PR]
by ChidoMuseum | 2013-11-16 18:52 | 博物館のとっておき | Comments(0)