致道ブログ

chido1950.exblog.jp
ブログトップ

<   2014年 06月 ( 8 )   > この月の画像一覧

九州の原一洋さまからのお手紙

 九州の原さまから達筆なお手紙をいただきました。そして「初めて知る秘話です。名将言行録同封いたします。」と名将言行録に付箋してお送りいただきましたのでご紹介します。ありがとうございました。

 徳川秀忠、初めて秀吉へ謁見の時、松平長丸と披露す。
 秀吉、長丸は家康公の御子に不似合とて、武蔵守に為し、名乗りは秀の字を進ぜらる。
 今一字は家の字なりとも、康の字なりとも然るべくとありしかば、家康、其忝を謝し、さらば長丸は、酒井左衛門尉子分に致置候間、忠次の一字を取て、秀忠とは如何之あるべくやと言われければ、秀吉、大に喜び、左衛門尉義は隠れなき者なり、武勇にあやからるる為に、一段然るべしと言われしとぞ。
 忠次、知勇絶倫、家康に仕えて開国の元老たり。清康の妹に配し、親昵(しんしゅう・日ヘンではなく口ヘン)尤も渥(あつ)かりし、且つ軍国の事は悉く忠次に任せられけり。(名将言行録巻の四十九の中の一部抄録)

『名将言行録』(めいしょうげんこうろく)は、戦国時代の武将から江戸時代中期の大名までの192名の言動を浮き彫りにした人物列伝で、幕末の館林藩士・岡谷繁実が1854年(安政元年)から1869年(明治2年)までの15年の歳月をかけて完成させた。全70巻と補遺からなり、主に武田信玄、上杉謙信、織田信長、明智光秀、豊臣秀吉、伊達政宗、徳川家康などの天下を競った戦国大名から、森長可といった安土桃山時代の戦国武将、江戸時代の譜代大名で老中を務めた戸田忠昌、赤穂浪士の討ち入りを指揮した大石良雄など、多くの時代の人物について、その人物の言行、逸話を記録している。(ウィキペデアより)
f0168873_21125872.jpg

写真上:現在のDCキャンペーン特別展「国宝太刀信房作と国宝太刀真光」展で展示中の「徳川16将図 狩野秀信筆」、忠次(徳川四天王)は中央家康公の下、左最上方に描かれている。
[PR]
by ChidoMuseum | 2014-06-25 10:09 | あれこれメディア情報 | Comments(0)

茨木のり子展 於世田谷文学館 

  6月29日まで「茨木のり子」展が東京・世田谷文学館で開催されていると6月22日付朝日新聞天声人語で知りました。残念!行けません。期日は迫っておりますが、お勧めとご案内を申し上げます。

 「現代詩の長女と呼ばれた人は、その通りに戦後の女性詩人の先頭を歩み続けた。東京の世田谷文学館で開かれている茨木のり子展(29日まで)を訪ねて、戦時の体験に裏打ちされた平和への意志に触れる心地がした」という文で始まっています。
  茨木さんは、鶴岡に縁があり、甥にあたる先輩が学生時代は茨木さんに下宿していた話をきいていましたし、当館でも茨城のり子展を開催しこともあり、身近に感じます。鶴岡市の加茂のお寺に茨木さんのお墓があり、内外の多くのファンがお参りに訪れているそうです。ユーモアと強いメッセージ性がかんじられる詩句に国内はもちろん外国にも多くのファンがおります。

[笑う能力] 茨木のり子

「先生お元気ですか
我が家の姉もそろそろ色づいてまいりました」
他家の姉が色づいたとて知ったことか
手紙を受けとった教授は
柿の書き間違いと気づくまで何秒くらいかかったか
 
中略・・・・・

山笑う
という日本語もいい
春の微笑を通りすぎ
山よ 新緑どよもして
大いに笑え!

気がつけば いつのまにか
我が膝までが笑うようになっていた
(「笑う能力」の始めと最後を紹介しました。全詩は、茨木のり子詩集「寄りかからず」をごらんください。)

