致道ブログ

chido1950.exblog.jp
ブログトップ

<   2008年 05月 ( 18 )   > この月の画像一覧

再び登場!

あさって6月1日日曜日、
現在開催中の「刀匠・上林恒平作刀展」会場にて、
上林先生のお弟子さん・高橋恒厳刀匠による
日本刀の最後の仕上げ「銘切り」の実演が再び行われます!

好きな言葉や名前を鉄板に切ってもらえますよ!

やってみたい方は教えてもらいながら、
是非チャレンジしてみて下さいね!


*日本刀の銘切り実演*
日時:6月1日(日)午前9時30分~午後4時すぎ
会場:致道博物館 展覧会場
[PR]
by ChidoMuseum | 2008-05-30 18:17 | 展覧会 | Comments(0)

月山の花を愛して十余年 中川光年作品展

6月1日まで松ヶ岡本陣で、
京都在住の花びら染めの染色家
中川光年(名・善子)先生の作品展を開催中です。

花びらによって染められた作品の風合いには、
花々の生命力の強さと自然の偉大さを感じさせられます。

○羽黒山の杉皮に描かれた「慈光観世音菩薩」
 「菩薩の天衣は水を、手には光を、大杉は土を表現しています。
 小さな貝の一粒一粒は人間以外の生物です。
 すべてのいのちは、土と水と光のもとに生まれ、育ち、
 そして土に帰ります。
 そのはぐくみの裡に、菩薩の心があります。」
 (中川先生の言葉より)
f0168873_2362075.jpg


○蓮華の花びら染と藍染「十二星座展の柵」
 十二星座を組み合わせると球体の宇宙に、
 そして蓮の花びらが天の星となります。
f0168873_2364118.jpg



○月山の黒百合の花びら染「花の女神in月山」
f0168873_237460.jpg


神秘的で心やすまる作品の数々を是非ご覧下さい!


*月山の花を愛して十余年 中川光年作品展*
 ・会期:5月25日(日)~6月1日(日)
     午前11時~午後4時
 ・会場:国指定史跡松ヶ岡開墾場 本陣
      (鶴岡市羽黒町松ヶ岡25) 
 ・主催:ギャラリーまつ
      ℡0235(62)4295
[PR]
by ChidoMuseum | 2008-05-27 18:31 | 松ヶ岡 | Comments(0)

クボタ民謡お国めぐり


「クボタ民謡お国めぐり」の収録が行われました。

この番組は、東北6県で放送され、
なんと今年36年目という、超長寿番組。

今回は庄内に伝わる民謡を地元の歌い手が披露。
f0168873_2325064.jpg
f0168873_232416.jpg

当館では全4曲でしたが、
他にも市内数カ所で収録が行われるとのこと。
地元にいながらもなかなか聞く機会がない民謡を、
是非、番組でお楽しみ下さい♪

鶴岡収録の放映は
山形テレビ    6月14日(土)午前7時~
秋田テレビ    6月14日(土)正午~
青森テレビ    6月14日(土)午前11時~
仙台放送     6月15日(日)午前6時30分~
テレビ岩手    6月15日(日)午前7時~
福島中央テレビ 6月15日(日)午前7時~
[PR]
by ChidoMuseum | 2008-05-27 17:50 | あれこれメディア情報 | Comments(0)

日本刀の銘切り実演

本日、上林恒平先生のお弟子さんの高橋恒厳刀匠による
日本刀の最後の仕上げ「銘切り」の実演がありました。
好きな言葉や名前を鉄板に切ってもらえる、
または自分で体験できるいうことで希望者が殺到!
とっても好評でした!
f0168873_1618160.jpg
f0168873_1618899.jpg

なお会期中の次回実演は未定。
また分かり次第お伝えしたいと思います。
[PR]
by ChidoMuseum | 2008-05-25 16:20 | 展覧会 | Comments(0)

今日は「鶴岡天神祭」

年に一度のお祭りなのにあいにくの雨模様。

「鶴岡天神祭」は、
派手な長襦袢に角帯を締め、尻をからげ、
手ぬぐいと編み笠で顔を隠した「化けもの」が、
手にとっくりと杯を持ち、無言で酒を振る舞う、
ちょっぴり変わったお祭りです。


これは、学問の祖菅原道真公を祀る鶴岡天満宮のお祭りで、
道真公が京都から太宰府へ配流されることになった901年に、
道真公を慕う人々が、時の権力をはばかり、
姿を変え、顔を隠して密かに酒を酌み交わし、
別れを惜しんだという伝説によるもの。
f0168873_13222490.jpg

f0168873_1323993.jpg

「化けもの」は三年間誰にも正体がバレなければ、
願い事が叶うといういいつたえも…?!

