致道ブログ

chido1950.exblog.jp
ブログトップ

<   2010年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧

月山からの贈り物 小池均写真展

博物館のお向かいさんでもある
小池均さんの写真展が
NHKつるおかギャラリーで開催されます!

f0168873_14432067.jpg


来年、兎年御縁年を迎える月山の
移りゆく季節と静かに向き合いながら、
撮影を続けてこられたそうです。

案内ハガキには
松尾芭蕉に扮し、
首からカメラをさげ、
杖ではなく三脚を手にした均さん!

平野克巳画伯が描いたもので、
ご本人もかなりお気に入りのご様子☆

庄内映画村㈱の宇生社長は、
「近頃の小池さんの作品は、単に美しいだけではない、
風景の奥にある物語が見る人にドシンと響いてくる写真です」
と一文を寄せています。

どんな作品に出会えるか楽しみですね♪

みなさま、どうぞお出かけ下さいね!


☆★月山からの贈りもの 小池均写真展☆★
とき:平成22年11月2日(火)~14日(日)
   午前10時~午後5時(最終日は午後4時半)
ばしょ:NHKつるおかギャラリー
    (鶴岡市上畑町10-52 荘内病院向かい)
    入場無料
[PR]
by ChidoMuseum | 2010-10-14 14:45 | よその展覧会 | Comments(0)

百花繚乱☆ダリア名花展

9日からはじまった
ダリア名花展も中日を迎えました。

8月に急逝された松ヶ岡ダリア園の父・皆川渉さんは、
亡くなる当日の朝もダリアの世話をされていたそうです。

皆川さんが、雨にも負けず暑さにも負けず、
大切に大切に育てたダリアたちに加え、
皆川さんの10年来のダリア仲間の皆様、
雄和町の秋田国際ダリア園のご協力で、
130種以上のダリアが並ぶ華やかな展覧会になりました。

きっと皆川さんも天国から
笑顔で見守っていてくれることでしょう。


それにしても、どの花も美しすぎて、
どれが一番好きかなんてとても選べませんっっ

でも、せっかくなので、少しだけご紹介します☆

まずはMさんの力作から
f0168873_10535833.jpg


メロディーハーモニー
f0168873_10495713.jpg


ミセスアイリーン
f0168873_10494347.jpg


恋連
f0168873_10493094.jpg


セクシーポーズ
f0168873_10491677.jpg


ラララ
f0168873_1049279.jpg


月光美
f0168873_10485375.jpg


ウェディングマーチ
f0168873_10483529.jpg


星の花
f0168873_1048812.jpg


まるで絵みたい
f0168873_10535131.jpg


皆川さんが生み出したオリジナル品種の
「松ヶ岡プリンセス」や「小夜あねさま」も並んでいます。

みなさまのお越しをお待ちしています。

☆★第8回ダリア名花展☆★
会 期:10月9日(土)PM~10月14日(木)
開館時間:午前9時~午後5時(入館は午後 4 時30分)
会 場:致道博物館 展覧会場一階 
入館料:一般700円、学生380円、小中学生280円
     (もちろん常設展示、企画展、庭園などすべてご覧いただけます)
[PR]
by ChidoMuseum | 2010-10-12 11:07 | 展覧会 | Comments(0)

わが心に向き合う―齋藤眞成展

山形市のよし埜画廊では11日まで
「わが心に向き合う―齋藤眞成展」を開催中です。

94歳になられてもなお現役の眞成先生が
さきほどお孫さんとともにご来館されました。

久しぶりにあいかわらずステキな眞成先生に
お目にかかれてとってもうれしかったです☆

紅葉の名所真如堂に思いを馳せていたら、
京都に行きたくなっちゃいました♪
[PR]
by ChidoMuseum | 2010-10-05 16:41 | よその展覧会 | Comments(0)

お抹茶を一服どうぞ!

当館御隠殿では、お抹茶を一服差し上げています。

移りゆく秋の国指定名勝の酒井氏庭園を眺めながら、
のんびりとしたひとときをいかがですか!

季節のお菓子は毎年ご好評をいただいている「焼き栗」

栗の風味豊かな逸品。
(隠し味は召しあがってからのお楽しみ♪)

f0168873_948127.jpg



最後にお得な情報をひとつ☆

今月30・31日の東北文化の日に合わせ、
午後1時から午後3時まで、
お抹茶が500円→300円

割引サービスを行います!

みなさまのお越しをお待ちしていますm(_ _)m
[PR]
by ChidoMuseum | 2010-10-05 09:51 | 博物館のとっておき | Comments(0)

「庄内の文化財 第2部」

10月になりました!
食欲の秋、スポーツの秋、そして芸術の秋の到来です♪

当館では、10月26日まで、
致道博物館創立60周年記念特別展
「庄内の文化財 第2部」
を開催中!

5月に開催した第1部では
刀剣や仏教美術、歴史資料などを中心にご紹介しましたが、
第2部では絵画と墨蹟をご紹介します。

名刹善寶寺所蔵の重要文化財「王昭君図」(菱田春草筆)はもちろん、
当館所蔵の重要文化財「潮音堂」(無準師範筆)、
本間美術館所蔵の重要文化財「藤原定家消息」「伊勢物語」「市河文書」が
ズラリと並びます。

さらに、山形県指定文化財・酒田市指定文化財・鶴岡市文化財などが集結!

f0168873_166231.jpg



中でも日本画家の菱田春草(1874―1911)の名作中の名作
「王昭君図」
公開を待ち望んでいた方も多いのではないでしょうか?

縦が168㎝、横が370㎝という巨大な作品ですから、
力自慢の男性6人がかりで
やっと展示することができたんですよ。

この作品は、中国漢時代に漢の元帝が、
後宮の美女を匈奴の王に送ることになり、
その出発の光景を描いた図。

あきらめきった悲しげな王昭君と
別れを歎き悲しむ二人の侍女、
そしてその後ろには
様々な思いを胸にいだいた侍女たちが並んでいます。

後ろの大勢の侍女たちの
目線やしぐさをご覧いただくと
その心境が想像できるかもしれませんね。


ひとつひとつの作品を紹介したらキリがありませんが、
それではもう一点。

f0168873_16335229.jpg


明治維新の三傑と称された
西郷隆盛(1828ー1877)筆の「敬天愛人」

「天を敬い、人を愛す」

西郷の代表的な言葉としてあまりにも有名です。

戊辰戦争の戦後処理にあたった西郷を慕った、
庄内藩主・藩士たちは鹿児島を訪れ、
教えを受け、深い親交を結びました。

そういえば、
9月29日にテレビ朝日系で放送された「珍百景」でも
西郷翁と庄内の関係が取り上げられたばかり。

この作品は明治7年に
庄内藩士三矢藤太郎と赤澤源弥が
鹿児島で教えを受けた際に揮毫してもらった一幅で、
鶴岡市指定文化財になっているんです。

25点が公開される本展、自画自賛ながら
なかなか重厚で見応えがある展覧会になったと思います。

是非、ゆっくりと芸術の秋を満喫しにご来館下さいm(_ _)m


★☆★☆致道博物館創立60周年記念特別展☆★☆★
☆★「庄内の文化財 第2部絵画・墨蹟を中心に」☆★
会 期:10月1日(金)~10月26日(火)
開館時間:午前9時~午後5時(入館は午後 4 時30分)
会 場:致道博物館 展覧会場 
入館料:一般700円、学生380円、小中学生280円
     (常設展示、企画展、庭園などすべてご覧いただけます)
[PR]
by ChidoMuseum | 2010-10-03 16:45 | 展覧会 | Comments(0)