致道ブログ

chido1950.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:あれこれメディア情報( 177 )

桜百選、続百名城に選ばれた鶴岡城址公園の桜 満開 

本日は、暖かく桜百選、続百名城に選ばれた鶴岡城址公園の桜は満開。
花に誘われ、公園周辺は大勢の花見客で賑わいました。
f0168873_23253563.jpg






















桜百選:
[ 鶴岡市の中心部にあり、かつて庄内藩・酒井家歴代藩主の居城として栄えた鶴ヶ岡城跡に広がる城址公園。
お堀や石垣、樹齢数百年の老杉が残り、四季を通して美しい花々が咲く。
園内には約730本の桜があり、「さくら名所100選」にも選ばれるほどだ。
また、藤沢周平の小説「花のあと」の舞台として描かれ、平成22年公開の映画のロケ地にもなった。
スクリーンには公園の美しい桜の景色が映し出されている。]
f0168873_23254931.jpg






















そして鶴岡城址公園は続100名城にえらばればかりです。


日本百名城
No日本百名城 No.続日本百名城 
1根室半島チヤシ跡群根室市101志苔館函館市
2五稜郭函館市102上ノ国勝山館上ノ国町
3松前城松前町103浪岡城青森市
4弘前城弘前市104九戸城二戸市
5根城八戸市105白石城白石市
6盛岡城盛岡市106脇本城男鹿市
7多賀城多賀城市107秋田城秋田市
8仙台城仙台市108鶴ヶ岡城鶴岡市
9久保田城秋田市109米沢城米沢市
10山形城山形市110三春城三春町
11二本松城二本松市111向羽黒山城会津美里町
12若松城会津若松市112笠間城笠間市
13白河小峰城白河市113土浦城土浦市
14水戸城水戸市114唐沢山城佐野市
15足利氏館足利市115名胡桃城みなかみ町
16箕輪城高崎市116沼田城沼田市
17金山城太田市117岩櫃城東吾妻町
18鉢形城寄居町118忍城行田市
19川越城川越市119杉山城嵐山町
20佐倉城佐倉市120菅谷館嵐山町
21江戸城千代田区121本佐倉城酒々井町
22八王子城八王子市122大多喜城大多喜町
23小田原城小田原市123滝山城八王子市
24武田氏館甲府市124品川台場港区
25甲府城甲府市125小机城横浜市
26松代城長野市126石垣山城小田原市
27上田城上田市127新府城韮崎市
28小諸城小諸市128要吉山城甲府市
29松本城松本市129龍岡城佐久市
30高遠城伊那市130高鳥城諏訪市
31新発田城新発田市131村上城村上市
32春日山城上越市132高田城上越市
33高岡城高岡市133鮫ヶ尾城妙高市
34七尾城七尾市134富山城富山市
35金沢城金沢市135増山城砺波市
36丸岡城坂井市136鳥越城白山市
37一乗谷城福井市137福井城福井市
38岩村城恵邦市138越前大野城大野市
39岐阜城岐阜市139佐柿国吉城美浜町
40山中城三島市140玄蕃尾城敦賀市
41駿府城静岡市141郡上八幡城郡上市
42掛川城掛川市142苗木城中津川市
43犬山城犬山市143美濃金山城可児市
44名古屋城名古屋市144大垣城大垣市
45岡崎城岡崎市145興国寺城沼津市
46長篠城新城市146諏訪原城島田市
47伊賀上野城伊賀市147高天神城掛川市
48松坂城松坂市148浜松城浜松市
49小谷城長浜市149小牧山城小牧市
50彦根城彦根市150古宮城新城市
51安土城近江八幡市151吉田城豊橋市
52観音寺城近江八幡市152津城津市
53二条城京都市153北畠氏館津市
54大阪城大阪市154田丸城玉城町
55千早城千早赤坂村155赤木城熊野市
56竹田城朝来市156鎌刃城米原市
57篠山城篠山市157八幡山城近江八幡市
58明石城明石市158福知山城福知山市
59姫路城姫路市159芥川山城高槻市
60赤穂城赤穂市160飯盛城大東市
61高取城高鳥町161岸和田城岸和田市
62和歌山城和歌山市162出石城・有子山城豊岡市
63鳥取城鳥取市163黒井城丹波市
64松江城松江市164洲本城洲本市
65月山富田城安來市165大和郡山城大和郡山市
66津和野城津和野町166宇陀松山城宇陀市
67津山城津山市167新宮城新宮市
68備中松山城高梁市168若桜鬼ヶ城若桜町
69鬼ノ城総社市169米子城米子市
70岡山城岡山市170浜田城浜田市
71福山城福山市171備中高松城岡山市
72吉田郡山城安芸高田市172三原城三原市
73広島城広島市173新高山城三原市
74岩国城岩国市174大内氏館・高嶺城山口市
75萩城萩市175勝瑞城藍住町
76徳島城徳島市176一宮城徳島市
77高松城高松市177引田城東かがわ市
78丸亀城丸亀市178能島城今治市
79今治城今治市179河後森城松野町
80湯築城松山市180岡豊城南国市
81松山城松山市181小倉城北九州市
82大洲城大洲市182水城大野城市
83宇和島城宇和島市183久留米城久留米市
84高知城高知市184基城基山町
85福岡城福岡市185唐津城唐津市
86大野城大野城市186金田城対馬市
87名護屋城唐津市187福江城五島市
88吉野ヶ里遺跡吉野ヶ里町188原城南島原市
89佐賀城佐賀市189鞠智城山賀市
90平戸城平戸市190八代城八代市
91島原城島原市191中津城中津市
92熊本城熊本市192角牟礼城玖珠町
93人吉城人吉市193臼杵城臼杵市
94大分府内城大分市194佐伯城佐伯市
95岡城竹田市195延岡城延岡市
96飫肥城日南市196佐土原城宮崎市
97鹿児島城鹿児島市197志布志城志布志市
98今帰仁城今帰仁町198知覧城南九州市
99中城城中城町199座喜味城読谷村
100首里城那覇市200勝連城うるま市



