致道ブログ

chido1950.exblog.jp
ブログトップ

<   2011年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧

目黒雅叙園に山形のお雛様大集合!

山形は大雪に悩まされているなか、
東京の目黒雅叙園では一足早く、
「百段雛まつり」~山形ひな紀行Ⅱ at目黒雅叙園~
が開催されています。

昨年大好評を博したこの展覧会、
今年もかなりの見ごたえです。

先々週は雪のなか、お雛様とお雛道具の搬出を終え、
(http://www.megurogajoen.co.jp/blog/press/)
先週は会場での飾り付けに行って来ました。

昭和初期の名建築「百段階段」の7つのお部屋は、
当時の屈指の作家の手によるもの。

どこもかなり個性的なのですが、
そんなきらびやかなお部屋にも、
お雛様たちは負けてません。

素晴らしい存在感!!

酒井家と致道博物館のお雛さまたちが飾られているのは、
「静水の間」


7つのお部屋の中でも比較的落ち着いた佇まいに、
酒井家のお雛様もすっかり馴染んだ様子です。

f0168873_14472983.jpg

f0168873_14463243.jpg


とっても繊細な細工の小さな小さなお雛道具も、
金屏風の前にズラリと勢揃い!
f0168873_14472536.jpg


鶴岡のお雛菓子も注目の的☆
f0168873_14472068.jpg


さて、最後に他のお部屋もちょっぴりご紹介。
漁樵の間=大庄屋 柏倉九左エ門家のお雛さま(中山町)
草丘の間=日本三大つるし飾り(酒田市・静岡県稲取町・福岡県柳川市)
星光の間=老舗 小野太右衛門家のお雛さま(酒田市)
清方の間=名品が揃う谷地の大型享保雛(河北町)
頂上の間=名刹 慈恩寺 梅本坊 菅家の所蔵品(寒河江市)

是非足をお運びいただき、
この静閑で優雅なひとときをお過ごし下さい!

*なお、3月1日より当館にて「鶴岡雛物語」を開催するため、
 目黒雅叙園での展示は
 2月10日までの限定になっていますので、
 くれぐれもご注意下さい!

☆★「百段雛まつり」~山形ひな紀行Ⅱ at目黒雅叙園~☆★
会 期:1月28日(金)~3月3日(木)
開館時間:午前10時~午後6時(入館は午後 5 時30分)
会 場:目黒雅叙園内 百段階段
     〒153-0064 東京都目黒区下目黒1-8-1
     03-3491-4111(大代表)
入館料:当日1,500円/前売1,200円 (税込) 
     ※小学生以下無料
 
[PR]
by ChidoMuseum | 2011-02-01 15:11 | Comments(2)

「古絵図の楽しみ-出羽一国之図を中心に-」

新年初のブログですが、
早いもので今日からすでに2月。

2011年も致道博物館を
どうぞ宜しくお願いいたしますm(_ _)m

今日2月1日といえば
黒川能王祇祭の日でもあります。

庄内はやっぱり今年も
黒川能日和の日になりました。



さて、当館では1月22日から
「古絵図の楽しみ-出羽一国之図を中心に-を開催中。

江戸時代に制作された古絵図には、
山の形状や川の流れ、海岸の岩場の様子など絵画的に描かれ、
また距離などデータが記載されているものが数多くあります。

f0168873_145345.jpg



何といっても見どころは
江戸前期に描かれた
会場いっぱいに広げられた、
畳約34畳もある大きな大きな
「出羽一国之絵図」(江戸時代前期、正保年間1644~47年)。

f0168873_1452982.jpg


江戸幕府は慶長・寛永・正保・元禄・天保年間に
大名に国を描いた国絵図の作成を命じました。

各時期の国絵図は幕府の示した基準によって作られ、
それをもとに日本図が作成されています。

この国絵図と日本図は将軍に献上され、
幕府官庫紅葉山文庫に収蔵され、国土基本図になります。

正保元年発令の「正保国絵図」では詳しい作成基準を示し、
図を「1里6寸」(1/600)にしたことは画期的でした。

荘内藩でも正保では領国庄内3郡絵図、
元禄・天保では領国庄内2郡絵図を作り、まとめて提出しました。

そして絵図元の秋田藩が出羽国分を一括し、
出羽一国絵図を作成し、幕府に提出しました。

この当館所蔵の県有形文化財「出羽一国之絵図」は
その正保国絵図の写しといわれています。

あまりにも大きすぎて見づらいので、
会場では双眼鏡もご用意しています(^^)



また、「江戸絵図」は江戸城を中心に描かれたもので、
江戸城を中心とした江戸の町の様子が目に浮かぶようです。

f0168873_145186.jpg


庄内藩の江戸屋敷があったところには
「酒井左衛門」と明記されていますので、
矢印のところにご注目下さいね!

ほんの一部をご紹介しましたが、
この他にも、日本絵図や世界絵図・城下絵図・河川絵図など、
約30点を公開しています。

江戸時代の人たちが、
どうやってこの絵図を描いたんだろう?
なんて考えながら、
現代と比べながら
見てみるのもおもしろいかもしれません。

みなさまのお越しをお待ちしていますm(_ _)m


☆★「古絵図の楽しみ-出羽一国之図を中心に-」☆★
会 期:1月22日(土)~2月21日(月)
開館時間:午前9時~午後5時(入館は午後 4 時30分)
会 場:致道博物館 展覧会場
     http://www7.ocn.ne.jp/~chido/
入館料:一般700円、学生380円、小中学生280円
     (もちろん常設展示、企画展、庭園などすべてご覧いただけます)
[PR]
by ChidoMuseum | 2011-02-01 14:33 | 展覧会 | Comments(0)