致道ブログ

chido1950.exblog.jp
ブログトップ

藩校致道館

 藩校致道館は、致道博物館が指定管理をおこなっていて、平成26年度新年度となり、前年度の事業報告をまとめる時期ともなりました。ひとことノートをおいていて入館者の声や感想を今後の参考に伺っております。
〇鶴岡市 小学生 女子 
前から一度はいってみたいと思っていました。自学自習を大事にしていたことをはじめて知りとても興味深い見学でした。
〇鶴岡市 小学生 女子
致道館を見学しておぎゅうそらい(荻生徂徠)の長所を伸ばし、自学自習や会業を大事にした考えがすばらしいと思いました。
〇愛媛県 男性
致道館を見学して、教育の大切さを改めて感じました。特に教育方針の大切さです。
〇東京都 男性
時間の関係で鶴岡では1ヶ所しか観覧できないことになったが、致道館を選んだのは誤りでなかった。藩校での様子がこれほどまでに詳しく解読されている所は他に例がない。徂徠学が採用されたことも興味深い。鶴岡の人物に流れている気風や根源を垣間見えた気がした。
〇東京都 女性
綺麗な館内に感動しました。このような建物と致道館の教えを長期にわたり残してくださりありがとうございます。冬季は大変だと思いますが、今後も皆様の手で歴史を次世代に残していただきたいと思います。
〇東京都 男性
大変興味深く拝見しました。人材育成のための教育を行っていた庄内藩の歴史が理解できて有意義でした。すばらしい施設です。
〇神奈川県 女性
主人の一言でフラッと立ち寄ってみたのですが、私が一番はまってしまいました。この町の雰囲気、人々に魅力を感じていましたが、その根っこがこれなんだと実感しました。教育システム、教育思想が先に行っていると思いました。今の時代も本当はこれだよなと思います。とてもいい旅の1ページになりました。
〇東京都 男性
藤沢周平の作品を通して庄内地方に魅せられ、一度訪れたいと念願していました。致道館、昔のたたずまいが色濃く残っていて感激です。建物などもよく保存されていました。庄内地方も幕末維新にかけて数々の激動があったことと思いますが、ここには私達日本人の原風景につながるものが沢山あるように思います。ありがとうございました。
〇群馬県 男性
気持ちが落ち着きます。

ご感想の一部をご紹介しましたが、大変ご好評いただいております。是非、旧藩校致道館にお越しください。もちろん致道博物館、松ヶ岡の松ヶ岡開墾記念館、庄内農具館にも、お待ちいたしております。
f0168873_21535515.jpg

致道博物館多層民家渋谷家住宅
f0168873_2282278.jpg

藩校致道館を櫓跡から望む
f0168873_22123199.jpg

松ヶ岡開墾記念館
[PR]
by ChidoMuseum | 2014-04-17 17:57 | 博物館のとっておき | Comments(0)