[PR]
by ChidoMuseum | 2017-04-16 18:31 | あれこれメディア情報 | Comments(0)

研修 岩出山へ 感覚ミュージアム  中鉢美術館  有備館へ

2月15日朝8時30分出発で、宮城県大崎市岩出山へ。雪国の雪の中を走って県境の山をこえると雪はないこの違い。1591年伊達政宗が豊臣秀吉の奥羽仕置きにより岩出山に本拠を移し、12年間治府をおいたが、1602年に政宗が仙台城に移ってからは政宗の4男・宗泰が岩出山城主となり、明治維新まで宗泰を初代とする岩出山伊達氏が居住する要害となった。
岩出山に到着したらまず腹ごしらえ、割烹日冨見屋、おちついた和室で、この価格で豪華な?和食を堪能。
f0168873_01102680.jpg
f0168873_01044573.jpg
始めに、感覚ミュージアムへ、視覚、聴覚、臭覚、味覚、触覚といった5感をテーマとするミュージアム、さまざまな体験を通して楽しみながらイマジネーションを高めることが出来る、不思議な体験して楽しめるミュージアム、これからは体感でき楽しめるものが必要と感じました。
次に中鉢美術館、刀剣女子でにぎわっている刀剣の美術館です。日本刀の源流が東北にもあった、鉄文化と豊富な資源、奥州平泉の平和を重んじた浄土思想のうえに日本の精神文化の象徴日本刀が完成されたと、中鉢館長さんから熱くご解説いただきました。ありがとうございました。
最後に国指定史跡・名勝の旧有備館および庭園、1715年茶道頭清水道竿により庭園が完成、1720年頃から講義などが行われ、1850年郷学有備館開設された。昭和8年国の史跡名勝に指定された。平成23年東日本大震災で被災、5年かけて原材料70%を用い修復工事して昨年平成28年竣工し、公開をはじめました。貴重な歴史的館贓物が修復されたことは大変うれしいことです。有意義な研修でした。
f0168873_00383468.jpg
[PR]
by ChidoMuseum | 2017-02-16 18:32 | あれこれメディア情報 | Comments(0)