 世田谷文学館というと思い出すのは、藤沢周平展が行われたときのことです。京都の真如堂の齋藤真成先生のところで俳優渥美國泰さんとお会いしました。私は帰りに東京の世田谷文学館によって藤沢周平展を見にいくとお話ししたら、渥美さんは、自宅の近くだから、じゃそこで待ち合わせして一緒に行こうということになりました。待ち合わせて拝見しましたが、藤沢周平展は満員、大勢の人、人、人、渥美さんはこんなに人が多い世田谷文学館をみるのは初めてと驚いておりました。「珈琲でも」となり、その店を探すのに苦労して文学館は人がいっぱい、近くのところもだめ、結局二人でとことこ歩いて、最寄り駅近くの喫茶店でやっとおちつき歓談したという思い出があります。それにしても鶴岡市出身の藤沢周平さんの人気はすごいと改めて感心しました。
 先週たまたまテレビで一番謝りたい人という番組をしていて、俳優石田純一さんが劇団が2つに分かれたときに、ついていけなかったことを渥美國泰さんに謝りたい、渥美さんの友人は、彼はそんなことは思っていなく石田さんの活躍を喜んでいると述べているのをみました。今は亡き渥美さん、当館や松ヶ岡にこられたり、渥美さんのコレクション展を当館でも開催し、その借用にアクト青山に伺ったり、お人柄を懐かしく思い出します。
f0168873_825186.jpg

写真上:松ヶ岡のかすみ桜と桃畑で、齋藤真成先生と渥美さん
鶴岡市立藤沢周平記念館では常設展のほか、企画展「風の果ての世界展」、そして当館「国宝太刀銘信房作と太刀銘真光」展が開催中です。是非みなさまのご来館をお待ちいたしております。
[PR]
by ChidoMuseum | 2014-06-22 18:54 | あれこれメディア情報 | Comments(0)

長篠合戦の旗、合戦絵図

「国宝太刀信房作と国宝太刀銘真光」展には、長篠合戦絵図(陣立図)、瓢箪抜忍轡や長篠合戦使用旗なども展示されています。
長篠合戦は武田勝頼と織田信長との戦いです。
奥平貞能、信晶父子は武田に属していたが、天正元年6月武田に背き、徳川に降りました。
家康は奥平父子に長篠城を守らせましたが、武田は奥平の謀反を憤り、激しくせめたてました。
家康は信長の加勢とともに武田と対峙します。
5月20日夜信長の本陣極楽寺山に家康はじめ柴田勝家、佐久間信盛など諸将残らず集まり、軍評定がおこなわれました。家康は「我が家人酒井忠次を召し了見をお尋ねください」と述べ、信長「尤なり」と直ちに忠次を呼び尋ねました。忠次は「勝頼、有海原へ打ちいでた上は、歩兵をもって大野川を上り、鳶巣山における勝頼が附城の留守を乗っ取るにおいては、長篠城の兵は勢いを得て、勝頼の士卒は戦気を失うことになるでしょう」。これはあらかじめ家康が忠次の意見を聞いてそれを信長の面前で披露させたことでした。
しかし、それを聞くと、信長は、呵々と打ち笑い、「いかに酒井、さような忍び取り、かまり(忍びの斥候)の業はその方が参州で百騎2百騎の競り合いになすことである。武田との合戦においては、そのような小策は存じよらない事である、酒井が三河にての軍の勝手をだしたことである」と大勢の面前で嘲笑したので、さすがの忠次も赤面してその場から退ぞきました。
f0168873_235239100.jpg

軍評定が終わってから、信長は家康を招き、忠次を呼ばせました。「さすが家康の片腕と頼まるるは尤もなり。諸人列座ゆえ、はばかっての態、夜討ちは敵が知ってはならないものなり」と信長は忠次にのべました。そして「忠次、その方が先手つかまつるべし」と命じ、「今夜は信長自ら向かいたいものを、あたら手柄を忠次からとられたり」と信長は戯れてのべ、検使として金森長近、青山新七郎、佐藤方秀、加藤市左衛門など、鉄砲500挺を添えて遣わしました。この時当座の褒美として信長は秘蔵の瓢箪抜忍轡を手ずから与えたといわれています(岩淵夜話・織田軍記・四戦記・本朝三国志)。忠次は家次とともに、家康からも加勢が遣わされ、その勢合わせて3千騎、5月20日の戌の刻に出発しました。忠次の鳶巣山奇襲作戦により長篠合戦に勝利に導きました。
その後、家康の命をうけて酒井忠次と奥平信晶が岐阜に行った時信長が厚く接待し「長篠の全勝は信晶が武略をもって猛敵を防ぎ堅固の籠城を続けたると忠次が鳶巣山夜討の計略に因ってなり」と、信晶と忠次に品が授けられました。その時の一つが織田家の家紋がはいった革陣羽織といわれております(武徳編年集成)。
この時の長篠合戦の陣立図や旗、その当座の褒美として信長から拝領した瓢箪抜忍轡、革陣羽織などが展示されております。
f0168873_235318100.jpg

[PR]
by ChidoMuseum | 2014-06-19 18:32 | 博物館のとっておき | Comments(1)

