致道ブログ

chido1950.exblog.jp
ブログトップ

<   2013年 09月 ( 9 )   > この月の画像一覧

映画「おしん」が中国・第22回金鶏百花映画祭で国際映画部門最優秀作品賞受賞

 庄内映画村宇生雅明社長よりうれしいメッセージをいただきましたのでご紹介します。
国際映画部門最優秀賞受賞おめでとうございます。

東映報道用リリース原稿に若干手を加えましたが問題ない原稿なのでそのまま掲載します。国際上の関係で中国にある1万スクリーンでは、今日本の映画の上映がない中での受賞は意義が深いと思います。香港では10月19日から上映します。

 日本人の心、生き方に中国人も感動、涙、大絶賛!!
 テレビ放送60年の歴史において62.9%の最高視聴率記録を誇り、日本中に「おしん」ブームを巻き起こし、世代を越え、国境を越えて世界中の人々の心に深く刻まれている不朽の名作「おしん」。
この橋田壽賀子原作・国民的ドラマ「おしん」の中でも特に人気の高い少女時代に焦点を当てた映画「おしん」が、中国本土最大の映画祭、第22回「金鶏百花映画祭」の国際映画部門最優秀作品賞を受賞! 当部門では08年「おくりびと」が作品賞を受賞。今回の「おしん」はそれを超える最優秀作品賞受賞という日本映画初の快挙です!
 世界68の国と地域で放送されているTVドラマ版「おしん」は中国でも絶大な支持を集めており、日本で最初に放送された翌年の1985年3月から「阿信」(アーシン)として中国語の吹き替えで放送。北京での視聴率は、本国である日本をも上回る脅威の75.9%を記録(NHKアーカイブスより)しています。
 そんな中国でも社会現象を巻き起こした「おしん」の映画化、さらにflumpoolと共に今回の映画主題歌を歌い上げるのは中華圏で凄まじい人気を誇っているMaydayとあって、中国の方々からの事前の注目度も非常に高い中の上映となりました。上映終了後にはご覧頂いた方々から絶賛の嵐!多くの方が感動し、涙を流して下さいました。本作が描く日本人の心や生き方などが映画「おしん」を通して、中国の方々にもしっかり伝わった瞬間でした。
 そして、9月27日に洪山国際影城三号庁(THIRD HALL OF HONGS HAN INTERNATIONAL CINEMA)で行われた授賞式には冨樫森監督が出席。最優秀作品賞が発表されると「30年前、中国でも非常に話題をさらったあの”阿信”が映画になって帰ってきました!」と司会者も大興奮!!客席から拍手喝采のなか冨樫監督は笑顔で壇上へ登壇!!トロフィーを受け取りました!!
 なお、アジア各国をはじめ海外セールスも進行中である映画「おしん」は、当映画祭が初の海外上映。世代を越え、国境を越えてきた「おしん」に相応しく、”新生おしん”が華々しい快挙で世界進出の第一歩を飾りました!
≪金鶏百花映画祭について≫
中国版アカデミー賞としても知られ、中国の映画業界関係者、製作者、そして一般の人々からの投票も含め大賞を決定。参加者約4万人規模という中国本土最大の映画祭である金鶏百花映画祭。邦画では08年「おくりびと」が作品賞、監督賞、主演の本木雅弘が男優賞を受賞。10年「孤高のメス」が外国映画部門優秀賞を受賞。今回の「おしん」は、「おくりびと」を超える最優秀作品賞に輝き、日本映画としては初の受賞。
≪冨樫森監督(鶴岡市出身) コメント≫ 
 「苦労を共にした全てのキャストとスタッフと一緒にこの映えある賞をいただきたいと思います。あの極寒の山形で、親もとを離れて一人で頑張った濱田ここね、この賞はあなたのものです。
 あなた無くして、この映画はできなかった。」

10月12日から全国ロードショ-。
是非みなさまご覧ください。
f0168873_15284443.jpg

[PR]
by ChidoMuseum | 2013-09-30 08:13 | あれこれメディア情報 | Comments(0)

