致道ブログ

chido1950.exblog.jp
ブログトップ

<   2008年 11月 ( 11 )   > この月の画像一覧

11月最後の日曜日

いよいよ11月も今日で最後!

開館1時間現在、お客様の姿は見あたりません…^^;

ぐるっとバスもカラみたい…^^;

このまま館内が静まる冬に突入でしょうか………

ゆっくり鑑賞したい方には、
当館を貸切状態でひとりじめできちゃうかもしれないので、
オススメです!

しっかり暖かい格好をして準備万端でお越し下さいm(__)m
[PR]
by ChidoMuseum | 2008-11-30 10:12 | Comments(0)

『プラチナ サライ』いよいよ創刊!

明日『プラチナサライ』(奇数月24日発売/小学館)が
いよいよ創刊されます。

このブログで以前ご紹介しましたが、
10月に取材が行われた「日本レクサス紀行」では、
東北:松島~出羽三山~庄内が掲載されます。

美しい写真と、素晴らしい文章で、
庄内そして東北の魅力を改めて感じていただけたら、
うれしいです(^^)
[PR]
by ChidoMuseum | 2008-11-25 15:17 | あれこれメディア情報 | Comments(0)

あさのあつこ先生来館

新年に放送される
講談社創業100周年の記念番組の取材のために
作家・あさのあつこ先生が来館されました。

ベストセラー作家8名が選ぶ名作の風景として、
藤沢周平『蝉しぐれ』を取り上げていただき、
初めての鶴岡入り。

あさのあつこ先生の代表作
『バッテリー』は小中学生を中心に大人気、
テレビドラマ化もされました。

その他にも『No6』や『manzai』など
多くの児童文学で知られています。

時代小説も書かれていますが、
きっかけはなんと藤沢周平先生なのだとか…

藤沢作品はほぼすべて読破されており、
「文章が色っぽいし、自然描写が卓越して素晴らしく、美しい」と、
とあるインタビューでその魅力を語られているのを拝見しました。

今回は酒井忠久館長が
庄内藩の歴史などを説明しながら、館内をご案内。
f0168873_14581412.jpg
f0168873_1458235.jpg



撮影終了後には、
当館アルバイトのMさんが、
中学校2年生のお嬢さんがあさの先生の大ファンとのことで、
最新作を手に、サインをもらいに駆けつけました!

先生にとってはうれしいハプニング?!
(しっかりカメラも回ってましたが…)


今回の取材では市内の小学校訪問もあり、
どのような番組になるのかワクワクします。

放送をどうぞお楽しみに♪

☆『一読永劫(いちどくえいごう)ベストセラー作家が選ぶ名作の風景』☆
2009年1月1日(木)午後7時~
      1月2日(金)午後7時~
        (*今回の取材は1月1日の放映です) 
BS-i(BSデジタル放送6ch)全国無料放送
[PR]
by ChidoMuseum | 2008-11-25 14:59 | あれこれメディア情報 | Comments(0)

第2回寒蘭展

f0168873_9371562.jpg


春の春蘭展に続きご好評をいただいている
「寒蘭展」が24日まで開催中です。

鶴岡東洋蘭愛好会と里仁館芳蘭会の会員が、
大切に育てた約30鉢がご覧いただけます。

東洋蘭とは日本・中国・台湾・韓国などの地域に
産する春蘭・寒蘭を中心としたシンビジウム属の総称です。

中でも、10月から1月にかけて咲く寒蘭は、
葉と花の色の豊富さが魅力のひとつ。

f0168873_9372973.jpg


西洋蘭の華やかさや艶やかさとはまた違う、
蘭の王者といわれる風格、
凛とした高貴な姿と上品な芳香を
お楽しみ下さい。

★第2回寒蘭展★
会   期:平成20年11月16日(日)~24日(月)
開館時間:午前9時~午後5時(入館は午後4時30分)
会  場:致道博物館 展覧会場 1階
入館料:一般700円、学生380円、小中学生280円
     (常設展示、企画展、庭園などすべてご覧いただけます)
[PR]
by ChidoMuseum | 2008-11-19 09:38 | 展覧会 | Comments(0)

庄内の伝統工芸展

本日より
「庄内の伝統工芸展」
はじまりました。

城下町鶴岡と港町酒田を中心とする庄内には、
江戸時代には手工業の職人町があり、
生活用具を中心とした多くの優れた工芸が制作されました。

本展では
漆工芸・木工芸・金工・竹細工を取り上げ、
約70点をご紹介します。

蒔絵、
竹の模様や風合いを表現する竹塗、
磯草模様に色漆を重ね仕上げる美しい磯草塗などの漆工芸。

廻船の船頭衆が使用した船箪笥、
柿の古木の黒色模様の材を用いた黒柿細工などの木工芸。

羽黒の数珠鐔(じゅずつば)を由来とする優れた庄内金工。

竹のしなやかさを活かした曲線が美しい竹工芸。

長い歴史と伝統に培われた
素晴らしい職人の技をたっぷりとご堪能下さい!