先賢を偲ぶ会:西郷・菅を偲ぶ

 2月12日午後2時から先賢を偲ぶ会を御隠殿において開催しました。例年、菅實秀の命日2月17日に近い日に開催しています。
今回は山田陽介講師による「西郷南洲先生の漢詩について講演いただきました。
詩は志なり、南洲先生の漢詩には先生の思いが率直にでています。 
また、漢詩 感懐「幾たびか辛酸を歴て 志始めて堅し 丈夫玉砕 甎全を愧ず 我が家の遺事 人知るや否や  児孫のために美田を買わず」など15首の漢詩を背景を解説いただきながら味わいました。
 また庄内でつくられた南洲翁異訓は、庄内藩士70名が鹿児島に行き、教えをこうたときを中心に、南洲先生の教え思いをまとめたものです。
その遺訓には「南洲先生は、リーダーたる者、己を慎み、品行を正しくし、驕奢を戒め、節倹を勉め、職事に勤労して、みんなの標準となり・・・・ならでは政令は行われ難し。それなのに、草創の始に立ちながら、家屋を飾り、衣服をかざり、美妾を抱え、蓄財を謀る、そんなことでは維新の功業はとげられない。今となっては、戊辰の義戦も 偏に「わたくし」を営みたる姿になっていることは、天下に対し戦死者にたいして面目がない、といわれて、しきりに涙をもよおされる。」「南洲翁遺訓」より。
 明治から150年、明治の人気ある人物は西郷どん、ということで、林真理子さん原作の小説「西郷どん」が来年のNHK大河ドラマ「西郷どん」となります。庄内も関わりが深いので庄内関係がでるのでないかと期待されています。


[PR]
by ChidoMuseum | 2017-02-12 18:54 | あれこれメディア情報 | Comments(0)

防火訓練おこなう

 1月24日朝9時から防火避難訓練をおこないました。
文化財防火デイとして全国的に毎年おこなっているのです。
大きな声で 火災の通知、避難誘導と消火と短時間ですが走り回って緊張の時間です。
そして消防署から講評訓示をうけ防火にたいする意識がたかまりました。
f0168873_11074047.jpg

[PR]
by ChidoMuseum | 2017-01-24 12:55 | あれこれメディア情報 | Comments(0)

2016ゆるきゃらグランプリ こんのすけ 企業2位 総合7位

さむらいの美展でコラボした刀剣乱舞、初日にユルキャラ「こんのすけ」が駆けつけ、大いに盛り上がりました。
オープニングで市長さんのもてもての「こんのすけ」にもう一度期間中にきてもらいたいとの挨拶に応えて最後にもう1回これるかも?でしたが、多忙でこれなくて残念。
ユルキャラに2位にランクされました。
ゆるきゃらグランプリ
エントリー開始:2016年5月9日(月)10時
エントリー締切:2016年7月15日(金)18時
投票開始:2016年7月22日(金)10時
投票終了:2016年10月24日(月)18時
2016年11月5日(土)、6日(日)
ゆるキャラ®グランプリ2016 in 愛顔(えがお)のえひめにて
決戦投票およびゆるキャラ®グランプリ2016表彰式
総合7位企業・その他2位 / 1066947pt
f0168873_1828168.jpg

コラボ会場において
f0168873_2522314.jpg

コラボ会場において信濃くんと記念?撮影
f0168873_2525951.jpg

オープニング榎本市長ご挨拶、その中で人気のこんのすけについて話され期間中に再度鶴岡に来てと要請をうけ神妙なこんのすけ
f0168873_2533097.jpg

名勝酒井氏庭園において、池に落ちないかとハラハラしました。
f0168873_254567.jpg

荘内神社において宮司さんと社長さんと緊張?のこんのすけ記念撮影
f0168873_2543692.jpg

荘内神社社務所付近において
[PR]
by ChidoMuseum | 2016-11-08 17:30 | あれこれメディア情報 | Comments(0)

藩校致道館から絶好ビューポイントー建築中の妹島和世氏設計による鶴岡市文化会館

 当館で指定管理をしている藩校致道館に、出羽三山をイメージした妹島和代氏設計による建築中の鶴岡市文化会館の絶好のビューポイントがあります
f0168873_17545724.jpg


