致道ブログ

chido1950.exblog.jp
ブログトップ

出羽三山神社東照社の400年祭

f0168873_00480711.jpg
徳川家康400年祭が各地で開催されております。ここ出羽三山神社の東照社では400年祭、例祭が5月17日催行されました。今年の400年祭にあたり、東照社がご開扉されてご神像特別参拝されております。

期  間  4月29日(水) ~ 10月31日(土)
     ● 受付時間  午前8時30分 ~ 午後5時
     ● 拝観料   200円
百聞は一見にしかず、機会をつくってご参拝いただけたらと思います。下記のような歴史があります。
「寛永18年(1641)、第50代別当天宥は徳川幕府の宗教顧問である東叡山の天海僧正の弟子となり、羽黒山一山を天台宗に改宗する条件の一つに、東照権現の羽黒山勧請の周旋を申し出た。天海僧正は鶴岡城主酒井忠勝に働きかけ、正保2年(1645)藩主は社殿を寄進した。爾来、歴史の藩主の崇敬庇護のもと維持されてきた。明治時代に東照宮は東照社と改められ、現在の社殿(3間5間)は昭和55年(1980)に解体復元したものである。天宥別当の勧請のねらいは、東照権現を山中に祀ることによって山威を高め、この頃緊張の度を加えつつあった庄内藩との関係を円滑なものにすることにあった。」
 前にご案内いたしました、「大関ヶ原展」江戸東京博物館会場は終了し、6月2日から7月26日まで京都、京都文化博物館で開催します。酒井家初代酒井忠次、2代家次の甲冑が当館から出展されています。そのリーフレットには、徳川秀忠を支えた酒井家次の具足として紹介されています。朱塗色々威2枚胴具足、いろいろな色で威している おしゃれ?な胴具足です。京都にお出かけの節にはご覧いただければ幸いです。
f0168873_00445369.jpg
f0168873_00451717.jpg


[PR]
by ChidoMuseum | 2015-05-18 17:55 | あれこれメディア情報 | Comments(0)