致道ブログ

chido1950.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:展覧会( 138 )

第8回「砂の会」作品展

11月1日(土)から11月4日(火) まで第8回 「砂の会」作品展がおこなわれました。
月山の白砂の創作に夢を託して試行錯誤・切磋琢磨して創作してまいりました。月山から採取した2種の砂から生み出される加藤景一氏を始めとする会員のみなさまの砂絵をお楽しみいただきました。
f0168873_10241498.jpg

[PR]
by ChidoMuseum | 2014-11-04 16:33 | 展覧会 | Comments(0)

第11回庄内姉様人形教室受講生作品展開催

 10月25日(土)から10月27日(月)まで、第11回庄内姉様人形教室受講生作品展が当館展覧会場ロビーにおいて開催されました。
 江戸時代末期、庄内藩士の嫁たちが女の児の着せかえあそび、お雛ごとの人形として作ったのがはじまりとされる姉様人形。当館では、昭和50年頃よりこの伝統的な庄内姉様人形の作り方を学び、継承する教室を開いています。みなさまから、受講生が創り出す豊かな表情の姉様人形をお楽しみいただきました。
f0168873_14463548.jpg

[PR]
by ChidoMuseum | 2014-10-25 14:42 | 展覧会 | Comments(0)

菱田春草展 東京国立近代美術館で開催

9月23日から11月3日まで東京国立近代美術館(東京都千代田区北の丸公園3-1)において「菱田春草展」が開催されます。当館保管善寶寺所蔵 重要文化財「王照君」1902年が展示されます。
春草の革新的な色彩表現について考察し、さらに落款等を手がかりに各作品製作時期を再検討し、最新の研究成果から春草の創造性豊かな画業に迫ることも大きな特徴を持つ展覧会です。(下記写真、アートマインド誌より)
f0168873_10213676.jpg

[PR]
by ChidoMuseum | 2014-09-16 10:26 | 展覧会 | Comments(0)

平成26年新作名刀展ー現代の刀工と刀職

 8月1日より8月20日まで、平成26年現代の刀工と刀職 新作名刀展を開催いたします。公益財団法人日本美術刀剣保存協会が主要事業の一つとして行うもので通算で60回目となります。まさに21世紀の名匠・名工を輩出し、若手にとっては登竜門としての展覧会となっています。東京・刀剣博物館、山形県致道博物館、埼玉県川越市立博物館の3館で巡回展示をおこなっています。
f0168873_105547.jpg

日本刀という世界に希有な鉄の文化財を守り、その制作技術を保存・伝承するため「たたら吹き」を行っています。本展出品作はこのたたら吹きで生産された玉鋼を原料として制作されたものです。「研磨・外装技術発表会」や作刀・研磨・外装各部門に技術者育成の研修会があり、研鑽に励み、技術錬磨の日々を送っています。
 今回新作名刀展には無鑑査を含めて60点の出品がありました。厳正な審査の結果、特賞(正宗賞は4年ぶり)1点、優秀賞6点、努力賞20点、入選20点を選定いたしました。いずれも力作揃い、日本の伝統技術の粋である日本刀の傑出した「くろがねの美」を心ゆくまでご堪能ください。
f0168873_10731.jpg

[PR]
by ChidoMuseum | 2014-07-31 18:36 | 展覧会 | Comments(0)

白土会展開催中

新庄最上地方を中心に北村山地方も含めた洋画・版画・彫塑を主とする美術団体の「第99回白土会展」が19日から7月29日まで開催中です。
f0168873_094729.jpg
安孫子 昭「アルフォンソ8世の城」
昭和35年我孫子昭を会長に青柳弘俊、安喰宣善、半田豊5名で結成、第1回展を新庄市松屋画廊で、近岡善次郎、真下慶治、志田繁治画伯の賛助出品をえて開催、その後新庄、山形、酒田、鶴岡、最上の町村で巡回展を開催するなど今回で99回を迎え、地域の美術振興と文化の向上に力をつくしてこられました。
f0168873_0101415.jpg
上村隆士「アンサンブル」(背景はもしかして当館の旧鶴岡警察署庁舎と民俗文化財収蔵庫のイメージ?)
昭和46年斎藤茂吉文化賞、平成2年新庄市文化団体会議功労賞、平成8年新庄市あじさい表彰奨励賞、平成8年山形県民芸術祭優秀賞、平成11年地方文化功労文部大臣表彰、平成18年山形県民芸術祭優秀賞、平成23年山形県民芸術祭優秀賞など数々受賞されました。
f0168873_0103770.jpg
飯澤正「飯豊連峰」

会員は現在23名、今回は、我孫子昭、青柳弘俊、安喰宣善、飯澤正、伊藤幸子、奥山三郎、加藤良哉、上村隆士、今田實、斎藤利雄、佐藤正弥、庄司健二、早坂宗太郞、半田豊、樋口勝也、星川学、森俊悦、安井敏也出品の21点。
f0168873_0105995.jpg
安喰宣善「形象・北の早春」
平成22年は結成50周年を記念して鶴岡市、山形市、新庄市で記念展を開催しました。会名は、「白」は純粋と理想、「土」は、大地に根をおろして・・という意味を託しています。
 伝統ある白土会展、会期は迫ってきましたが、是非お見逃しなく、御清鑑ください。
f0168873_0113220.jpg
斉藤利雄「ボニファシオ」
[PR]
by ChidoMuseum | 2014-07-24 18:50 | 展覧会 | Comments(0)

