致道ブログ

chido1950.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:博物館のとっておき( 162 )

酒井忠次こけし?!

先日のペーパークラフト兜が
よくお似合いのこけしチャン☆

酒井忠次こけしの誕生!?


f0168873_1122368.jpg

[PR]
by ChidoMuseum | 2009-10-09 11:23 | 博物館のとっておき | Comments(0)

台風とダリア

台風接近中の庄内、
暴風・波浪警報、
大雨・雷・洪水・高潮注意報が出ています。

雨は降り続いているものの、
まだ風は静か…

今日は朝から学校は休校も多く、
電車も飛行機も影響がでているようです。

この天気の中、
日曜日に行われる市長・市議選に向けた
選挙活動は終盤戦を迎え、
町の中は賑やかです。

当館では夕方から
ダリア展の飾り付けが始まりますが、
松ヶ岡開墾記念館前のダリアを担当しているMさんは、
この雨の中、100種類以上の花を切ってくれています。

毎年ご好評をいただいている
色とりどりの秋の花・ダリアに
今年も会いにいらしてくださいね。

みなさまのお越しをお待ちしています。


☆★第6回 ダリア名花展☆★
会   期=10月9日(金)~10月13日(火)
会   場=致道博物館 展覧会場 1階
開館時間=午前9時~午後5時(入館は午後4時30分まで)
入 館 料=一般700円 学生380円 小中学生280円
        (常設展示・庭園もご覧いただけます)
[PR]
by ChidoMuseum | 2009-10-08 14:21 | 博物館のとっておき | Comments(0)

酒井忠次のペーパークラフト兜が誕生!

徳川四天王のひとり
庄内藩酒井家初代酒井忠次所用の
金箔鹿角脇立朱漆塗十二間筋兜が
ペーパークラフトで誕生しました!

f0168873_18215020.jpg


f0168873_18215856.jpg


写真はミニチュア版。

すでに直江兼続や最上義光の
ペーパークラフト兜が話題となっている、
米沢市の(株)キムラと(株)不忘印刷所の
企画制作によるものです。

近々、型紙が
当館HPなどからダウンロードできる予定ですので、
どうぞ、お楽しみに♪

かなり精巧に作られているので、
不器用な私は型紙を見ただけで、
難しそうと思ってしまいますが、
是非チャレンジしてみてくださいね!
[PR]
by ChidoMuseum | 2009-10-07 18:25 | 博物館のとっておき | Comments(0)

ただいまニューヨークに出張中!

残念ながら、私ではありません…

出張中なのは、
当館所蔵の
国宝「太刀 銘 真光 附糸巻太刀拵」、
国宝「太刀 銘 信房作 附糸巻太刀拵」、
「革陣羽織」
「軍配形団扇」
「縦刻研出鮫打刀拵」の5点。

10月20日から1月10日まで
ニューヨークのメトロポリタン美術館で開催される
「侍の芸術」展に出展されるのです。

この展覧会は、
文化庁が諸外国との相互理解推進のために、
毎年海外で開いている日本古美術展のひとつで、
文化庁と東京国立博物館・メトロポリタン美術館の主催。

これまでも国宝など当館の所蔵品が
国内の美術館博物館に貸出することはありましたが、
海外、しかも長期間に渡る出展は初めてです☆

美術品にとって
急に環境が変わることはよくないので、
時間をかけてゆっくりと
ニューヨークの環境になじませてから、
展示することになります。


県内には国宝5点ありますが、
そのうち2点が当館所蔵の太刀なのです。

「国宝太刀 銘 真光」は、
1852(天正10)年4月、
長篠の戦いで織田・徳川軍が武田勝頼を破った
織田信長がその帰途に浜松の吉田城に寄り、
その戦いで功のあった庄内藩初代酒井忠次が
接待にあたった際に拝領しました。

また「国宝 太刀 銘 信房作」は、
庄内藩初代酒井忠次が、
1584(天正12)年に小牧長久手の戦いの功により、
徳川家康から拝領したものです。

この「侍の芸術」展には、
日本全国から208点も出展されるそうです。

国内でもこの規模の展覧会はなかなかありません。

かなり見応えありそう♪


私もニューヨークに付いて行きたーい!!

