致道ブログ

chido1950.exblog.jp
ブログトップ

<   2010年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧

茨木のり子展

先日展覧会の作品借用のため、
日帰りで高崎に行ってきました。

せっかくなので、
群馬県立土屋文明記念文学館で開催中の
「茨木のり子展」~わたしが一番きれいだったとき~へ。

高崎駅からタクシーで30分走ると、
何やら古墳のようなものが見えてきました。

文学館があるのは
国指定史跡の保渡田古墳群のある
上毛野はにわの里公園の一角。

建物はどうみても文学館っぽくはありませんが、
古墳の景観に合わせて建てられたとのことで納得。

昨年秋に当館で「茨木のり子の世界展」を開催し、
絵本『貝の子プチキュー』の原画を中心に、
庄内ゆかりの詩人・茨木のり子先生をご紹介しましたが、
文学展として、奥深くそして細やかに
茨木のり子先生を取り上げたのは
初めてではないでしょうか。

f0168873_1141137.jpg


茨木先生の生い立ちから創作活動、
同人誌『櫂』の設立や、韓国詩の翻訳にいたるまで、
さまざまな資料が展示され、
書翰などからは、
さまざまな方々との交流も
垣間見ることができました。

この展覧会は
先日、朝日新聞でも取り上げられ、
全国からの反響も大きいそうで、
改めて茨木のり子ファンの多さを実感しました。

まだまだ期間はたっぷりありますので、
是非お出かけくださいね(^_-)


★☆「茨木のり子展」~わたしが一番きれいだったとき~☆★
会 場:群馬県立土屋文明記念文学館
    〒370-3533 高崎市保渡田町2000
    Tel 027-373-7721 Fax 027-373-7725
会 期:平成22年7月17日(土)~9月20日(月・祝)
    毎週火曜日休館
開館時間:午前9時30分~午後5時(入館は午後4時30分まで)
観 覧 料:一般400円(320円)/大学・高校生200円(160円)
[PR]
by ChidoMuseum | 2010-08-26 11:50 | よその展覧会 | Comments(0)

ぷろむなぁど

先日取材を受けた
JTBロイヤルロード銀座様の
季刊誌『ぷろむなぁど』が届きました!

f0168873_10451488.jpg


プレミアムな大人の旅を提案するこの季刊誌、
憧れちゃう素敵な旅プランが満載☆

今回は知り合いの方のご紹介で
「素敵人」に取り上げていただき、
そしてさらに、
「東北の歴史や大名の文化に触れる3日間」という
ツアーを組んでいただきました。

盛岡~花巻温泉~仙台~天童温泉~鶴岡という、
東北各地の魅力たっぷりの広域なプラン。

ご来館をお待ちしています。
[PR]
by ChidoMuseum | 2010-08-26 10:49 | あれこれメディア情報 | Comments(0)

8月ダイジェスト

気がついたら、8月もわずか数日!

いつの間にやら、
蝉の声から秋の虫の音に変わってますね!

まだまだ残暑厳しい毎日ですが、
秋の気配を感じるこの頃です。

さてさて、ブログも更新しないまま、
8月も終わりそうなので、
夏のイベント(?)ダイジェスト版でいってみましょー!!


現在開催中の「庄内ゆかりの作家たち」も本日が最終日。

会期中の8月7日には、
土曜講座第一講「庄内ゆかりの作家たち」を行い、
約30名の方が聴講されました。

講師は元山形県立博物館館長の春山進先生。
f0168873_9411596.jpg


明治以降の庄内ゆかりの作家や
文化的風土について、
わかりやすくお話しいただきました。

春山先生は
私の高校時代の恩師。
(古典を教えていただきました)

高校の授業を聞いているような、
タイムスリップした気分でした。


夏休みの子ども企画は
「こどもミュージアムめぐり」。

前回ご紹介した「夜の博物館探検隊」に続いて、
8月8日に行った企画第2弾は、
「学芸員になってみよう!」

親子3組が参加し、
掛軸や巻物の取り扱いを体験。

f0168873_941471.jpg



本間学芸員の指導のもと、
こども達はおそるおそる、
そしてドキドキしながら扱っていました。

中には、この体験を自由研究にまとめたいという子も…

随時受け付けていた「自由研究相談室」にも、
約10組が親子で来館!

どちらかと言えば、
子どもよりもご両親が一生懸命に
メモをとっている姿が印象的。

みんな
自由研究はうまくまとまったのでしょうか?


