致道ブログ

chido1950.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 11月 ( 14 )   > この月の画像一覧

スノープリンス-禁じられた恋のメロディ-

庄内でロケが行われた
『スノープリンス-禁じられた恋のメロディ-
試写会に行ってきました。

『東京タワー 〜オカンとボクと、時々、オトン〜』の松岡錠司監督と
『おくりびと』の小山薫堂さん脚本という、
ゴールデンコンビで生み出された作品です。

『フランダースの犬』と、
『小さな恋のメロディー』をミックスしたような、
雪のふる街で繰り広げられる淡い恋の物語は
クリスマスにもピッタリ☆

まさに子供から大人まで一緒に観て感動できる映画です♪

庄内映画村オープンセットや、
風間家旧宅丙申堂、山居倉庫や、山々など、
庄内の見覚えのある風景も登場。

映画初主演の森本慎太郎くんとチビの自然体な演技と
切ないけど心温まるストーリーに、
やっぱり泣いちゃいました。

公開に合わせて、
12月19日(土)~平成22年2月21日(日)の
土日祝日には
(1月1日(金)~1月3日(日)は運休)
ロケ地を巡る「スノープリンス号」
運行されるそうです。

この冬オススメプランです♪

あっ、もちろん、
その前には致道博物館もいらしてくださいね(^_-)

みなさまのお越しをお待ちしています!!
[PR]
by ChidoMuseum | 2009-11-29 10:26 | 庄内のイベント情報 | Comments(0)

キャシーズ キルトワーク展

酒田市美術館で開催中の
キャシーズ キルトワーク展
たのしいたのしいクリスマス
に行ってきました。

キャシー中島さんは、タレントであり、
本場アメリカのキルトコンテストでも
数々受賞されているキルト作家です。

今回の展覧会では
ハワイアンキルト、アップリケキルト、
ステンドグラスキルト、アメリカンキルトと
バラエティー豊かな作品を見ることができます。

素晴らしいデザイン、
一針一針の細やかさは、
考えるだけでも気が遠くなりそう。

クリスマスツリーに飾り付けられた、
キルトの小物たちもとってもカワイイ☆

これから冬に向かう庄内で、
南国ハワイの爽やかな風と、
クリスマスのワクワク感を感じる
とっても楽しい展覧会でした♪

是非ご覧下さいね!!


ミュージアムショップでは、
キャシーさんのキルトキットが沢山あって、
ついつい買いたくなっちゃいました。

…が

私のことだから、
きっと袋に入ったまま
作らずに眠ってしまう予感がして、
やめておきました^^;

でも、根気強い方にはオススメです。

12月20日にはワンデーレッスンもあるようですよ!



☆キャシーズキルトワーク展☆
★たのしいたのしいクリスマス★
会期:11月23日(月・祝)~12月25日(金)
    (12月からは月曜休館)
会場:酒田市美術館
    〒998-0055酒田市飯森山3-17-95
    TEL 0234-31-0095
開館時間:午前9時~午後5時(入館は午後4時30分)
入館料:一般700円 高校・大学生350円 小・中学生150円
[PR]
by ChidoMuseum | 2009-11-29 09:35 | よその展覧会 | Comments(0)

シルクスクリーンと木版画の公開制作

今日は、東北芸術工科大学版画コースの
若月公平教授・中村桂子准教授・OGのSさんと
学生4名が来館し、
学生たちによる
「シルクスクリーンと木版画の公開制作」
展覧会場で行われました。


木版画はあえて説明はいらないとは思いますが、
シルクスクリーンとは、
原稿のフィルムを、
感光乳剤を塗って乾燥させたスクリーンに当てて
感光させ、水洗いをして未感光の乳剤を除いて版を作ります。

そこにインクをのせて、
紙などに刷りとって制作する作品です。

ガリ版刷りやプリントごっこをイメージしていただくと、
何となくおわかりかと…

Tシャツなどのプリントにもよく使われます。


見学にいらしたみなさま、
学生たちの制作に釘付けの様子★
f0168873_22132178.jpg



来年この版画コースに入学予定の
酒田の高校生もお友達と訪れ、
シルクスクリーンに挑戦したり
f0168873_221415.jpg


お絵かき大好きな小学校3年生の女の子が、
大学生のお姉さんに教わりながら
木版画を体験したり
f0168873_22134781.jpg


私も初めてシルクスクリーンを
刷らせてもらいましたが、見るとやるとは大違い。

版から作品をはずす一瞬のドキドキ感が何ともいえず、
版画のオモシロさを垣間見ることができました。

展覧会は今度の日曜日まで残すところあと6日。

是非学生たちの作品をご覧下さい!!
[PR]
by ChidoMuseum | 2009-11-23 22:24 | 展覧会 | Comments(0)

ミュージアムで絵を描こう!