山下さん送別会

10月25日酒田から通って1年半お手伝いいただいた山下さんが退職、その送別会が旧鶴岡警察署庁舎でおこなわれました。
余興で石塚事務局長からクイズ形式で問題がだされ、大変楽しい送別会となりました。今年中に山下さんにあかちゃんが誕生、おめでたい送別会となったわけです。いろいろありがとうございました。
元気なあかちゃん、女の子か男の子かカケをしている人がいるとか、楽しみですね。
f0168873_0123230.jpg

[PR]
by ChidoMuseum | 2013-09-26 18:58 | Comments(0)

水村喜一郎美術館

 長野県東御市本海野に東京都墨田区出身の水村喜一郎さんの美術館が開館したことは先日のブログに載せました。
 6月6日、車で長野にいく機会があり、水村さんに開館時間地理的なことなど前もって聞いて水村美術館に行ってきました。千曲川河畔にあり隣に農村公園があります。始め「農」の字が「水」にみえて?えっ、水村公園。
f0168873_17301778.jpg

また近くに観光名所 海野宿があり大変いい環境です。写真下は海野宿。
f0168873_0322872.jpg

梅野記念絵画館で作品展を開いたころから、同館倉沢さんたちにすすめられて応援をうけて開館したそうです。白い壁面に、ライテングは外光も少しとりいれて、絵画の表情もやわらかな感じがしました。館内には小学生の時から高校時代まで描いた作品と新作ふくめ小品からM120号まで61点が展示されていました。館長には息子さんが専任で就任してがんばっています。下の写真は水村喜一郎画伯と水村館長さん。
f0168873_17291378.jpg

水村さんは主体美術会会員、口と足で描く芸術家協会会員、日本美術家連盟会員。小学2年の時に高圧電線にふれ両腕を失ないました。強い志をもち画家として大活躍しています。
是非おでかけください。開館は10時から午後5時、月曜休館、入館料400円

水村さんからお知らせで8月にご静養中の天皇皇后両陛下がいらっしゃるとうかがいました。すごいですね。
そしてそのときのことが「感動芸術秘話」として週間女性に9月24日号に記事が掲載されました。
最後に美智子皇后さまが澄んだお優しいお声で「また、お会いしましょう」。
 最後のおことばが、すごく印象的でした。
f0168873_0501683.jpg
f0168873_049391.jpg
[PR]
by ChidoMuseum | 2013-09-24 17:36 | あれこれメディア情報 | Comments(0)

ギャラリートーク「金峯山神社の歴史と文化」

 9月15日午後2時から「金峯山神社の歴史と文化」の企画展示会場で展示を担当した菅原義勝がギャラリートークをおこないました。聴講約25名。
 金峯山は鳥海山、出羽三山に抱かれた庄内平野、日本海に浮く飛島を見遙かすことができ、この見事な眺望から国名勝を昭和16年4月指定されています。また庄内海浜自然公園にも含まれ、日本海航路目標林にもなっています。市民から親しまれているお山ですが、意外と歴史と文化はしられてないように思います。
 この企画展覧会でもっともっと金峯山の歴史と文化を知っていただく一助となれば幸いです。
f0168873_17345676.jpg

[PR]
by ChidoMuseum | 2013-09-16 16:38 | 講座・教室 | Comments(0)

出羽庄内の文化・文化財シンポジューム

 9月15日出羽庄内の文化・文化財シンポジュームが酒田市の東北公益文科大学で開催されました。午前9時30分開会、杉沢比山、松山能、「出羽曼荼羅図絵」(岡野弘幹さん音楽と森繁哉さん、阿部俊勝さん舞踏の協奏)、午後からは、山折哲雄さん、田中優子さん、佐高 信さん、前出の岡野さん森さんにご参加いただき、コーデネイターは渡部泰山さん、そして山五十川歌舞伎、黒川能など公演がありました。文化庁の補助事業で公益信託鶴岡創造基金、鶴岡信用金庫、庄内広域行政組合さまからご協賛いただき、去年に引き続き2回目、今年は客席も満席で盛会裡にここなわれました。
[PR]
by ChidoMuseum | 2013-09-16 12:38 | あれこれメディア情報 | Comments(0)