そして23日からはじまった
学芸員実習も本日4日目。

今回は女子大生5名です!

この時期、当館の雰囲気も華やかに
そして若返るんです。

夏の防災訓練を職員とともに行ったり、
f0168873_9415365.jpg


刀の取扱いを実習したり、
f0168873_942162.jpg


充実したプログラムで進んでいます。

現在は酒井学芸部長による、
「資料の保存と資料化」の講義の真っ最中。

これから土器や館内の石碑の拓本を取る予定です。
[PR]
by ChidoMuseum | 2010-08-26 10:27 | 講座・教室 | Comments(0)

夜の博物館探検隊

遅ればせながら、ご報告☆

7月31日に
夏休みこどもミュージアム企画のひとつ
「夜の博物館探検隊」を行いました。

午後6時30分集合で、
日が暮れゆく閉館後の館内を
学芸員と一緒にめぐります。

f0168873_14262664.jpg



このイベントに参加した方の特典は、

1 旧西田川郡役所で時計等からまちを見てみよう!
f0168873_14372343.jpg


2 御隠殿で昔のかぶとをかぶってみよう!
f0168873_14372755.jpg


3 真っ暗な多層民家で昔のあかりで過ごしてみよう!
f0168873_14263670.jpg


そして最後に参加賞のプレゼント☆


今回は7組20名の方から参加いただきました。

内陸からわざわざ来てくださったり、
2回目のリピーター参加してくださったり、
お母さんお父さん、おばあちゃんも一緒に
楽しんでいただけたようでした。
[PR]
by ChidoMuseum | 2010-08-04 14:28 | Comments(0)

庄内ゆかりの作家たち

Twitterをはじめてから、
ついつい致道ブログをサボりがちになってしまいました。

8月にはいり、きのうから
「庄内ゆかりの作家たち」展がはじまりました。

文学展の難しさを実感する
長時間にわたる展示作業でしたが、
無事初日を迎えることができ、ホッとしています。

といいつつも、担当のH学芸員は、
展示の手直しに休む暇もありません。

「展示は日々進化し続ける」のです。


さてさて、
この展覧会では。
庄内出身・ゆかりの明治から現代までの
作家・俳人・詩人・児童文学作家など15名を、
分野ごとに、著書・原稿・遺品などとともに
紹介しています。

Ⅰ、小説
■高山 樗牛(たかやま ちょぎゅう)
■田沢 稲舟(たざわ いなぶね)
■横光 利一(よこみつ りいち)
■森 敦 (もり あつし)
■藤沢 周平(ふじさわしゅうへい)
 
Ⅱ、随筆
■阿部 次郎(あべじろう)

Ⅲ、詩歌
■三矢 重松(みつや しげまつ)
■上野 甚作(うえのじんさく)
■土屋 竹雨(つちや ちくう)
■和田 光利 (わだ あきとし)
■加藤 千晴(かとう ちはる)
■斎藤 勇(さいとう いさむ)
■茨木 のり子(いばらき のりこ)

Ⅳ、児童文学
■安倍 季雄(あべ すえお)
■赤木 由子(あかぎ ゆうこ)

f0168873_14144178.jpg


今回、資料が揃わず紹介できなかった作家もいますが、
改めてこんなに多くの作家がいたことを知り、
驚いています。

みなさんは、この中でどれくらいの名前をご存じですか?

作品を読んだことのある方はさらに少なくなることでしょう…

先日、とある高校生に同じ質問をしたら、
知っていたのは、
教科書に作品が掲載されている
詩人の茨木のりこさんただ一人だけでした。

これを機に、
庄内ゆかりの作家の作品と業績を知っていただき、
庄内の文化的風土と地域の文学史を考えていただければ
うれしいです。

なお、今週土曜日には、
土曜講座第一講として
元県立高校学校校長の春山進先生より
「庄内ゆかりの作家たち」について、
お話しをいただく予定です。

みなさまのお越しをお待ちしていますm(_ _)m


★☆庄内ゆかりの作家たち
       ―高山樗牛・横光利一・藤沢周平を中心にー☆★
会 期:8月3日(火)~8月26日(木)
開館時間:午前9時~午後5時(入館は午後 4 時30分)
会 場:致道博物館 展覧会場 
入館料:一般700円、学生380円、小中学生280円
     (常設展示、企画展、庭園などすべてご覧いただけます)
[PR]
by ChidoMuseum | 2010-08-04 14:12 | 展覧会 | Comments(0)