妹島和世(せじまかずよ)さんは茨城県出身、慶応義塾大学特別招聘教授、日本女子大学客員教授、多摩美術大学客員教授、ウィーン応用芸術大学教授、ミラノ工科大学教授。金沢の21 世紀美術館,そして墨田区(平成9年7月14日旧朝日村友好協力協定から始まり、鶴岡市の友好交流都市)にまもなく開館する葛飾北斎美術館などの設計で知られています。
プリッカー賞、日本建築学会賞、吉岡賞等他多数受賞されている世界的な建築家です。

平成29年鶴岡市文化会館はオープン予定です。
藩校致道館は入館無料、藩校をご見学、そして遠目からですが現代建築の粋、工事状況もご覧いただけます。

f0168873_17551820.jpg

[PR]
by ChidoMuseum | 2016-10-16 17:13 | あれこれメディア情報 | Comments(0)

禅  

 駒澤大学所蔵コレクションの「禅」ZEN~描かれた禅の世界~は、今日で最終日、はやいものです。
 駒澤大学名誉教授桜井秀雄さんの平成11年2月10日付の朝日新聞に寄稿記事「求める前にまず手放す」を発見。桜井さんは1916年生まれ、鶴岡市木野俣出身、駒澤大学教授を経て駒澤大学総長をつとめられました。
その後曹洞宗教化研修所所長、永平寺顧問、仏教学術振興会理事長を歴任して、岩手県江刺市の吉祥寺住職。著書に「曹洞宗回向文講義」「修証義を読む」、編著に「禅学大辞典」など。
[PR]
by ChidoMuseum | 2016-07-10 14:54 | あれこれメディア情報 | Comments(0)

善宝寺  登録文化財認証報告祭

庄内には魅力あるところがたくさんあります。そのひとうに善宝寺があります。
f0168873_1563642.jpg

明治16年に第33世月円禅山(げつえんぜんざん)大和尚の代に漁業関係者の発願により「魚鱗一切の供養」として建立された五重塔はじめとし登録文化財として指定建物を有する善宝寺は下記の通り今年いろいろ行事が行われます。。
善寶寺開基龍華妙達上人生誕1150年祭ならびに登録文化財認証報告祭
平成28年7月18日より10月28日まで生誕祭、龍王殿ご尊躰ご開帳
平成28年10月23日開山太年浄椿禅師報告祭
平成28年10月24日開基妙達上人生誕1150年祭
平成28年10月25日登録有形文化財認証報告祭
生誕祭事業として慈照殿においての寺宝の展示と禅庭公開
f0168873_222433.jpg

[PR]
by ChidoMuseum | 2016-07-04 18:49 | あれこれメディア情報 | Comments(0)

便利なサイト

webで調べたり楽しんだり,無料で興味深いサイトをあげてみました。

◎森永エンゼルカレッジ岡野弘彦源氏物語全講会
本居宣長・三矢重松(鶴岡市出身)・折口信夫と引き継がれた国学研究の流れを汲む岡野弘彦先生の『源氏物語』の講義録。日本をよりよく知ることができます。

わがおもふ田川おとめにかざさせて見まくしぞ思ふ堅香子の花

上記は三矢重松が大正9年の春、40年ぶりに湯田川の地を訪れ、しばらく滞在静養した折の連作中の一首である。毅然たる明治の碩学の心の中に咲いたロマンの花をかい間見るような感じがする。昭和48年7月鶴岡南高創立85周年記念講演会の講師として、慶応大学教授・池田弥三郎氏が来鶴した際、「私の恩師は折口信夫先生であり、折口先生の恩師は三矢重松先生なのだから、私は三矢先生の孫弟子といっても過言でない」と話されたことが思い出される。(荘内日報誌より)
あわせて日本の古典、西洋の古典についてもまた松田義幸(鶴岡市出身)尚美学園大学学長・森永エンゼル財団理事の講話のページにもおすすみいただけます。



◎中西正和歴史年表
鶴岡市出身、昭和18年5月16日生。コンピューター科学の研究者、日本で初のLispを実現、日本初のパソコン用人工知能言語システムApple-Lispを発表した慶応大学教授。
歴史データベースのデータ編集者であり入力者でもある慶應義塾大学理工学部教授中西正和先生は,2000年11月4日午前3時40分,都内の病院において逝去されました(享年57歳)。


