致道ブログ

chido1950.exblog.jp
ブログトップ

BE-PAL誌「自然派が暮らしたい町100」の東北地方1位に鶴岡市

BE-PAL誌6月号「自然派が暮らしたい町100」の東北地方1位に鶴岡市がえらばれました。嬉しいことです!
 同誌によると、
 東京に暮らす20~40代のなんと50%以上が「地方に移住してもよい」と思っているという驚愕のデータもでた昨今、日本は民族大移住時代に突入か?ここは地方取材30余年、われらビーパルの出番だ!失敗は許されない!人生の意味と家族の未来を考える、本誌初の移住大特集!空き家、水質、土壌、日照時間、文化、人、エネルギー徹底調査!
以上の趣旨でおこなわれた特集でした。
 皆様 是非鶴岡、庄内へお越しください。
f0168873_02534230.jpg
東北地方
1位 鶴岡市(山形県)
2位 八戸市(青森県)
3位 紫波町(岩手県)
4位 一戸町(岩手県)
5位 遊佐町(山形県)

1位 鶴岡市 
都市文化と豊かな自然の両方が充実
人口 132,313人 平均気温 12.5度c 町の植物 サクラ
致道館、風間家旧宅、鶴岡カトリック教会天主堂など歴史的建造物多数。「蝉しぐれ」「おくりびと」のロケ地。庄内平野の中心都市であると同時に、市域に出羽三山を含み、海水浴場6つ。
f0168873_02550127.jpg
5位 遊佐町
鳥海山の湧き水に恵まれた水の郷
人口 14,800人 平均気温 12.7度c 町の植物 クロマツ
鳥海山の西南麓にあり、「水の郷百選」に選ばれるほど湧水が豊富。「四季がはっきりしていて、景色がきれいです」と先輩移住者。
f0168873_02570336.jpg

[PR]
by ChidoMuseum | 2015-05-22 17:19 | あれこれメディア情報 | Comments(0)