山形デステネーションキャンペーン特別展「国宝太刀銘信房作と国宝太刀銘真光」、記念すべき特別展です。

6月14日から7月17日まで山形デステネーションキャンペーンを記念して当館では特別展「国宝太刀銘信房作と国宝太刀銘真光」を開催しております。当館でもなかなか一堂に展覧したことがない国宝・文化財など充実した豪華な展覧会となっています。是非皆様のご来館をお待ち申し上げております。
f0168873_21124736.jpg

 国宝太刀銘信房作&金梨子地葵紋散糸巻太刀拵・国宝太刀銘銘真光&金梨地糸巻太刀拵・重要文化財 短刀銘吉光(名物信濃藤四郎)・太刀銘光(鑿長光)・槍銘三条吉広(号瓶通し)・ 県指定文化財朱塗色々 威二枚胴具足・紺糸威二枚胴具足・重要文化財総覆輪三二間阿古陀形兜・革陣羽 織・黒塗軍配団扇・瓢 箪抜忍轡・交椅・長篠合戦使用旗・長篠合戦絵図2舗・ 県指定文化財正保庄内絵図・県文化財献軸最上川 谷地押切渡より柏沢迄絵図・
f0168873_20432725.jpg

写真の正保庄内絵図は、距離や地形の特徴などの情報が書き込まれ、波や山などの姿などうまく描いている458cm×218cmの正保年間(江戸時代1645~1647)の絵図
重要文化財「潮音堂」無準筆・県指定文化財「敬天愛人」西郷隆盛筆・「薔薇香処」副島種臣筆・
県文化財「思無邪」後水尾天皇御宸翰・「白衣観音図」狩野探幽筆・重要美術品荻生徂徠答問書・
県文化財致道館祭器・漢籍版木・県文化財絹本著色聖賢像・ 重要有形民俗文化財 「庄内のバンドリコレション」・同「庄内の木製酒器コレクション」、同「庄内の仕事着コ レクション」等
ごゆっくりご清鑑くださるようお願い申し上げます。
[PR]
by ChidoMuseum | 2014-06-14 17:19 | 博物館のとっておき | Comments(0)

倉 秀人さまからのお手紙

 倉秀人さまからお手紙と「徳の交わり」西郷隆盛と菅實秀 魂のふれ合い・付西郷どんこぼれ話」をお贈りいただきました。子供さん向けにわかりやすく漫画化したものです。
f0168873_11252913.jpg

「木木の緑も深まり、早くも真夏日を記録する暑さが到来しましたが、恙なくお過ごしでしょうか。
私が最初に鶴岡と酒田を訪れたのは平成22年8月の夏の真っ盛りで、2回目の訪問が昨年9月でしたが、おかげさまで菅實秀翁と西郷さんとの交遊を描いた「徳の交わり」が漸く完成し、鹿児島の小中生への配布が始まろうとしています。2回の取材の節には山形の皆様には大変お世話になりまことに有難うございます。また22年の南洲神社参拝取材の折には酷暑にも拘わらず、今は亡き小野寺時雄理事長自らが、書庫内も懇切丁寧に御案内下さったり、西郷さんゆかりの品々をご披露くださり、その内容の充実ぶりと、歴代の「庄内南洲会」の皆様の、西郷さんに対する篤い御心に接して、「鹿児島を凌駕している!」と驚いたことを懐かしく思い出します。あらためて皆々様に心より御礼申しあげます。
 実は、今回の「徳の交わり」を製作するに当たって、私が納得しかねることがひとつありました。
それは、臥牛翁と対座している西郷さんが「腕組み」をしていることで、幼い頃からたくさんの西郷さん関連の書物を読みあさってきた私なりの西郷さん像では、西郷さんは、たとえ相手が年若であっても、またどんな職業・立場の人であろうが、腕組みをしたままの無礼な態度で応対するとは到底考えられません。現に勝海舟は「氷川清話」において、「西郷は、幕府軍を追い詰めた官軍の総参謀であるにもかかわらず、勝利者としての驕りは寸分も無く、ましてや権威を振りかざすこともなく、私との対座の間、ずうっと、拳を膝に置いていた。まことに謙虚で、見上げた男振りであった」と云っています。西郷さんも、きっと「後世の連中が心ない仕草にしてしまって申し訳なか・・・」とお詫びしておられるに違いありませんので、どうかお許しください。私も、臥牛翁ゆかりの方々や山形の人たちに対して誠に申し訳ない気持ちを抱きつつ、差し込みの「西郷どん こぼれ話」を編集させていただきました。
 なにはともあれ、漫画「徳の交わり」で子供たちが、学校では教えないであろう歴史の一コマを知り、ふるさとである山形や鹿児島を愛する気持ちを持ってくれたら有り難いことです。
 私は、いつの日か、昭和17年のスラバヤ沖海戦において撃沈されていた英国駆逐鑑「エンカウンター」の乗組員全員を危険を顧みず救助した山形出身の工藤俊作館長を主人公にした漫画を出版したいと念願していますので勉強してみます。
 梅雨入り間近の天候不順な折柄、くれぐれも、ご自愛専一にお過ごしくださいますように。再見を楽しみにしております。」
ご丁重なお手紙をありがとうございました。「徳の交わり」「西郷どんこぼれ話」は、鹿児島県教育委員会が企画、鹿児島市森博幸市長さまが、「この漫画教材を手にした皆さんには西郷と菅の交わりにふれることで、真の友情とは何か、それはどのようにしてはぐくむことができるのか、考えたり話し合ったりする中で郷土の優れた先人たちのものの見方や考え方を学んでいただきたいと思います。そして鹿児島はもとより日本や世界のために役立つ人に成長されることを期待しています」というメッセージをおくられました。
 当館では、「徳の交わり」48頁 付「西郷どんこぼれ話」10頁を、定価500円税別で頒布致します。ご希望の方は当館まで。
[PR]
by ChidoMuseum | 2014-06-08 11:28 | あれこれメディア情報 | Comments(0)

