人気ブログランキング |

致道ブログ

chido1950.exblog.jp
ブログトップ

重要文化財旧渋谷家住宅

 昭和53(1978)年10月月刊グラフ山形で「追憶の田麦俣」を特集された田村茂広氏は、その中で次のように述べている。
「60里越街道(国道112号線)の宿駅・田麦俣は山合いの台地にひらけたひなびた山村である。昔から出羽三山詣での人々でにぎわい、さまざまの歴史を綴りこんできた。養蚕と炭焼きで生計をたて、米は村の半数の人口を養うにやっとであった。しかし、人々の住まう民家は三階建ての堂々たる家屋であり、しかも斜面を利用してたたづむ集落の景観は人々の目を圧した。だがそれも昔のこととなった。田麦俣は今まさに、追憶、その中にしか生きない村になろうとしている。」
写真:田村茂広氏撮影
重要文化財旧渋谷家住宅_f0168873_15453715.jpg
















 
 その月刊グラフ山形の特集に、直木賞作家半村良さんが一文をよせている。
一部をご紹介する。
「・・・・・・たとえば私はいま、上野から汽車に乗って鶴岡駅へ向かう行程の、ひと駅ひと駅の気分をたちどころに思い返すことができる。それはあの煤煙の匂いに包まれた蒸気機関車にひかれて行く列車の旅である。私の本名は清野と言い、亡父は東田川郡東村(あずまむら)の人であった。それが今では朝日村とかわっているが、妻もまたその朝日村の出であり、彼女が生まれ育った建物は、現在鶴岡市に移築され、致道博物館内にある。姓は渋谷。清野も渋谷も、ともに当地に数多い。いっぽう、母方は神谷氏という。神谷は越中から加賀、能登に多く、母も能登である。それでいながら、私は生まれてこのかた、ほとんど東京を出たことがない。下町はわがふるさとであり、銀座や新宿は今も生活の場である。したがって私の小説の要旨は、殆どが東日本に限られている。やはり小説は体験によって生み出されるものなのだろうか。だが、時には未来や遠い過去にも材をとる。近年は未来より過去の歴史から材をとることが多くなった。・・・・・・」

 その当時から42年たったいま、当時の田麦俣の多層民家といわれる民家はわずか2軒のこして現代建築に変わった。当館では、昭和40年、渋谷家から譲り受け、旧渋谷家住宅旧田麦俣民家を館内に移築した。重要文化財の指定をうけ、毎年、1/4ずつ萱屋根の差萱し、冬季には囲炉裏を焚くなど、当館では貴重な建造物の保存維持している。


下写真、当館重要文化財田麦俣多層民家旧渋谷家住宅                    重要文化財旧渋谷家住宅_f0168873_14401536.jpg

                                                                                           

半村 良 (1933ー2002)
第3回星雲賞(日本長編部門)受賞 (『石の血脈』)、 第1回泉鏡花文学賞受賞。(『産霊山秘録』)、 第72回直木賞 受賞 (『雨やどり』) 第9回日本SF大賞受賞 (『岬一郎の抵抗』)第6回柴田錬三郎賞 受賞 (『かかし長屋』) 第20回日本冒険小説協会大賞特別賞受賞等。「戦国自衛隊」は映画化。
  

# by ChidoMuseum | 2020-08-14 11:54 | Comments(0)

日本遺産 



2020.8.1(土)〜9.14(月)


日本遺産(Japan Heritage)は、文化庁が認定した地域の歴史的魅力や特色を通じて日本の文化・伝統を語るストーリーです。3件・「出羽三山生まれ変わりの旅」「サムライゆかりのシルク」「北前船寄港地・船主集落」の認定を受けた庄内地域の歴史を辿りながら資料や映像でご紹介いたします。


日本遺産 _f0168873_11112492.jpg














マストを立てて、大きな江戸時代の弁財船模型や船箪笥を展示、
船箪笥三種類ありますが、懸硯(かけすずり)・帳箱(ちょうばこ)は金庫や手形、書類として用い、半櫃(はんがい)は衣裳櫃のこと。


日本遺産 _f0168873_11440552.jpg















五百羅漢 善寶寺所蔵。上段左から500羅漢寄進者・栖原六右衛門、寄進者・伊達林右衛門、発願主・清水平三郎の各尊像。
下段左、修復された五百羅漢像、右修復前の五百羅漢像、現在東北芸術工科大学文化財修復センターへ委託保存修復事業が
2015年から20年間の予定で行われている。