職員では、
今年の研修旅行は、
きのうオープンした庄内映画村オープンセットか、
ニューヨークのメトロポリタン美術館か、
なーんて話をしているんですよ(笑)

きっと、いや確実に近場になるでしょうけど…(^^;


当館の国宝をご覧になりたい方は、
どうぞニューヨークへお出かけ下さいね!!
[PR]
by ChidoMuseum | 2009-09-13 10:05 | 博物館のとっておき | Comments(0)

夜の博物館探検!

8日の夜に行った「夜の博物館探検隊」

夕暮れ時から夜にかけて、
昼の博物館とは違う顔を探してみよう!と
いざ出発!


旧西田川郡役所では、
考古資料を見学しながら、
学芸員がミステリーを語り、
二階の釣り階段を上がった先には…

f0168873_13521879.jpg


こんなに見晴らしのいい場所が待っていました。


御隠殿で酒井家歴代のヨロイ・カブトを見たあとには、
みんなで戦国武将に大変身!

f0168873_13523517.jpg


カブトの重みを実感することができたようです。


まっ暗な田麦俣の民家では、
昔のくらしをちょっぴり体験。

どんな灯りで生活していたのか、
火打ち石で火をおこし、
手燭やあんどん、がんとうの灯りで
しばし過ごしてみました。

f0168873_13524895.jpg



子供たちからは、続々と質問が飛び交い、
お父さんお母さんも興味津々。

また来年も来たい!と話してくれた
子供たちの言葉がとってもうれしい一日でした(^^)

今回を逃しちゃった方は、
是非、次回のご参加お待ちしていますm(_ _)m
[PR]
by ChidoMuseum | 2009-08-10 13:59 | 博物館のとっておき | Comments(0)

甲冑修復引渡式

昨年から修復を依頼していた
庄内藩酒井家二代家次所用
「朱塗色々威二枚胴具足」が完成し、
引渡式が行われました。

早速、甲冑師の小川伸夫先生に
完成した甲冑を着付けていただきました。

f0168873_9341812.jpg


特に威の糸が傷んでいたため、
どんな染色をなされているか分析し、
糸の復元から行ったそうです。

朱塗りに
卯の花・紅・萌黄・こげ茶の糸の色使いが
風格と華やかさを感じます。

小川先生と、
ご支援ご協力いただいた三名(田中雅明氏・稲垣 直氏・横田俊雄氏)に
酒井忠久館長より
感謝状と記念品を贈呈しました。

f0168873_9354338.jpg


この甲冑を付けた
家次公はどんな方だったのでしょうか。

そんなことを考えながら、
歴代の甲冑を眺めていると、
歴史を身近に感じます。

これで、
初代忠次・二代家次・三代忠勝の三代所用の
甲冑が揃い、
御隠殿のお座敷に威風堂々と並んでいます。

f0168873_9344379.jpg

[PR]
by ChidoMuseum | 2009-07-22 09:36 | 博物館のとっておき | Comments(0)

メダカの学校

いつも職員で話題にでるのは、
「動物を飼いたいねぇ」という話。


かつて、数羽のチャボが
館内をウロウロしていたことがありました。

結局、お客様から恐いと言われたり、
ご近所から鳴き声がうるさいと苦情がでたので、
泣く泣くお別れしたそうです。


その後、迷い猫のタマが
いつしか受付の定位置に座るようになり、
看板娘(息子?)の招き猫になりました。

愛嬌たっぷりな人気者。

私がタマからもらったプレゼントは、なんと小ガモちゃん。

朝の掃除で、机の下に発見したときにはもうびっくり(**)

でも、褒めてほしかったんだろうなぁ…

小ガモちゃんはあまりにもかわいそうなので、
ちゃんと埋葬してあげました。

たまに夕方になると
行方不明になって展示場に迷い込み、
警報機を鳴らしては、
ママ代わりの職員に怒られていました。

タマの大往生の晩年は、
猫なのにカラスからいじめられたりして…

あまりにもエピソードが多くて、
今でも話題にのぼります。


そして、先日、K常務が
お隣の東北公益文科研究所からもってきてくださったのが、
水槽に入ったちっちゃなちっちゃなメダカ。

f0168873_9554721.jpg


10匹くらいでしょうか。

スイスイ泳ぐ姿がなんとも可愛らしくて、涼しげー♪

毎日餌をあげながら、
日々の成長を楽しみにしているところです。
[PR]
by ChidoMuseum | 2009-07-17 09:58 | 博物館のとっておき | Comments(0)