ワークショップ新「顔とこころ~笑顔を墨と筆で描く」

 今「こころの森美術館 国際版画展6月12日まで当館で開催中です。
6月7日午後1時からワークショップ 新「顔とこころ~笑顔を墨と筆で描く」がおこなわれました。
2回目は15名が参加しました。
f0168873_0331366.jpg

幻 一先生から簡単な描き方をきいて、参加した方々が顔を描きます。
f0168873_0354554.jpg

「明」とか「笑」とか漢字1字の課題にみなさまが描く顔は、なかなかの力作で、それぞれ表情が違っていました。
皆様、ご自分の作品を見て、笑顔でお持ち帰りになりました。
[PR]
by ChidoMuseum | 2014-06-07 17:09 | 博物館のとっておき | Comments(0)

旧警察署修復現場を見る

 旧鶴岡警察署修復工事が進んでいます。架設し屋根をかけ本格的に解体工事がすすんでおります。その現場をみました。架設の階段で、屋根がかけらているところまで上がりました。高さは20メートル天気もよく眺めは抜群、旧西田川郡役所が小さくみえました。中は壁土もとられ、天井もはずされ、それぞれの部材に番号がふられ、現場を検証しながらの根気のいる作業がつづいております。
f0168873_20545076.jpg
屋根と金峯山母狩山望む
f0168873_20552939.jpg
月山を望む
f0168873_20554778.jpg
旧西田川郡役所を望む
f0168873_20561278.jpg
屋根と金峯山母狩山望む
f0168873_20564233.jpg
警察署屋根の上に屋根
f0168873_2057551.jpg
架設の上で
f0168873_20572352.jpg
壁面がなくなっている
f0168873_20574183.jpg
2階の天井もなく
なお重要文化財旧鶴岡警察署庁舎の修復のため寄付金を募集しております。
随時承け賜っております。詳しくはHP 修復寄付金募集をご覧ください。
よろしくご協力のほどお願い申し上げます。
[PR]
by ChidoMuseum | 2014-06-03 18:28 | 博物館のとっておき | Comments(0)

茶つみお茶つくり

 6月1日2日松ヶ岡での茶つみ、そしてその後ほうじ茶、緑茶、紅茶つくり。
埼玉からお茶の博物館として著名な入間博物館の黒澤館長さん、双木さん、工藤さんはじめ9名が来松、地元からも子供さんやお茶ファンが参加し、松ヶ岡、埼玉茶業の共同試験圃場でのお茶つみから手もみでお茶つくりをおこないました。
明治時代西郷隆盛から命名された茶名もある松ヶ岡のお茶作り。
静岡から技術指導者を招聘、当時北限は村上市といわれていたため残念ながら産業化できませんでした。
その指導者は、その名も、遠州といわれた静岡にちなみ、遠州屋さんとして、お菓子屋さんに転身し、そのお茶の歴史が今につたえられています
f0168873_22111213.jpg

うーろん茶やほうじ茶、緑茶、また新茶でその場で飲んだ紅茶、ひと味もふた味も違っておいしくいただきました。
f0168873_22114073.jpg

f0168873_22121110.jpg

まだ実験的段階ですが、今後の松ヶ岡茶に期待したいと思います。
[PR]
by ChidoMuseum | 2014-06-01 17:37 | 松ヶ岡 | Comments(0)