致道ブログ

chido1950.exblog.jp
ブログトップ

生田宏司銅板画メゾチンド展、オープニングギャラリートーク

国際的に活躍するメゾチンド技法による銅版作家生田宏司さんの作品展「生田宏司銅版画メゾチンド展が12日から7月31日まで開催します。初日の12日午後2時からは生田さんのギャラリートークが行われました。
f0168873_0293836.jpg

 代表的なモチーフのフクロウやネコ、とり、花鳥風月など約50点の作品を展示、訪れた人たちは生田ワールドを堪能、ギャラリートークには約40名が参加、メゾチンドの技法について、道具や銅版を使ってわかりやすく解説いただいた。
 
f0168873_030432.jpg

生田さんは、鶴岡出身、千葉県立佐倉高校、多摩美術大学絵画科日本画専攻科卒、致道博物館での開催は12年ぶり2回目となります。
 12年前は、空調がはいっておらず、展示作業も暑かった、今はスポットもledのスポットライト、空調もきいていて快適な環境でゆっくり鑑賞できますねと、12年の歳月に感慨深げ。
平成28年7月13日附山形新聞
f0168873_23373743.jpg


f0168873_23372476.jpg
 
平成28年7月14日附荘内日報
[PR]
by ChidoMuseum | 2016-07-13 18:27 | 展覧会 | Comments(0)