下山添八幡神社の例祭

9月15日806年創建と伝えられる鶴岡市下山添八幡神社の例大祭が行われました。女児3人の倭舞、宮くねり3回、舞台のうえで、天狗舞、獅子舞が披露され、その後、参道で矢を射ず馬と若衆が参道を駆け抜ける形でつたえられている流鏑馬がおこなわれました。その流鏑馬は戦国武将最上義光が同社に石高を与えるなどその頃からおこなわれてきたとつたえられてきました。2011年から冨樫初さんが自分の馬を御して、先に若衆7名がわーと大声を上げ先頭に走り抜けると、続いて馬が駆け抜けました。これを3回おこないましたが、馬より先に走ることは大変なこととおもいました。あとで冨樫さんに馬の名はときいたら「ダイアナ」だそうです。境内には露店あり、土俵では子供相撲大会が行われ祭り盛り上がっていました。
馬より先に走り抜ける若衆
f0168873_046565.jpg

流鏑馬
f0168873_047927.jpg

天狗舞
f0168873_0472790.jpg

獅子舞
f0168873_0505079.jpg

[PR]
by ChidoMuseum | 2013-09-15 21:43 | 庄内のイベント情報 | Comments(0)

麻生哲郎ギャラリーセミナー

いま鶴岡市出身の画家麻生哲郎さんの第7回旅のスケッチ展ーパリ を松ヶ岡のギャラリーで開催されています。おしゃれなタッチでフランス・パリの華やかな歴史的な町並みの風景を描がいた新作約40点が人気を集めています。
f0168873_0224322.jpg

9月14日午後に麻生哲郎さんのギャラリーセミナー「私のパリ一番」を開催。自分の感性を通じて旅の風景を報告、各作品を旅のエピソードを披露しつつ解説されました。料理研究家の奥様 麻生鈴子さんも料理のお話しをまじえながらフランスパンのサンドイッチなど提供、約30名の参加者も喜こんでいただきました。作品展は23日まで。
f0168873_0245327.jpg

[PR]
by ChidoMuseum | 2013-09-15 13:55 | 松ヶ岡 | Comments(0)

土曜講座 「田中万春」

9月7日午後2時から旧鶴岡警察署庁舎で土曜講座「田中万春」について前田光彦先生よりお話ししていただきました。
f0168873_130339.jpg

f0168873_1311943.jpg

鶴岡市大山の人、若い頃から学問を好み、和・漢・洋の学に通じて、天文・暦法・地理・算術等万般に及びました。渡辺崋山・高野長英と親交あり、また本居宣長の国学を研究しました。前田先生からその万春の一生を伺い郷土の偉人に思いをはせました。
[PR]
by ChidoMuseum | 2013-09-07 20:17 | 講座・教室 | Comments(0)

阿部亀治

 
「ササニシキ」や「コシヒカリ」の祖先として有名な水稲品種「亀ノ尾」を生んだ阿部亀治翁の偉業を讃え 毎年9月5日におこなわれる顕彰祭にいってきました。熊谷神社に詣でそして八幡神社記念碑の碑前祭、直会、最後に阿部家にいって解散という日程だそうです。水害の時、提供された亀の尾をうえている鹿児島県曽於市のご一行もみえてにぎやかなお祭となりました。
f0168873_1172017.jpg

(上写真は亀の尾の田。倒伏しやすいが近頃のコンバインは優秀で刈り取れる。)
明治26年(1893年)、亀治が26歳のとき、この年、山形県の稲作は不良で、稲の倒れた状態があちらこちらで見られました。庄内町肝煎中村(旧立谷沢村)にある熊谷神社にお参りに行った亀治は、冷害でほとんどの稲が被害を受けている中で、1株から元気に実を結んだ3本の稲穂いなほを発見、亀治は、この3本の稲穂をゆずってもらい、この籾もみを原種として4年をかけて研究に研究を重ね、新しい品種「亀ノ尾」が 明治30年(1897年)に誕生しました。この「亀の尾」は酒造米として有名ですが、この品種がなかったら、「ササニシキ」「コシヒカリ」はうまれません。それほど「亀の尾」は特筆すべき重要な品種です。
f0168873_1361312.jpg

顕彰碑は9月5日阿部亀治山形県庄内町小出新田・八幡神社の境内にあり、亀治が昭和2年に藍綬褒章を受章した際、記念として建立されました。表題横井時敬農学博士、陰文は黒崎馨研堂筆。
[PR]
by ChidoMuseum | 2013-09-06 15:27 | あれこれメディア情報 | Comments(0)