致道ブログ

chido1950.exblog.jp
ブログトップ

<   2008年 07月 ( 9 )   > この月の画像一覧

土曜講座第2講内容変更のお知らせ

 先日、当ブログにてご案内しました土曜講座第2講が、都合により内容変更となりましたので、改めてご案内します。

 8月30日は、第3講で予定しておりました犬塚幹士当館常務理事による「モリの山」を第2講として開催することとなりました。

 「モリの山」は庄内地方独特のウラ盆行事として、平成12年には文化庁の「記録作成等の措置をすべき無形の文化財」に指定され、現在、記録調査を行っています。
また、山形県が世界遺産暫定一覧表記載資産候補として文化庁提案した「最上川の文化的景観」の資産の1つとして挙げられています。
講師の犬塚常務理事は前県文化財保護審議委員として調査に携わるお一人です。
本講では、鶴岡市清水地区で8月22日から23日に行われている「モリの山」の歴史と信仰について学びます。
「モリの山」直後ですので、もしかしたら本年度の調査の最新情報も飛び出すかもしれません。

 是非多くの皆様のお越しをお待ちしております。


【致道博物館土曜講座】第2講「モリの山」
日 時:8月30日(土)午後2時~4時
会 場:致道博物館 講座室
講 師:犬塚幹士当館常務理事
     (庄内民俗学会代表幹事・前山形県文化財保護審議委員)
申込み:致道博物館 0235-22-1199
定 員:先着50名
*受講料は無料ですが、友の会会員の方以外は入館料が必要です。


 なお、第2講で予定いたしておりました山口博之先生(山形県文化遺産課企画専門員・日本考古学会会員)による「古代庄内の遺跡と水運」は、第3講として9月27日(土)に開催する予定です。
[PR]
by ChidoMuseum | 2008-07-26 10:29 | 講座・教室 | Comments(0)

第87回 白土会展

きのう23日より31日まで開催中の
「第87回白土会展」も
毎年恒例のグループ展のひとつです。

新庄・最上・北村山地方の
洋画、版画、彫塑を主とする美術グループで、
現在会員は25名。

会名の白には”純粋と理想”を、
土には”大地に根をおろして”という意味を託し、
結成から48年にわたって、
美術振興と文化の向上に寄与しています。

齋藤茂吉文化賞受賞・新庄市文化団体会議功労賞受賞
新庄市あじさい表彰奨励賞受賞・山形県民芸術祭優秀賞受賞
文部大臣表彰・山形県民芸術祭優秀賞受賞などなど受賞多数。

油彩は130号までの大作揃い、
彫刻はしなやかなで力強く、
迫力抜群の展覧会です。

f0168873_1641887.jpg

[PR]
by ChidoMuseum | 2008-07-24 16:41 | 展覧会 | Comments(0)

地震

深夜の地震は庄内も震度4でした。

長くゆっくりとした横揺れが続きましたが、
お陰様で当館には被害はありませんでした。

各地で被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。

さて、山形県では、
東北芸術工科大学文化財保存修復研究センターを中心に
数年前より準備が進められていました
「山形県文化遺産防災ネットワーク」が
1月25日に発足いたしました。

災害時には、人命や財産はもちろん、
歴史的な地域の文化遺産も救済しなければなりません。

多くの仲間たちと情報を共有しながら、
災害対策を促し、支援や応援体制を調える、
新しい仕組づくりが行われています。
[PR]
by ChidoMuseum | 2008-07-24 11:57 | Comments(0)

この夏、ミュージアムがおもしろい!!

この夏、やまがたアートライン実行委員会では、
県内80館のミュージアムのうちの31館で
夏休みこどもミュージアムめぐりを行います。

♪致道博物館は4つの企画とスタンプラリー♪
★みる
「あなたも鶴岡博士になろう!」
 致道博物館で鶴岡のことを調べてみましょう!
★たいけん
「夜の博物館探険隊」
 学芸員と一緒に夜の博物館を探検しましょう!
 日時:8月2日(土)午後7時~8時
 定員:親子10組
 *電話で申し込んでね。
★たいけん
「あなたも学芸員になってみよう!」 
 掛軸などの美術品の取り扱いを親子で一緒に学びましょう!
 日時:8月10日(日)午前10時~12時
 定員:親子5組
 *電話で申し込んでね。
★まなぶ
「夏休みこども自由研究相談室」
 日時:期間中(7月20日~8月31日)
 *電話で予約してね。 
★めぐる
「スタンプラリーに参加しよう!」
 日時:期間中(7月20日~8月31日)
 ①チラシがスタンプの台紙になってます。
   チラシは県内の小学生には夏休み前にくばります。
   あとは参加施設にてどうぞ。
 ②スタンプラリーに参加するミュージアムには
   シールやスタンプがあるので、いっぱい集めよう!
 ③3つめ以降にマップの☆に行くと
  早いものじゅんでプレゼントがもらえるよ! 
  注) ・スタンプが3つそろわないとプレゼントはもらえません。
     ・早いものじゅんだから、もらえないときもあるよ。
     ・プレゼントは一回だけだよ。  

さぁ!この夏休みには、
家族でいろんなミュージアム行ってみよう!
f0168873_12265896.jpg

[PR]
by ChidoMuseum | 2008-07-17 12:34 | 博物館のとっておき | Comments(0)

土曜講座の受講生募集中!