◎酒田市立図書館「両羽博物図譜の世界」松森胤保
松森胤保は長坂市右衛門の長子として鶴岡市に生まれ、藩校致道館に学び、宝蔵院流槍術、大坪流馬術に長じ、支藩松山藩(現酒田市)の付家老を命じられ、信任を得て幕末の混乱期をよく処理した。戊辰戦争で活躍、諸藩の交渉など功により松山藩主より松山を守ったという意味で松守の姓を賜ったが、辞して松森と称したといわれる。趣味として謡曲、鼓、書画、茶道をたしなみ、科学者としても動植物から物理、化学、工学、歴史学、考古学まで及び、飛行機を考案するなど多才ぶりは驚異。奥羽人類学会を結成し会長となる。著書に「両羽博物図譜」59冊、「物理新論」3冊など著書700冊ある。


◎「於竹大日如来縁起絵巻」国際日本文化研究センター
「於竹大日如来縁起」は、羽黒山修験道根本道場羽黒山荒沢寺正善院に伝わる三巻からなる絵巻で、同院境内に祀られているお竹大日堂の由来を説いたものである。本データベースは、正善院の全面的な協力の下で、上記の絵巻及び同院所蔵のお竹関係資料に基づいて制作された。


◎インターネット六法
知りたい法律がここにある。パソコン、スマフォ、iPhone、アンドロイド端末に完全対応。完全無料のインターネット六法。


◎大沼浩「荘内地名辞典」
山形県荘内地方の地名辞典、おもしろい、興味深い地名がたくさんあります。


◎日本郵便〒検索
郵便番号の検索、宅急便など広く活用されています〒番号。

◎国指定文化財データベース
文化庁文化財データベース、いろいろな文化財がありますね。 5月28日29日は メンテナンスで不通 

◎致道博物館文化庁文化遺産オンライン
文化庁文化遺産オンライン、まだ皆登録にはなってなくて、主なものを載せてます。 5月28日29日は メンテナンスで不通

◎高速道路地図
高速道路、東日本大震災の時に多大な貢献した山形県なのに遅れているのが残念、活性化や、防災のためにも山形県の高速道分断は早く解消してもらいたいもの。

◎JR東日本
JR線鶴岡駅、平成30年頃か早めに羽越線の在来線が新潟新幹線ホームに乗り入れ待ち遠しい。

◎全日空
山形県には山形空港、庄内空港があります。当館最寄りは、おいしい庄内空港。

◎NHKゴガク
NHKの世界各国のゴガク講座。

◎古文書ネット
古文書やさしい講座


[PR]
by ChidoMuseum | 2016-05-27 21:30 | あれこれメディア情報 | Comments(0)

天神祭ー化けものまつり

 5月25日は、鶴岡の天神祭ー化けもの祭。鶴岡の天神祭は、老若男女の別なく、派手な花模様の長襦袢に角帯を締め、尻をからげ、手ぬぐいと編み笠で顔を隠し、手に徳利と盃を持ち、無言で酒を振る舞う習わしで、通称化けもの祭として広く知られております。この祭は、学問の神様といわれる菅原道真公(845~903)を祀る鶴岡天満宮のお祭です。その昔道真公が京都から九州の太宰府に配流される時(901)、道真公を慕う人々が、時の権力をはばかり、姿を変え顔を隠して密かに酒を酌み交わし、別れを惜しんだという言い伝えによるもので、全国に数ある天神祭の中でも他所には見られない鶴岡のみの奇祭です。化けものの姿で3年間だれにも知られずお参りできると、念願がかなうといわれております。往時には、会社や個人の家々に、化けものが上がり込み、酒などをふるまう姿があちこちで見受けられました。
f0168873_1474368.jpg

化けものになりたい人は衣裳一式無料で鶴岡市で貸し出しています。天神祭パレードはじめいろいろな催しが行われました。
f0168873_148213.jpg

f0168873_1485176.jpg

10時から天満宮では例大祭がおこなわれ、獅子舞、天狗舞、棒術など奉納されました。その昔、鶴岡太宰府神社とよばれていた鶴岡天満宮(上の写真)の今年できたリーフレット(一部)です。
当館ではいえやすくんが化けもの姿になってお客様をお迎えしました。
f0168873_1503375.jpg

[PR]
by ChidoMuseum | 2016-05-25 18:20 | あれこれメディア情報 | Comments(0)