致道ブログ

chido1950.exblog.jp
ブログトップ

雛菓子を展示しております。

3月1日から4月3日まで鶴岡雛物語で雛菓子を展示いたしております。
10店舗、それぞれのお店で趣向を凝らしての雛菓子
果物あり、魚そして切り身あり、焦げ具合から、ミカンをちょっとむいたところなど、芸術的です。
下記にご紹介します。
現物を是非ご覧いただきたいと思います。
f0168873_17104283.jpg
f0168873_17474808.jpg

f0168873_17105878.jpg
f0168873_17122620.jpg
f0168873_17125819.jpg
f0168873_17133119.jpg
f0168873_17135301.jpg
f0168873_17142668.jpg
f0168873_17144713.jpg
f0168873_17151943.jpg
 梅津菓子舗、菓子の梅安、遠州屋、久栄堂菓子舗、木村屋、住吉屋菓子舗、セレン・ドウ・つるや、港屋、藤田菓子舗、福田屋の10店舗からご協力いただき、展示いたしております。

[PR]
by ChidoMuseum | 2017-03-02 17:29 | 博物館のとっておき | Comments(1)
Commented by のぶっち at 2017-03-11 09:13 x
お雛菓子、子供のころを思い出します。芸術的で可愛らしくて、しかも美味。東京では見かけません。
そういえば、東京大手町の星のや東京は、酒井家の上屋敷があった場所でしたね。ホテルの紹介でカタバミの紋を見つけましたよ。
近くに致道博物館東京友の会の皆さんが建てた「庄内藩酒井家神田橋上屋敷跡」の碑もあるんですよね。
写真撮りに行った記憶があります。