今年も「ミュージアムで絵を描こう!」が行われ、
今日から作品を館内に展示しています♪

f0168873_1344388.jpg


羽黒第3小学校4年生のみんなが、
博物館に見学に来たときに、
いろんなところからスケッチしてくれました。

当日は天気がよかったので、
外でスケッチをする子どもたちが多く、
作品も建物やお庭がいっぱい☆
f0168873_13445528.jpg

f0168873_13451286.jpg



収蔵庫にあるこんなものや、
f0168873_13455592.jpg


民家のこんなものも。
f0168873_13462558.jpg


何かわかりますか?
[PR]
by ChidoMuseum | 2009-11-19 13:50 | 博物館のとっておき | Comments(0)

第3回 東洋蘭展

今年も寒蘭の高貴な甘い薫りがしてきます。

ただいま当館展覧会場一階ロビーでは
11月23日までにて第3回寒蘭展を開催中。

鶴岡東洋蘭愛好会の皆様が
大切に育てた、様々な蘭が並びます。

蘭には東洋蘭と西洋蘭がありますが、
東洋蘭は、気品ある凛とした姿、芳香な薫りが魅力。

やはり東洋的な情緒を感じます。

是非ご覧下さいm(_ _)m

f0168873_11185782.jpg


f0168873_11193254.jpg


f0168873_11194134.jpg

[PR]
by ChidoMuseum | 2009-11-19 11:20 | 展覧会 | Comments(0)

講演会続き

庄内支庁が設置されて今年で40周年、
その記念と日本海きらきら羽越観光圏整備事業として、
15日に作家 森村誠一先生の講演会が開催されました。

森村先生は推理小説で著名ですが、
現代の松尾芭蕉に扮しおくの細道を歩き、
デジタルカメラと俳句をリンクさせた
写真俳句として発表されています。

昨年取材で庄内にお越しになったご縁で、
この講演会が実現したそうです。

旅をする人にもっとも必要なのは旅恋(旅に恋する気持ち)。

森村先生ならではの言葉で
観光についてのお考え
(お客様を迎える側、旅をする人にとって大切なこと)、
言葉の効能など、
笑いを交えながら、
わかりやすくお話いただきました。

とっても楽しいお話に、
あっという間に時間が過ぎました。


そして昨日は山形県博物館連絡協議会研修会
いでは文化記念館で行われました。

テーマは「ミュージアムの新たな試み」

庄内で話題の方々の講演3本立てという豪華プログラム。

1、村上龍男氏(加茂水族館館長)      
 「加茂水族館の展示」

2、渡辺幸氏(出羽三山歴史博物館学芸員) 
 「出羽三山丑年御縁年について」

3、宇生雅明氏(庄内映画村株式会社社長) 
 「映画村09について」

目からウロコのお話ばかり。

来館者の減少など、
悩んでばかりいてもしょうがない。

みんなで知恵を絞って頑張っていきましょう。


お話上手な方々のお話を立て続けにお聞きし、
今夜は私の番!

まちづくり協同講座・広域連携事業共催
「景観再生によるまちづくりを考えるセミナー」で、
事例発表をさせていただきます。
[PR]
by ChidoMuseum | 2009-11-17 15:15 | 博物館のとっておき | Comments(0)

研修旅行2009

先日研修旅行に行ってきました。

年中無休の当館は
全員揃ってなかなか出かけられないので、
今回は2班にわかれての旅行です。


今年のメインは庄内映画村オープンセット。

幸いにも秋晴れでしたが、
石倉はやっぱり寒かったっっ。

前日が雨だったので、
足元が悪いであろうと予想して、
全員長靴持参でいったのですが、
必要なかったですね^^;


広大に敷地が、
農村、漁村、宿場町、山間集落エリアにわかれ、
新築なのに歴史を感じる建物たちが立ち並びます。
f0168873_10325983.jpg
f0168873_10323750.jpg


漁村エリアから眺める庄内平野も絶景☆
f0168873_10365374.jpg



庄内藩殺陣乃会が殺陣を演じたり、臨場感抜群。

私とAさんは体験までしちゃいました。

Aさん、なかなか決まってます!
f0168873_10495553.jpg



お昼はロケ弁プレート+平牧メンチカツ♪
f0168873_10361061.jpg


サーカステントでピアノとトークのライブを聞きながらいただきまーす!