合同茶会

今日明日は日曜日のお茶会の準備に追われ、
バタバタと慌ただしい館内です。

年に一度の恒例行事「合同茶会」
この日曜日に当館で開催します。

f0168873_12393016.jpg

(昨年のお茶会風景)


会場は御隠殿の北の間と南の間・展覧会場・ホール。

裏千家・表千家・遠州流・大日本茶道学会の
全部で4席です。

各流派ごとのお茶会は多く開催されていますが、
いろいろな流派が一堂に開催するのは、
鶴岡ではこのお茶会だけ。


季節のお菓子とお茶をいただきながら、
ゆったりとしたひとときを
お過ごしいただけたらうれしいです。

今からお天気が心配ですが、
みなさまのお越しをお待ちしていますm(_ _)m



★☆合同茶会★☆
日時:4月26日(日)午前10時~午後3時
会場:致道博物館内
    御隠殿北の間:裏千家
    御隠殿南の間:表千家
    ホール     :大日本茶道学会
    展覧会場   :遠州流
茶券:4席 1500円
    2席  800円 *流派は選べません。

大変、申し訳ございませんが、
御隠殿と展覧会場はお茶会のため、
一般の方はご見学いただけません。
入館料の割引をさせていただいておりますので
どうぞご了承下さいませ。
  一 般700円→500円
  学 生380円→350円
  小中生280円→200円
[PR]
by ChidoMuseum | 2009-04-24 12:45 | 博物館のとっておき | Comments(0)

『SPOON』

最後の『SPOON』が届きました

f0168873_23125547.jpg


表紙写真は
バラのサラダに
ファーストスプーンのオリーブオイルが
添えられています

まさに
「暮らしにスプーン一杯のエッセンス」の
『SPOON』そのもの

最終号には
18年間217号のすべてがつまってます

庄内に暮らす人とまちを主役に、
多くの人と人を結び、
庄内を輝かせてくれました

つちだよしはる先生の
今は亡きIカメラマンとのエピソードは
読みながら涙があふれてきました

お雛様の撮影でお世話になったIカメラマン、
無口で、
ただまっすぐに仕事と向き合う姿勢が印象的でした

最後のページで編集長は
 「ロンググッパイ」というよりは、
 今回ご登場くださった
 大江健三郎さんの作品名にならって
 「新しい人よ眼ざめよ」という気分
と綴っています。

『SPOON』との別れは
とってもさみしいけれど、
悲しいわけではなく、
なぜかとてもさわやかな気持ちです。


きのう編集長と
1時間くらい電話で話しました

発刊から18年、
博物館もたくさん取り上げていただきました。

私が鶴岡に帰ってきてからの12年、
編集長にもスタッフにも
ずっとずっとお世話になってきたので、
たくさんの懐かしい思い出話に
花が咲きました


これまでの感謝の気持ちをいっぱい込めて

『SPOON』ありがとう!!


☆『SPOON』は博物館にも置いていますが、
 部数に限りがありますので、
 ご希望の方はどうぞお早めにご来館下さいねm(_ _)m
[PR]
by ChidoMuseum | 2009-04-08 23:20 | 博物館のとっておき | Comments(0)

ミシュラン・グリーンガイド・ジャポン

この16日にフランスで発売された
『ミシュラン・グリーンガイド・ジャポン』をゲットしました!!

f0168873_0505893.jpg


想像以上の内容の充実した分厚い本(**)

しかも文字がめちゃめちゃ多い(フランス語だけど…)(**)

当館も「致道博物館」のタイトルで☆
その下に酒井氏庭園☆☆
旧西田川郡役所☆
旧鶴岡警察署☆
旧渋谷家住宅☆
民具の蔵☆
とたくさんの☆をいただきました♪

欧州の旅行者は、
このガイドに
かなりの信頼を寄せているそうです。

このガイドを見た方が、
東北に、そして山形に
たくさん来ていただけたらうれしいですね(^^)
[PR]
by ChidoMuseum | 2009-03-30 00:50 | 博物館のとっておき | Comments(0)