致道ブログ

chido1950.exblog.jp
ブログトップ

ただいま茅の葺き替え中!

f0168873_23204933.jpg数日前より、旧渋谷家住宅(田麦俣多層民家)の茅の葺き替えが始まりました。
毎年4分の1ずつで、今年は北東部分を行います。
雨降る今日も、葺き師さんは屋根の上。
これは冬の燻り出しとともに茅葺き屋根の民家を保存していくためには大切な作業、もう数日はかかりそうです。
[PR]
# by ChidoMuseum | 2008-07-07 09:40 | Comments(0)

白甕社会員展

毎年恒例の白甕社会員展が今日よりはじまりました♪

白甕社は1924(大正13)年に設立され、
来年創立85周年を迎える歴史ある庄内の美術団体。
会員は約150名、
庄内の美術を支える拠点として活動を続け、
県芸術祭賞・庄内文化賞・齊藤茂吉文化賞・
サントリー地域文化賞などを受賞しています。
なお7月1日の鶴岡市広報「つるおか」では、
「文化の継承 その七 白甕社」(P2~P8)として
佐藤定雄委員長・白幡進前委員長と会員2名の
座談会が掲載されていますので、
詳しくはそちらをどうぞ!

今年の展覧会はいつもとはちょっと違います!
二部構成となり、大きい作品も増えました!
洋画・日本画・水彩画・版画・彫刻など、
会員約70名の力作が勢揃い!
みなさまのお越しをお待ちしておりますm(_ _)m

    ☆★白甕社会員展★☆
第一部 7月 1日(火)~7月11日(金)
第二部 7月12日(土)~7月21日(月)
会 場:致道博物館 展覧会場
     (鶴岡市家中新町10-18 TEL0235-22-1199)
入館料:一般700円 学生380円 小中学生280円 
     (館内常設展示施設ならびに庭園もご見学できます)
[PR]
# by ChidoMuseum | 2008-07-01 10:50 | 展覧会 | Comments(0)

わがまま!気まま!旅気分!

さくらんぼテレビ「わがまま!気まま!旅気分!」の撮影で、
酒田市出身で「上々颱風」の歌姫・白崎映美さんと、
タレント・大東めぐみさんが来館。

歴史や文化はもちろん、
温泉に食べ物にやまがたの魅力盛りだくさんの
この賑やかな二人旅も7回目、もうすっかりおなじみですね♪

今回のテーマは「戦国ロマン」!
ということで、米沢の上杉・直江、
山形の最上、そして庄内の酒井とスペシャルバージョン。
庄内藩酒井家の歴史はもちろん、
庄内竿や庄内の釣り文化にも興味津々のお二人。
これまでのロケでは
実際に庄内竿での磯釣りも体験されたのだとか…
小学生の頃の釣り遠足の話には、
酒田出身の白崎さんもびっくり?!
お抹茶をお出しし、
庭園を眺めながらののくつろぎモード?で、
いろいろと楽しくお話しができました♪

記念にステキなお二人と一緒に一枚!
左が白崎映美さん、右は大東めぐみさん。
f0168873_15312035.jpg

放送は
さくらんぼテレビ 7月20日(日)16:00~17:25
BSフジ       8月30日(土)12:00~13:25
ぜひぜひご覧下さい!
[PR]
# by ChidoMuseum | 2008-06-27 15:34 | あれこれメディア情報 | Comments(0)

ひっそりと

f0168873_1552792.jpg
酒井氏庭園の岩陰に
ひっそりと咲いていた
一輪の真っ白い蓮の花。
もう少しつぼみがあったので、
これから可憐に咲いてくれるかしら。
蓮といえば、言わずと知れた
大山公園の上池は姫蓮がキレイ。
今年はどうなんでしょう?
[PR]
# by ChidoMuseum | 2008-06-20 15:07 | 花だより | Comments(0)

紫陽花ぬれて

庄内も昨日梅雨入り宣言がでました。
でも今日はいいお天気、とても暑いっっです。

本日は当館ミュージアムショップではすっかりおなじみ、
鶴岡飲料㈱港屋の出羽の久寿をご紹介します。
f0168873_1414562.jpg

まだ少し早いですが、梅雨といえば、雨露にぬれた紫陽花。
ということで、葛菓子の今月のお題は「紫陽花ぬれて」です♪
色とりどりの紫陽花の花、青楓やあやめ、清流を泳ぐ鮎がさわやか。

夏さきどりの「海辺にて」や、
定番の庄内藩酒井家の家紋「庄内かたばみ」もございます。
この葛菓子は紅花・珈琲・ショウガ・抹茶・あずき・しそ・紫いもなど
さまざまな風味を楽しむことができます。
そのまま干菓子としてお茶菓子に、
熱湯をしそそいで葛湯として、
どうぞお好みでお召し上がり下さい。
これからの暑い季節には
葛湯を冷やしてていただくのもオススメ!

季節を感じながら、
のんびりとお茶をご一服いかがですか?
[PR]
# by ChidoMuseum | 2008-06-20 14:32 | 致道ミュージアムショップ | Comments(0)