少年(?)剣士のようなガイドさん、
バスの運転手さん、
昔語りのおじさんなど、
お話し上手で引き込まれました。

次から次の登場する俳優さんの名前に、
年配の方々はついていけるのかなぁ…
なんてきっと余計な心配ですね…


帰りは羽黒町桜ヶ丘にある「創造の森」で
鳥海山を望む絶景を楽しみ、
松ヶ岡へ。
f0168873_1039054.jpg



いつも来館されるお客様に訪ねられ
ご案内はするのですが、
実際に見てからお話しすると
やっぱり全然違います。

まさに「百聞は一見にしかず」

近いからこそなかなか行く機会がない場所が
案外いっぱいあるけど、
プチトリップで訪れてみるのも、楽しいですよね♪
[PR]
by ChidoMuseum | 2009-11-14 10:50 | Comments(0)

『和楽』

さっき、東京の友人から
久しぶりにメールをもらいました。

新聞の雑誌広告で
鶴岡の文字を見つけたからと…


そうなんです! !

今日発売の『和楽』12月号
「美と知と心を求めて日本の街をめぐる」という、
旅ページで鶴岡を取り上げていただいたんですよ☆

f0168873_23132134.jpg


なんと10ページも!!


カメラマンは鶴岡出身パリ在住、
当館で展覧会をしていただいた山本豊先生。

実は私もほんのちっちゃく登場していたりします…


鶴岡の本屋さんでは、
あんまり並んでいない本なので、
早速注文してきました。

さらに本屋の店員さんにも
鶴岡特集をお知らせしてきちゃいましたよ。


是非ご覧下さいね(^_-)
[PR]
by ChidoMuseum | 2009-11-12 23:17 | あれこれメディア情報 | Comments(0)

肝試しな勉強会

昨夜は、
同じ地域で同じ学芸員という仕事に携わる
5施設の方々が集まって、
勉強会&交流会が行われました。

今回はいでは文化記念館のIさんが幹事。

勉強会では、
開催中の展覧会と夜の国宝五重塔を見学。

懐中電灯を片手に、
参道を抜けて五重塔まで。

ちょっとした肝試しだったけど、
みんな一緒だからへっちゃら。

この五重塔は、
平将門によって創建され、
約600年前に再建したと伝えられる
東北に現存する最古の塔で、
昭和41年に国宝に指定されました。

明るい陽の光で見るのとまた違って、
静かな夜の闇の中にあらわれる五重塔の荘厳なこと、
貴重な体験をさせていただきました。

交流会では、
各施設の現状や今後の計画などの情報交換を行い、
天然きのこをふんだんに使ったきのこ鍋に舌鼓。

顔の見える関係、人同士のネットワークって
とっても大切ですよね。

有意義で楽しいひとときでした。
[PR]
by ChidoMuseum | 2009-11-12 17:41 | 博物館のとっておき | Comments(0)

「砂の会」作品展

今年も加藤景一先生(鶴岡市在住・元小中学校教諭)による
「砂の創作品作り教室」が行われました。

その集大成として、
今日から受講生たちの作品展を
当館展覧会場1階で開催中です。

月山産まれの真っ白な砂は、
絵の具と融合することで
微妙に変化する色調の面白さがあるそうです。

砂に魅せられて、
アットホームに楽しみながら創作をしてきました。

砂の会の手にかかれば、
こんなにステキな作品に大変身!

今年も力作揃いです。

f0168873_1051091.jpg

f0168873_1051781.jpg


3日間という短い期間ですが、
みなさまのご来館をお待ちしていますm(_ _)m


☆「砂の会」作品展☆
会期:11月7日(土)~9日(月)
開館時間:午前9時~午後5時(入館は午後4時30分まで)
入館料:一般700円 学生380円 小中学生280円
     (常設展示・庭園もご覧いただけます)
[PR]
by ChidoMuseum | 2009-11-07 10:50 | 展覧会 | Comments(0)