今日25日は、街中「化けもの」だらけ。

午後からパレードがはじまりますが、
それに先駆けて、つい先ほど、藤間流藤静会の皆様が、
当館駐車場にて艶やかな手踊りを披露して下さいました。
f0168873_1324142.jpg
f0168873_13243088.jpg


鶴岡公園周辺には出店や植木市がたち、にぎわっています。
是非お祭りに来がてら、当館にもお立ち寄り下さい!!
[PR]
by ChidoMuseum | 2008-05-25 11:37 | Comments(0)

「刀匠・上林恒平作刀展」列品解説を開催します

本日より、「刀匠・上林恒平作刀展」がはじまりました。
会場は、上林刀匠の30振、師匠である人間国宝 宮入行平刀匠の1振、そして上林刀匠のお弟子さんたちの3振の合計34振が一堂に展示され、神聖な雰囲気に包まれています。
f0168873_9364070.jpg

f0168873_9364634.jpg

6月7日(土)午後1時より会場にて小林暉昌先生((財)日本美術刀剣保存協会理事)と上林恒平刀匠(山形県指定無形文化財保持者)による列品解説が行われます。
日本刀についてのお話が伺える、年に一度のチャンスです。
どうぞふるってご参加下さい!!
[PR]
by ChidoMuseum | 2008-05-24 09:39 | 展覧会 | Comments(2)

「日本クリエイション大賞2007」地域文化振興賞 受賞祝賀会

日本クリエイション大賞は、製品・技術・文化活動・地域振興などジャンルを問わずクリエイティブな視野で生活文化の向上に貢献し、時代を切り開いた人物や事象を表彰対象とし、財団法人 日本ファッション協会が主催する顕彰制度です。


この度、当館が”市民の手で受け継がれ続ける藩校「致道館」の精神”として「地域文化振興賞」を受賞し、さる3月12日に東京・ANAコンチネンタルホテルにて受賞式が行われました。

これまでの先人たちの努力と、多くの方々の連携・協力により長年行われている「少年少女古典素読教室」「中国古典講座」「論語書道展」などの事業、そして昨年開催された「全国藩校サミット」を評価いただいたものとうれしく思っております。

昨日、関係者約130名が荘内神社参集殿に集い祝賀会が開催されました。

お忙しい中、お集まりいただきました皆様には御礼申し上げます。

○受付は当館職員が担当
f0168873_2320522.jpg


○開会  
 荘司俊治 致道館文化振興会議会長様
f0168873_23211053.jpg


○受賞者あいさつ 
 酒井忠久 当館館長
f0168873_23214384.jpg


○祝辞 
 富塚陽一 鶴岡市長様
f0168873_2322394.jpg


○祝辞 
 白石宗靖 漢字文化振興会議事務局長様
f0168873_23221844.jpg


○記念講演「藩校致道館学の継承」
 酒井忠治 当館常務理事
f0168873_23223718.jpg


○会場の様子
f0168873_23231194.jpg



今後とも致道博物館へのご支援ご協力を下さいますよう、どうぞよろしくお願いいたしますm(_ _)m   
[PR]
by ChidoMuseum | 2008-05-22 23:45 | Comments(0)

25日の「メントレG」

フジテレビ系列にて
毎週日曜日午後9時から放映中の「メントレG」。
http://www.fujitv.co.jp/mentreg/index2.html

25日のゲストは綾瀬はるかさん☆

綾瀬さんといえば、
庄内でロケが行われた
この秋公開の映画「ICHI」に主演されました。
http://wwws.warnerbros.co.jp/ichi/



【ここだけ情報】

実はメントレレストランでは松ヶ岡「一翠苑」が登場するのです!

綾瀬さんのオススメのメニューとは??

そしてどんな庄内の話が飛び出すのでしょうか??



みなさま、是非ご覧下さい(^o^)
[PR]
by ChidoMuseum | 2008-05-19 11:34 | あれこれメディア情報 | Comments(0)

「砂の創作品作り教室」始まります

昨年度より始まった「砂の創作品作り教室」。

昨日、第1回目が行われました。

加藤景一先生の指導のもと、
ふるさと庄内を再認識しながら、
月山の白砂・捨てられてしまったもの・絵の具などを使って
思い思いに平面作品と立体作品を創作します。

教室は月に1回土曜日に開催され、10月までに計6回。

秋にはその成果を発表する作品展が開催されますので、
どんな独創的な作品が生まれるかは、どうぞお楽しみに♪

まずは生徒さんたちそれぞれの自己紹介から。
f0168873_222766.jpg

[PR]
by ChidoMuseum | 2008-05-18 22:03 | 講座・教室 | Comments(0)

「少年少女古典素読教室」始まります

江戸時代、
庄内藩の学校「致道館」では、
中国古典(漢文)を大きな声で読み上げる
「素読」が大切な学習のひとつでした。

毎年、
致道博物館・鶴岡市教育委員会・
致道館文化振興会議の主催により、
「論語抄」をテキストに、
「致道館」での漢文の読み方にならい、
「少年少女素読教室」を開催しています。

昨日、今年度の開講式が行われました。
f0168873_2323050.jpg


これから
5月から10月の第2・第4土曜日の朝には、
館内に小学校4年生から中学3年生の
子ども達の素読の声が響きます。
(夏休みにはさらに早朝素読が行われます。)

正座で姿勢を正し、大きな声で論語を読みあげる
大人顔負けのその堂々たる姿には感服します。

写真は昨年の教室の様子より。
f0168873_21503449.jpg

[PR]
by ChidoMuseum | 2008-05-18 21:53 | 講座・教室 | Comments(0)