日本遺産 _f0168873_16570434.jpg










       

善寶寺に奉納された刀 米沢住直信 附革包拵え 安政二卯年(江戸時代)
          長さ106.2cm 反り3.2cm 目釘 2ヶ


日本遺産 _f0168873_11442563.jpg
















出羽三山 大笈酒(おおいざけ)
山伏が行う饗応のことで、松聖の命を受け、100日修行を終えるまで7回おこなった。その最大の祝膳が大笈酒で、結願行事を円満に運ぶ為、山麓の諸役人をもてなした。この膳は一人前で家が傾くと言われるほどの出費であった。


日本遺産 _f0168873_11114719.jpg
























山伏 修験者


日本遺産 _f0168873_16560928.jpg













月山鍛冶  月山正信作 刀  永正2年8月日(室町時代) 
               綾杉肌(月山肌)が特徴の刀


日本遺産 _f0168873_11120430.jpg
























西郷南洲翁書 南洲翁名付けた松ヶ岡の茶名
開墾場での産業は蚕糸を主に、製茶を従に計画、明治8年旧藩士伊藤孝継が鹿児島を訪れ、西郷翁に茶を届け、茶名を願ったところ開墾に従事した六小隊組頭の姓に因んで名付けた。

# by ChidoMuseum | 2020-07-29 11:22 | Comments(0)

花2題 あじさい&永良部ユリ

酒田市の土門拳記念館の池の周りの「あじさい」が見頃、あじさいもこんなに品種が多いのかとおもわれるくらい品種の多さ、株数の多さ、色色楽しめます。
「飯森山公園には、大きい池(拳湖)をぐるっと囲むように、現在122品種、10,637株のアジサイが植えられています。他では見たことの無い珍しい花も咲きます。土門拳記念館が開館したのは、昭和5810月ですが、アジサイは翌昭和59年から、植栽が始まりました。昭和61年の夏にはすでに池の周囲全体に色とりどりの紫陽花が咲き、素晴らしくきれいな景色だった」とは、スタッフの話です。
花2題 あじさい&永良部ユリ_f0168873_22450175.jpg















花2題 あじさい&永良部ユリ_f0168873_22455044.jpg















花2題 あじさい&永良部ユリ_f0168873_22451958.jpg















花2題 あじさい&永良部ユリ_f0168873_22460655.jpg

























近くに西郷隆盛を祀った南洲神社、南洲会館があります。西郷隆盛南洲ゆかりの地 鹿児島県沖永良部島から贈られた永良部ユリが満開です。

花2題 あじさい&永良部ユリ_f0168873_22521737.jpg

























花2題 あじさい&永良部ユリ_f0168873_22524787.jpg

















花2題 あじさい&永良部ユリ_f0168873_15251376.jpg

# by ChidoMuseum | 2020-07-04 19:36 | Comments(0)

創立70周年記念「庄内の美術工芸・武っと美展」開催

創立70周年を祈念して6月13日より7月28日まで「庄内の美術工芸・武っと美展」を開催します。 本日6月13日は、70周年記念式典を開催し、皆様に70周年これまでのご協力ご支援を感謝と、今後ともよろしくとお願い申し上げているはずでしたが、コロナ感染防止対策のため、中止とさせていただきました。
あらためて、70周年迎えることができましたのは、皆様のご指導ご協力のおかげと御礼申し上げます。
関連イベントはそのため中止となったかわりに創立記念展は、しっかりと4部構成で開催させていただきますので、お楽しみください。
まだまだ新型コロナウィルスの感染防止の警戒感が強く、皆様ご健康には十分ご留意ください。
初めの「庄内の美術工芸・武っと美展」では、刀剣、甲冑、信仰、茶道具、祭器楽器、能装束の庄内を代表する美術工芸をご紹介いたします。
是非ご清鑑ください。
写真は、
山形県指定文化財 銅造如意輪観音座像 平安末期 金峯神社蔵

