致道ブログ

chido1950.exblog.jp
ブログトップ

出羽庄内文化遺産フォーラム開かる

 9月14日午前9時30分より東北公益文科大学において出羽庄内文化遺産フォ-ラムが開かれました。庄内の29団体による実行委員会が2012年度から文化庁の助成を受けて、出羽庄内の文化遺産の価値を掘り起こし再認識し地域の豊かさの醸成と活性化をはかる目的で開かれて今年は最終年の3年目を迎えました。上野由部さんから民俗芸能の解説を受け、酒田市の新山延年、鶴岡市の山戸能、庄内の伝統芸能と現代舞踏と音楽の融合として黒川能下座太夫上野由部さんと現代舞踏家森繁哉さんと音楽家岡野弘幹さんが創作の上演、午後からは国際日本文化研究センター名誉教授山折哲雄さん、歌人馬場あき子さん、学習院大学教授赤坂憲雄さんが基調講演、鼎談がおこなわれました。山折さんは、現代の伝統文化に「擬(もどき)」の精神が欠け、本来の意味は模倣、学習することに加え、学習したことに批評を加えることと、擬きの精神の復興を問いかけました。その後、酒田市の黒森歌舞伎、鶴岡市の黒川能(上座)が上演されました。
それぞれ指定を受けている伝統芸能行事だけに個性的ですばらしい公演で観衆を魅了しました。翌日はそれぞれのコースにわかれ、ツアーが予定されています。
f0168873_10295279.jpg

新山延年
f0168873_10304765.jpg

山戸能
f0168873_10311578.jpg

音楽と伝統芸能の融合
f0168873_10315473.jpg

黒森歌舞伎
f0168873_10321917.jpg

黒川能 
[PR]
by ChidoMuseum | 2014-09-14 18:35 | あれこれメディア情報 | Comments(0)