f0168873_9574473.jpg


★庄内の伝統工芸展★
会   期:平成20年11月14日(金)~12月7日(日)
開館時間:午前9時~午後5時(入館は午後4時30分)
会  場:致道博物館 展覧会場 
入館料:一般700円、学生380円、小中学生280円
     (常設展示、企画展、庭園などすべてご覧いただけます)
[PR]
by ChidoMuseum | 2008-11-14 10:03 | 展覧会 | Comments(0)

第29回山形県博物館連絡協議会研修会

 第29回山形県博物館連絡協議会研修会が10日に酒田市の希望ホールで開催されました。

 年に一度開催されるこの研修会は、県内各地の博物館関係者が一堂に集う貴重な機会でもあります。今回は約60名が参加しました。

 テーマがまたなんとも衝撃的だったです!!
「博物館に明日はあるのか!」


f0168873_033161.jpg

 基調講演は「文化を創り出す場をめざして」と題し、当館の酒井天美常務理事が講演。昭和58年に松ヶ岡の開墾記念館がオープンし、その翌年から始めたギャラリーまつに長年関わったなかで、体験した多くの作品や様々な方たちとの出会いについて、話していただきました。


f0168873_0333088.jpg

 パネルディスカッションは、東北公益文科大学準教授の半田結氏のコーディネートのもと、米沢市教育委員会文化課長の村野隆男氏、天童市美術館学芸員の池田良平氏、本間美術館学芸員の松井さつき氏が、指定管理者制度や、市民参加型ミュージアムへの取り組みなどを語りました。


 まだまだ多くの可能性を秘めてい博物館、どうしたら多くのお客様に来ていただけるのか。

 経営的なことも含め難しい問題だけに、簡単に結論を出せるものではありません。ただ今回、他の館の状況が少しなりとも把握でき、地域の人や他の館と共に協力し合ってていくことの重要性をひしひしと感じた研修会でした。
[PR]
by ChidoMuseum | 2008-11-12 00:36 | Comments(0)

第2回砂の会作品展

昨年より始まった加藤景一先生(鶴岡市在住・元小中学校教諭)による
「砂の創作品作り教室」。

その受講生たちの作品展を当館展覧会場1階で開催中。

月山産まれの真っ白な砂は、
絵の具と融合することで
微妙に変化する色調の面白さがあるそうで、
砂に魅せられて、
アットホームに楽しみながら創作をしてきました。

廃棄物や漂流物も、砂の会の手にかかれば、
こんなにステキな作品に大変身!

会員7人7色の作品が仕上がりました。

短い期間ですが、お待ちしていますm(_ _)m

f0168873_15495443.jpg


f0168873_1550252.jpg


f0168873_15501080.jpg


★第2回砂の会作品展★
会   期:平成20年11月8日(土)~14日(金)
開館時間:午前9時~午後5時(入館は午後4時30分)
会  場:致道博物館 展覧会場 1階
入館料:一般700円、学生380円、小中学生280円
     (常設展示、企画展、庭園などすべてご覧いただけます)
[PR]
by ChidoMuseum | 2008-11-09 15:50 | 展覧会 | Comments(0)

第3回 美を謳う 艸展

昨日より今年で三回目を迎える艸展がはじまりました。

艸の会のメンバーは、
羽黒町の洋画家 故・今井繁三郎先生を慕う、
鶴岡・山形・関東の8名の作家たちです。

書・洋画・彫刻などのバラエティーにとんだ独創的な作品が並び、
今井繁三郎先生の作品2点も特別出品されています。

12日までという短い会期ですので、どうぞお見逃しのないように!


★第3回 美を謳う 艸展★
会   期:平成20年11月6日(木)~12日(水)
開館時間:午前9時~午後5時
       (入館は午後4時30分、最終日は午前3時まで)
会  場:致道博物館 展覧会場 
入館料:一般700円、学生380円、小中学生280円
     (常設展示、企画展、庭園などすべてご覧いただけます)
[PR]
by ChidoMuseum | 2008-11-07 16:20 | 展覧会 | Comments(0)

冬支度

11月に入っても、
色とりどりの木々の葉っぱが、
まだまだ目を楽しませてくれてます。

しかし、当館でははやくも、
酒井氏庭園をはじめ館内の木々の
冬支度がはじまりました!

こも巻き・雪つり作業を、
庭師さんたちが数日かけて行っています。

f0168873_1019766.jpg


f0168873_1019089.jpg



「台風が一度も上陸しなかった年は大雪になる?!」

そんなことを最近テレビで耳にしましたが、
今年の冬はいったいどうなるんでしょうか?

でも、雪景色の庭園もまた美しいのですよ♪
[PR]
by ChidoMuseum | 2008-11-04 10:23 | Comments(0)

『やまがたのミュージアム』発行

f0168873_163492.jpgこの度、
やまがたのミュージアム情報をまとめた
パンフレット『やまがたのミュージアム』が、
やまがたアートライン実行委員会と山形県博物館連絡協議会より
発行されましたー!!

f0168873_164077.jpg46ページ、オールカラー、保存版として、
お手元に一冊いかがですか!

ご希望の方は各施設にお越し下さいm(_ _)m

合い言葉は……せーのっっ!
「ミュージアム新発見やまがた-魅せます☆ふるさとの宝もの-」♪
[PR]
by ChidoMuseum | 2008-11-01 16:09 | 博物館のとっておき | Comments(0)