国際版画展へようこそ

 京丹後市の「NPO法人こころの森」の美術館ツアーと題する版画展を6月7日まで開催しています。
 庄内・三川町と縁の深い版画家・幻 一(まぼろしはじめ)氏を中心として、国際版画展として、国内はじめアメリカ・エルサルバドル、中国、台湾から25名の国内外在住の版画家からご出品いただいた60点余を展示します。
幻氏は、老若男女、人種、宗教や国を越え、いろいろな人がこころの森美術館を中心に、共に出会い、語り合い働き憩い癒やされ楽しみ喜び笑顔で生き生きと出来るこころの遊びの場ご縁を結ぶ場を提供したいと述べておられます。笑顔でひろがるような温もりある空間、芸術をお楽しみいただければ幸いです。
f0168873_23195772.jpg

なおワークショップとして5月31日、6月7日の土曜日1時から2時30分くらいまで、新「顔とこころ-笑顔を墨と筆で描く」を開催します。お楽しみいただきながらおすごしいただけますので、ふるってご参加ください。
f0168873_231044.jpg

幻 一氏:こころの森美術館主催者・京丹後市在住
f0168873_23105174.jpg

皆川滋水氏:鶴岡縁りの東京都在住版画家
f0168873_23122946.jpg

嘉住直実氏:京都市出身、アメリカ在住、シアトル大学教授
f0168873_23221654.jpg

[PR]
by ChidoMuseum | 2014-05-21 17:48 | 展覧会 | Comments(0)

抽象画への招待~色と色彩

 新ホームページ移行の準備をすすめており、今回の展覧会についてはブログでもお知らせします。
鶴岡市出身の洋画家尾形美和さんのご紹介で同じ三軌会所属で師である坂梨心澄(京都市出身 1904~1997)、同会吉田嵩さんのお二人の色と形で表現された抽象画作品と尾形さんの心象画作品を展覧いたします。
f0168873_1724950.jpg

会場のバックミュージックが流れるなか、心にのこるあざやかな色と形と心象の絵のご鑑賞をお楽しみください。
f0168873_1732515.jpg

[PR]
by ChidoMuseum | 2014-05-06 17:03 | 展覧会 | Comments(0)

寒蘭展を開催

 11月19日より寒蘭展が展覧会場ロビーで開催いたしております。ほのかな香りとともに気品ある可憐な蘭花がみなさまをお迎えします。とはいうものの今年は天候不順その影響から開花がおくれております。ということで会期をもう1週間延長することになりました。東陽蘭でイメージされる花ことばは、「静か」「気品」「芳香」
「緊張感」「侘び・寂び」「小宇宙へのいざない」です。どんなイメージをされるでしょうか、お楽しみください。
f0168873_16155470.jpg

蘭は大きく分けて西洋蘭(洋蘭)と東洋蘭があります。これは植物学上の分類でなく、園芸趣味の世界で使われる呼び名です。
東洋蘭:広い意味では中国、台湾、日本、朝鮮の東アジア原産のラン(中国春蘭や恵蘭、寒蘭、日本春蘭、長生蘭、富貴蘭など)を東洋蘭と呼んでいます。
洋蘭:欧米経由で我が国にもたらせられたランの園芸上の通称。
f0168873_16164384.jpg

[PR]
by ChidoMuseum | 2012-11-25 16:22 | 展覧会 | Comments(0)

斉藤清版画展によせてーギャラリートーク

9月9日午後2時から福島県立美術館伊藤匡学芸課長さんから版画家斉藤清についてギャラリートークを会場で開催しました。
f0168873_10375833.jpg

木目をいかした独特の造形感覚を発揮した版画で、第1回サンパウロ・ビエン・ナーレで受賞するなど数々の国際展に出品、国内外で高い評価を受けています。簡潔丹精な構図の中にモダンさが表現されて多くの人々を魅了しております。
f0168873_10384837.jpg

福島県会津坂下町に生まれた斉藤清が画家を志し上京、やがて版画の制作することになるいろいろのエピソードやまた特徴、製法など作品の前で伊藤先生よりお話しいただきました。参加されたみなさまは改めて斉藤清の魅力を強く感じられたことと思います。出品いただきました福島県立美術館、ご遺族に厚くお礼申しあげます。
[PR]
by ChidoMuseum | 2012-09-11 10:40 | 展覧会 | Comments(0)

第7回東洋蘭展開催

3月20日より第7回東洋蘭展を開催中です。
f0168873_027053.jpg

展示室のなかは、蘭のほのかな匂いでいっぱい。
葉と花とにおいを楽しむ蘭展
f0168873_0274368.jpg

日本春蘭、中国春蘭の清楚な花をお楽しみください。
f0168873_0283155.jpg

[PR]
by ChidoMuseum | 2012-03-20 21:14 | 展覧会 | Comments(0)