致道ブログ

chido1950.exblog.jp
ブログトップ

鶴岡アートフォーラム「福井県立美術館所蔵 日本画名作選」

致道博物館のご近所「鶴岡アートフォーラム」で8月17日まで開催中の
特別展覧会「福井県立美術館所蔵 日本画名作選」

福井県立美術館所蔵の近代日本画コレクションから、
日本美術院・パンリアル美術協会・横の会などで活躍した
40作家の43点を公開しています。

横山大観や菱田春草をはじめとする名だたる作家が勢揃い、
こんなチャンスはなかなかありません。

暑い夏、名画の魅力に包まれる、
おだやかで至福のひとときを過ごしてみませんか!

f0168873_1148267.jpg

☆「福井県立美術館所蔵 日本画名作展」☆
会   期=7月26日(土)~8月17日(日) 月曜休館
会   場=鶴岡アートフォーラム
        (鶴岡市馬場町13-3 TEL:0235-29-0260)
開館時間=9:30~19:00(入館は18:00まで)
観 覧 料=一般500円 高大生300円 中学生以下は無料
[PR]
# by ChidoMuseum | 2008-08-03 11:51 | よその展覧会 | Comments(0)

夏の鶴岡は楽しみいっぱい

今日はこの夏一番の暑さとの予報、海が恋しい一日になりそうです。

さて、8月はイベント月間です☆
今日は鶴岡でのおまつりやイベントをご紹介します♪

まずは 8月10日の「赤川花火大会」
今年のテーマは「to beloved~最愛の人に歓喜の瞬間を~」。
年々バージョンアップしているこの大会も18回目。
全国デザイン花火競技大会での全国屈指の花火師による技の競演も楽しみです☆
打上数は13000発、今年はどんな感動が待っているのでしょう?
この夏の思い出に、浴衣でお出かけしてみませんか♪
f0168873_10523437.jpg


そして、夏まつりといえば、「荘内大祭」
鶴ヶ岡城址の鶴岡公園では夜店が並び、8月14日の宵祭では黒川能も奉納されます。
15日には「荘内藩伝承大名行列」が練り歩き、江戸時代にタイムスリップ。
夜には荘内神社の参道での盆踊りや内川沿いでにぎわい広場・ビアガーデンも行われます。
是非おでかけ下さい♪
f0168873_10525329.jpg


昨年からはじまった「内川再発見プロジェクト」の第2幕はガラッとイメージチェンジした
「明治ノ芝居小屋カラ」
8月15日13時30分から16時までは内川沿いで舟での水上散歩や舟での音楽会、
16日13時からは魚市場で映画音楽と映画談義が楽しめます。
この場所は明治時代は「若木屋」という芝居小屋だったところ。
映画談義は、山形市出身のシネマパーソナリティー・荒井幸博さん、
鶴岡市出身の映画監督・富樫森さん、酒田市出身の活動弁士・佐々木亜希子さんなど
豪華な顔ぶれ。
内川酒房として日本バーテンダー協会庄内支部によるオリジナルカクテルも登場します!
カクテル片手に明治時代の粋にひたってみませんか♪
f0168873_105322100.jpg

(お問い合せ:東北公益文科大学大学院内 内川プロジェクト事務局 TEL:0235-29-0544)
[PR]
# by ChidoMuseum | 2008-08-03 11:19 | 庄内のイベント情報 | Comments(0)

顔・かお・カオ☆人の顔だらけ

今日から8月。

当館にも、夏休み中の子どもたちが
お父さんお母さんと一緒に訪れて、賑やかです。

こどもミュージアムめぐりもこの一ヶ月間開催中ですので、
是非是非、この機会にご家族でお越し下さいませ。

さて、明日8月2日より
「人の顔-自画像・肖像画-」展がはじまります。
f0168873_15303274.jpg

明治から現代にかけて活躍した
郷土ゆかりの洋画家20名が描く
自画像や肖像画28点を紹介します。
f0168873_15304854.jpg

人物画は、当時の時代背景が現れ、
人の内面から滲み出る風格や
人間性を感じることができる面白さがあります。

その画家がどんな人生を送ったのか、
描かれた肖像の主はどんな人だったのか、
いろんなことを思いめぐらしながら、
静かな時間をお過ごし下さい。


   ☆★人の顔-自画像・肖像画-★☆
会 期:8月 2日(土)~8月24日(日)
会 場:致道博物館 展覧会場
     (鶴岡市家中新町10-18 TEL0235-22-1199)
入館料:一般700円 学生380円 小中学生280円 
     (館内常設展示施設ならびに庭園もご見学できます)
[PR]
# by ChidoMuseum | 2008-08-01 15:34 | 展覧会 | Comments(0)

土曜講座第2講内容変更のお知らせ

 先日、当ブログにてご案内しました土曜講座第2講が、都合により内容変更となりましたので、改めてご案内します。

 8月30日は、第3講で予定しておりました犬塚幹士当館常務理事による「モリの山」を第2講として開催することとなりました。

 「モリの山」は庄内地方独特のウラ盆行事として、平成12年には文化庁の「記録作成等の措置をすべき無形の文化財」に指定され、現在、記録調査を行っています。
また、山形県が世界遺産暫定一覧表記載資産候補として文化庁提案した「最上川の文化的景観」の資産の1つとして挙げられています。
講師の犬塚常務理事は前県文化財保護審議委員として調査に携わるお一人です。
本講では、鶴岡市清水地区で8月22日から23日に行われている「モリの山」の歴史と信仰について学びます。
「モリの山」直後ですので、もしかしたら本年度の調査の最新情報も飛び出すかもしれません。

 是非多くの皆様のお越しをお待ちしております。


【致道博物館土曜講座】第2講「モリの山」
日 時:8月30日(土)午後2時~4時
会 場:致道博物館 講座室
講 師:犬塚幹士当館常務理事
     (庄内民俗学会代表幹事・前山形県文化財保護審議委員)
申込み:致道博物館 0235-22-1199
定 員:先着50名
*受講料は無料ですが、友の会会員の方以外は入館料が必要です。


 なお、第2講で予定いたしておりました山口博之先生(山形県文化遺産課企画専門員・日本考古学会会員)による「古代庄内の遺跡と水運」は、第3講として9月27日(土)に開催する予定です。
[PR]
# by ChidoMuseum | 2008-07-26 10:29 | 講座・教室 | Comments(0)

第87回 白土会展

きのう23日より31日まで開催中の
「第87回白土会展」も
毎年恒例のグループ展のひとつです。

新庄・最上・北村山地方の
洋画、版画、彫塑を主とする美術グループで、
現在会員は25名。

会名の白には”純粋と理想”を、
土には”大地に根をおろして”という意味を託し、
結成から48年にわたって、
美術振興と文化の向上に寄与しています。

齋藤茂吉文化賞受賞・新庄市文化団体会議功労賞受賞
新庄市あじさい表彰奨励賞受賞・山形県民芸術祭優秀賞受賞
文部大臣表彰・山形県民芸術祭優秀賞受賞などなど受賞多数。

油彩は130号までの大作揃い、
彫刻はしなやかなで力強く、
迫力抜群の展覧会です。

f0168873_1641887.jpg

[PR]
# by ChidoMuseum | 2008-07-24 16:41 | 展覧会 | Comments(0)