先日行われた土曜講座第1講では
会場が溢れんばかりに多くの方達にお越しいただき、
ありがとうございました。

来月30日には第2講「古代庄内の遺跡と水運」を開催します。

講師は山口博之先生、
日本考古学会会員であり、
山形県文化遺産課企画専門員として、
最上川の世界遺産登録に向けた調査などを担当されています。

古代から中世にかけての庄内はどんな様子だったのか。

庄内の大地の成り立ちと歴史、
そして日本海水運との繋がりについてお話しいただきます。

昔を知ることは、今を知ること。
きっと新しい発見に出会えるはずです。

まだまだ受講生募集中!

お申し込みはどうぞお早めに!


【致道博物館土曜講座】第二講座「古代庄内の遺跡と水運」
日 時:8月30日(土)午後2時~4時
会 場:致道博物館 講座室
講 師:山口博之先生
     (山形県文化遺産課企画専門員・日本考古学会会員)
申込み:致道博物館 0235-22-1199
定 員:先着50名
*受講料は無料ですが、友の会会員の方以外は入館料が必要です。
[PR]
by ChidoMuseum | 2008-07-16 10:28 | 講座・教室 | Comments(0)

あんべみ亭もうすぐオープン!

庄内の夏の味を
多くのお客様にあんべみて(味わって)いただくために、
数年前から市内のお食事処ではじまった「あんべみ亭」。
7月20日から8月31日まで、
当館内「旬菜処 三昧庵」をはじめ、
のぼりばたが目印の22店で味わうことができます。
まんず庄内の夏をあんべみてくれの!

f0168873_11152625.jpg☆「なんぜんじ」(150円)
夏の代表格の冷え冷えのまぁるいおとうふ。とろけるようなやわらかさと風味はきっとやみつきになるでしょう。暑さのあまり食欲がなくなったとしても、これなら絶対大丈夫!


f0168873_1115443.jpg☆「だだちゃ豆」(250円)
鶴岡の夏といえばやっぱりコレ!だだちゃとは庄内弁でお父さんのこと。独特の香りと深い甘みの豆はこの土地独特のもの。三昧庵では、だだちゃ豆アイス・だだちゃ豆タルトなどの、だだちゃメニューも充実♪
[PR]
by ChidoMuseum | 2008-07-10 11:17 | Comments(0)

大石芳野写真展「黒川能の里-庄内に抱かれて-」

松ヶ岡写真ミュージアムでは、本日7月8日より
大石芳野写真展「黒川能の里-庄内に抱かれて-」
はじまります!

大石芳野先生は
フォトジャーナリストとして世界中を駆けめぐり、
コソボやベトナムなど
内紛や戦争のもとで逞しく生きる人々の姿を
カメラとペンで記録し続けてこられました。

平成9年より10年間にわたり
庄内が誇る国指定重要無形民俗文化財「黒川能」に魅せられて
取材を続け、今年、清流出版より写真集を出版。
f0168873_0183948.jpg

迫力ある大きな約50点の作品からは、
黒川能の魅力と
500年以上の伝統を大切に守り継ぐ
黒川の人々の誇りと熱い思いがひしひしと伝わってきます。

この機会に是非ご覧下さい!

☆★大石芳野写真展「黒川能の里-庄内に抱かれて-」★☆
・会   期:7月8日(火)~9月28日(日)
・会   場:松ヶ岡写真ミュージアム
       鶴岡市松ヶ岡字松ヶ岡25 TEL 0235(62)4295
・開館時間:10:00~17:00
・入 館 料:300円
[PR]
by ChidoMuseum | 2008-07-08 00:19 | 松ヶ岡 | Comments(0)

ただいま茅の葺き替え中!

f0168873_23204933.jpg数日前より、旧渋谷家住宅(田麦俣多層民家)の茅の葺き替えが始まりました。
毎年4分の1ずつで、今年は北東部分を行います。
雨降る今日も、葺き師さんは屋根の上。
これは冬の燻り出しとともに茅葺き屋根の民家を保存していくためには大切な作業、もう数日はかかりそうです。
[PR]
by ChidoMuseum | 2008-07-07 09:40 | Comments(0)

白甕社会員展

毎年恒例の白甕社会員展が今日よりはじまりました♪

白甕社は1924(大正13)年に設立され、
来年創立85周年を迎える歴史ある庄内の美術団体。
会員は約150名、
庄内の美術を支える拠点として活動を続け、
県芸術祭賞・庄内文化賞・齊藤茂吉文化賞・
サントリー地域文化賞などを受賞しています。
なお7月1日の鶴岡市広報「つるおか」では、
「文化の継承 その七 白甕社」(P2~P8)として
佐藤定雄委員長・白幡進前委員長と会員2名の
座談会が掲載されていますので、
詳しくはそちらをどうぞ!

今年の展覧会はいつもとはちょっと違います!
二部構成となり、大きい作品も増えました!
洋画・日本画・水彩画・版画・彫刻など、
会員約70名の力作が勢揃い!
みなさまのお越しをお待ちしておりますm(_ _)m

    ☆★白甕社会員展★☆
第一部 7月 1日(火)~7月11日(金)
第二部 7月12日(土)~7月21日(月)
会 場:致道博物館 展覧会場
     (鶴岡市家中新町10-18 TEL0235-22-1199)
入館料:一般700円 学生380円 小中学生280円 
     (館内常設展示施設ならびに庭園もご見学できます)
[PR]
by ChidoMuseum | 2008-07-01 10:50 | 展覧会 | Comments(0)