致道ブログ

chido1950.exblog.jp
ブログトップ

<   2017年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧

姉様人形教室受講生作品展始まる

10月28日より10月30日まで平成29年度庄内姉様人形教室受講生作品展示会が開催されています。江戸時代よりの歴史を誇る姉様人形とお会いください。
全国各地の姉様も参考に展示、庄内姉様の力作をご覧ください。f0168873_00062583.jpg

f0168873_00064554.jpg


[PR]
by ChidoMuseum | 2017-10-28 00:10 | 展覧会 | Comments(0)

映画ロケ行われる

 10月26日、午後から映画クルーがはいり、夕方には総勢80名のスタッフが入り、庭園のライトの設営、その他でにぎわいました。午後6時から撮影スタート、当館の三余室(茶室)で庭園をライトアップして撮影、監督はイギリス出身のハリウッドで活躍されているベルナード・ローズ監督、当館ロケでは豊川悦司さんが出演撮影、(仮称?)サムライマラソンの上映が楽しみです。
f0168873_23451633.jpg


[PR]
by ChidoMuseum | 2017-10-26 19:15 | あれこれメディア情報 | Comments(0)

魅惑の江戸の絵画 10.14(土)~11.13(月)

江戸時代に活躍した狩野探幽・狩野常信・池大雅・谷文晁・司馬江漢・伊藤若冲・丸山応挙・与謝蕪村・喜多川歌麿・歌川豊春・酒井抱一・小池曲江・松村景文・浦上玉堂・曽我蕭白・岡本豊彦の作品を紹介します。
江戸初期に幕府の御用絵師となった狩野探幽は、江戸狩野派と呼ばれる大きな一派を形成し、幕末まで隆盛を極めました。江戸中期になると、京都画壇に写生画を創造した丸山応挙が登場し、一世を風靡します。一方中国の文人画に影響を受けて日本独自の文人画(南画)を大成した与謝蕪村や池大雅、また異色奇想な画風の伊藤若冲や曽我蕭白など、個性的な画人が登場しました。江戸後期には、当時の名所や美人など描いた浮世絵が江戸を中心に流布し、多彩な発展を遂げました。
f0168873_16350669.jpgf0168873_17021112.jpg
[PR]
by ChidoMuseum | 2017-10-14 16:33 | 展覧会 | Comments(0)

平成29年度山形県博物館連絡協議会研修会行われる。於鶴岡市 黒川能伝習館

10月12日午前10時30分より鶴岡市の黒川能伝習館で山形県博物館連絡協議会研修会行われました。博物館連絡協議会に加盟している博物館が集まり黒川能伝習館でおこなわれました。伝習館の能舞台を下げてフラットにして演台がおかれ、後ろには県文化財の能衣裳など特別展示されていました。出席者は35名、山形県博物館連絡協議会会長佐賀井仁県立博物館館長の挨拶、鶴岡市教育委員会加藤忍教育長の挨拶につづいて、「黒川能の宝・・・祭と能」と題して公益財団法人黒川能保存会上野由部業務執行理事による講演が行われました。王祇祭の構成、上座下座の競い合いや 祭食、豆腐祭、どぶろく祭り、黒川人の合力、能の起源や発展、上座250番下座250番、同じ番組なし、狂言は50番、装束は上下座合わせて500点、面は300点など、1500年には定着していたなどや暁の使者や七度半の使者のお話など黒川能の歴史や祭りのことなど大変興味深いお話しでした。その後は王祇会館、春日神社、丸岡城跡史跡公園を見学して研修会を終了しました。
f0168873_21161129.jpgf0168873_21164303.jpgf0168873_21171565.jpgf0168873_21174926.jpg
f0168873_21205634.jpg

[PR]
by ChidoMuseum | 2017-10-12 18:21 | 博物館のとっておき | Comments(0)

漸く旧鶴岡警察署外観全貌がみえてきました。

昨日から一気に足場取り外し進み、漸く重要文化財旧鶴岡警察署庁舎、外観全貌がみえてきました。
創建当初に復元ということで、検証したスカイブルーになりました。
旧警察庁舎としては日本で初めての重要文化財です。
修復時白だったので、よく「この上に白でぬるのでしょう」と聞かれます。見慣れるまで「あれ?」と感じる方もおられるかもしれません。この色なのです。
ファイ二アルも3ヶつき、新鮮に感じます。
これも皆様の暖かいご協力ご教導のたまものでございます。ありがとうございました。
まだ外構工事や壁漆喰塗りなど諸作業がのこっており、防災工事などがあり竣工は来年6月以降おこなう予定です。
f0168873_00080324.jpgf0168873_00074461.jpg
[PR]
by ChidoMuseum | 2017-10-11 17:31 | 博物館のとっておき | Comments(0)

洋画家 保泉一紅展 ~ 真・善・美・空・無・自・念~

洋画家 保泉一紅展 ~ 真・善・美・空・無・自・念~
10.6(金)から10.12(木)まで1942 年生まれ、埼玉県在住の保泉一紅展を開催しています。
美術団体「雪解会」主宰、新日本美術協会会員、白甕社会員、「若芽福」「蒼風」「金昌寺」など迫力ある作品31点を展示しています。是非ご清鑑くださいませ。
また影響をうけた三人の先生の作品今井繁三郎「聖少女」、棟方志功「山水画」、小薬流水「聖」も展示しております。f0168873_16325572.jpg


[PR]
by ChidoMuseum | 2017-10-07 17:12 | 展覧会 | Comments(0)