致道ブログ

chido1950.exblog.jp
ブログトップ

ギャラリートーク・・・駒澤大学禅文化歴史博物館学芸員塚田博先生

f0168873_15540505.jpg
 6月18日午後2時から展覧会場で駒澤大学禅文化歴史博物館学芸員塚田博氏によるギャラリートーク駒澤大学所蔵コレクション「禅~開かれた禅の世界~」列品解説をおこないました。
はじめに駒澤大学と曹洞宗についてから始まり、続いて禅宗の歴史について、釈尊が紀元前5世紀ころインドで仏教を開き、その釈尊から28代目にあたる菩堤達磨が禅宗の始祖、日本への禅宗の到来、中世における禅宗の展開、近世・黄暴禅の招来、曹洞宗の復古運動、宗学の興隆など禅の歴史をふりかえりました。そしてさまざまな禅画について下記の通りお話いただきました。
画面の構成・・・・賛と画
作者の判定・・・・署名、印章(関防印・落款印)
釈尊の生涯・・・・誕生仏画、涅槃図
禅の始祖達磨・・・一筆達磨図、芦葉達磨図
中国の祖師の故事・・六祖確房図、徳山宣艦図、香巌撃竹図、懶瓉煨芋図、寒山拾得図、布袋   図
観音菩薩と海上航海・・観音図
仏教と諸信仰の融合・・鍾馗図、福禄寿図、小槌図
平易に伝える・・・・・仮名法語(福禄寿図、棒図、小槌図)絵解き(高祖道元禅師行跡図)
近世禅画の巨匠たち・・
臨済宗:白穏慧鶴(1685~1768)・仙厓義梵(1750~1837)
曹洞宗:両風外→風外慧薫(1568~1654、穴風外)・風外本髙(1799~1847、蛸風外)、寂室堅光(1753~1830)、
    瑞岡珍牛(1779~1822)、巨海東流(1779~1853)、仏乗慈僊(1798~1870)
六十余名の熱心な聴講で時間はあっという間に過ぎてしまいました。



[PR]
by ChidoMuseum | 2016-06-18 18:54 | 博物館のとっておき | Comments(0)