創立70周年記念「庄内の美術工芸・武っと美展」開催_f0168873_21163955.jpg

























創立70周年記念「庄内の美術工芸・武っと美展」開催_f0168873_00520876.jpg
























創立70周年記念「庄内の美術工芸・武っと美展」開催_f0168873_00572692.jpg
























鶴岡市指定文化財 木造勢至菩薩座像 平安末~鎌倉初期
創立70周年記念「庄内の美術工芸・武っと美展」開催_f0168873_21322953.jpg

























太刀 銘 真光 織田信長から拝領 鎌倉時代  金梨子地糸巻太刀拵は安土桃山時代   国宝  

創立70周年記念「庄内の美術工芸・武っと美展」開催_f0168873_16310731.jpg
















短刀 銘 吉光 名物 信濃藤四郎  目貫 後藤宗乗作「赤銅枝茄子」 重要文化財  吉光 黒漆塗合口拵 地板嵌込小柄 後藤光孝作「竜虎」

創立70周年記念「庄内の美術工芸・武っと美展」開催_f0168873_16335516.jpg

   










太刀 銘 月山作 室町時代 本間美術館蔵  酒田市指定文化財
創立70周年記念「庄内の美術工芸・武っと美展」開催_f0168873_21385624.jpg

# by ChidoMuseum | 2020-06-13 18:18 | 展覧会 | Comments(0)

懐かしの写真2 昭和15年

 昭和15年の懐かしの写真です。アルバムに新築工事写真集・昭和15年とあり当館酒井名誉館長の花押がありました。
 塀の前は畑、そして酒井忠明名誉館長の住まい(その23年後の昭和38年~39年に北よりに引越し、その土地を当館に寄贈、そこに重文旧西田川郡役所移築された)建築するための基礎石場突き(石場がち、ヤグラドウツキ(櫓胴搗き))の光景、塀のかげの道路はみえないが、その向こうに、結構広くみえる百間堀があり、その奥に建物群が羽前織物会社(今は山形新聞社鶴岡支社や滝沢眼科医院あたり)です。百間壕のあったところは、野球場、陸上競技場グランドなど活用の変遷を経て、今は一部壕を復元し、東北公益文科大学大学院、慶応義塾先端生命科学研究所、鶴岡アートフォーラム、鶴岡スイミングプールなどになっています。
 今、塀の前の畑は現在、致道博物館の駐車場となっており、そして家をたてようと基礎をつくっているところが、致道博物館の重要文化財旧西田川郡役所の前あたりになります。
当時の工事状況と光景がうかがえます。


懐かしの写真2 昭和15年_f0168873_22355436.jpg






















下の写真が昭和35年頃の写真で、左が昭和15年に建てられた建物、上の写真と反対側の塀側から北に向けて撮っている。
手前が畑地、現在致道博物館の駐車場。右側に酒井忠良当主が手入れしていたバラ園(公開していた)
のところに当館の重文旧西田川郡役所になっています。

懐かしの写真2 昭和15年_f0168873_10451221.jpg

















下は酒井氏バラ園、左が作業服姿の酒井忠良当主、中央が白い髭の内科医高橋繁吉先生

懐かしの写真2 昭和15年_f0168873_22484840.jpg













現在、そのバラは、主に鶴岡市あつみ温泉バラ園に継承されています。
あつみ温泉バラ園は6月始めから見頃、見応えがあります。






懐かしの写真2 昭和15年_f0168873_14513752.jpg














懐かしの写真2 昭和15年_f0168873_14524462.jpg































熊野神社の境内には、昭和36年10月秋田で開催の国民体育大会開会式に天皇皇后両陛下行幸啓の際、
10月6日あつみ温泉橘屋旅館にご一泊、温海嶽の美しさを、御覧なられた時の御製
「雨けむる 緑の山は 静かにて 庭の山かと 思いけるかも」
を第17代徳川宗家当主徳川家正氏が謹書され昭和37年12月建立された御製記念碑があります。

懐かしの写真2 昭和15年_f0168873_16185937.jpg












徳川宗家第17代徳川家正氏書 署名

懐かしの写真2 昭和15年_f0168873_16381241.jpg
























下写真、右が徳川家正徳川宗家ご当主、左が酒井忠良当主、鼠ヶ関にて
懐かしの写真2 昭和15年_f0168873_22381058.jpg











 夭折した四谷正宗と称された名人の師、源清麿、大勢弟子がいるなかで一人淸人が、遺族の世話をし、師の負債(刀債)を完済したことは、江戸美談のひとつに数えられました。
幕末の刀工 藤原清人の刻字された銘の一節「師に似たる所2つあり、酒呑みと、銭なしと」を碑にしたものです。

懐かしの写真2 昭和15年_f0168873_16553231.jpg





# by ChidoMuseum | 2020-05-28 19:38 | Comments(0)