致道ブログ

chido1950.exblog.jp
ブログトップ

蘭展始まる 於旧鶴岡警察署1F多目的ホール

第14回東洋蘭展は、昨年竣工した旧鶴岡警察署1階多目的ホールで、鶴岡東洋蘭同好会、里仁館芳蘭会、当館が主催で3月19日から24日まで開催いたしております。
日本春蘭、中国春蘭など種々の蘭を展示、蘭の花と蘭の香しい香りがただよっている蘭展を是非お楽しみください。
f0168873_13590871.jpg


# by ChidoMuseum | 2019-03-19 15:44 | 展覧会 | Comments(0)

旧庄内藩主酒井家美術資料展開催

 旧庄内藩主酒井家美術資料展を3月15日より4月15日まで展覧場で開催しております。


酒井忠次 長谷川芳泉模写画・先求院所蔵
酒井忠勝(複製)
酒井忠器(酒井神社伝来・模写)
f0168873_15275773.jpg
f0168873_15281257.jpg
f0168873_15283333.jpg


# by ChidoMuseum | 2019-03-15 15:28 | 展覧会 | Comments(0)

Wi-Fi 整いました

Wi-Fi整いました
館内ほぼ繋がります(収蔵庫の地下は×)
ぜひご利用ください

f0168873_16295969.jpg


# by ChidoMuseum | 2019-03-08 17:21 | 博物館のとっておき | Comments(0)

加藤清正、加藤忠広公

 加藤清正公は永禄5年6月24日ご誕生50歳慶長16年6月24日逝去せられ明治43年300年に正当、鶴岡金照山本住寺において大祭を執行せんと計画中、同等什物郷義弘の宝剣は、最も有名なる秀頼、家康両公京都二条城において会見の折、清正公の佩刀せしものにて、国宝になるべき説もありしに、先年住職、檀徒、至宝の一部を失いしとて、公の遺臣加藤、杉村、萱野氏等順番に相預かる事とし、杉村氏預かり中、九段遊就館に出陳、其の来歴を記述し、杉村氏に伝うとせしより、其の返戻を西田川郡長、鶴岡町長、住職檀徒惣代等協議し、杉村氏に交渉するも応ぜず、依て正英出京の折、談判方依頼せられたるより、其の保管方を酒井家、郡長、町長、平田の内にて如何と照会せしに、官公吏は転任あり、酒井家、平田より風間幸右衛門を信用の御回答に接し、直ぐに風間氏に頼談せしも容易く承諾せず、結局熟談の上、天災事変等人為に防止し難き場合は責任を帯わざることとし、漸くにして諾したり。預かり証を差し出しあれば之と引換相渡すべしと言うを以て、直ぐに萱野荘十郎に談判せしに、杉村氏と熟議の上、之を段取り、加藤正英に渡されたり。依って別紙預かり証を出し、最も大切に持ち帰り風間幸右衛門に預けたり。住職遺臣檀徒大いに悦び慇懃なる謝辞ありたり。(「加藤清正公の佩刀郷義弘の保存顛末」加藤三七)
加藤忠広は熊本藩主加藤清正の嫡男、慶長16年父の遺領を継いで50万5千石を襲封、徳川秀忠の信任を得てその養女を妻とし寛永3年侍従に任じられる。寛永9年参勤交代の折、幕府の譴責を受けて入府許されず、所領没収のうえ、母とともに出羽庄内に配流、鶴岡、丸岡に幽閉、その長子光広は飛騨高山に流された。庄内藩よりさらに年々米100俵の給与を受け、庄内藩主酒井忠勝はたびたび忠広を見舞ったという。享年52歳、丸岡で没し鶴岡本住寺に葬られる。家臣は酒井家に召し抱えられた。(庄内人名辞典)

本住寺の墓所
f0168873_23144945.jpg
















加藤忠広公の丸岡城址の御城稲荷
f0168873_00532125.jpg
















全国加藤清正公ゆかりの地
f0168873_00534579.jpg


















# by ChidoMuseum | 2019-03-04 17:27 | Comments(0)

鶴岡雛物語がはじまります。






f0168873_10504956.jpg

 















いよいよ春、3月1日より4月3日まで鶴岡雛物語がはじまります。ご隠殿では、荘内藩酒井家伝来のおひな様や県指定有形文化財となった雛道具はじめ鶴岡伝統雛菓子など一堂に展示されます。、優雅なひな祭りをお楽しみください。
f0168873_23023116.jpg

















f0168873_22442069.jpg


















f0168873_23032419.jpg














f0168873_23024803.jpg















特別企画として東北で初公開、赤池コレクション名品撰、日本屈指の雛人形郷土玩具コレクターである赤池正明氏の所蔵品を特別展示、お雛さまの歴史と拡がりをしることができます。3月9日、10日午後2時からは、日本人形文化研究所所長、日本人形玩具学会理事の林直輝氏の講演会を開催いたします。皆様どうぞお立ち寄りご鑑賞ください。
静岡県富士宮市在住の赤池正明氏は、少年時代より全国各地で伝統的に作られてきた郷土玩具に興味を持ち、それらの収集を続けてこられました。また壮年期からは雛人形の蒐集にも力を入れ、江戸時代から現在にいたる雛人形の歴史を物語る実物資料及び絵画資料としての浮世絵を数多く所蔵されています。数万点に及ぶ赤池氏の人形玩具コレクションは、質量ともに優れ、その内容から、これまでも全国各地の博物館・美術館等で公開されてきましたが、東北地方では初公開となります。
立雛、元禄雛、享保雛、次郎左衛門雛、有職雛、古今雛、町雛、芥子雛、御殿飾り、賀茂人形、深草雛、献上こけし雛、初参(ういざん)人形、御殿玩具等展示いたします。


f0168873_22445427.jpg















f0168873_23165244.jpg
















f0168873_23162787.jpg
















f0168873_23155425.jpg













f0168873_23154038.jpg




















また昨年SNSやマスコミで大変話題となった、30年前から致道博物館の住人?となっていたドナルドが変身、おひな様姿で登場します。お楽しみください。
f0168873_22451986.jpg





















「今日は30年前のお客様の忘れ物をご紹介します。
博物館駐車場に落ちていた あひる、、(笑)
お洋服を編んであげたり、お風呂に入れてあげたり
去年30年ぶりに服を編んであげて
すっかりドナルドダックらしくなりましたよ・・・
30年経ったいまも大事にお預かりしています」

「百聞は一見にしかず」といいますが、
なんと、、、、致道博物館ドナルドダック様宛に
小包が届きました。
「30年間ひとりぼっちだったドナルドへ
これからはデイジーと二人仲良くね」
ステキなメッセージと一緒に出てきたのはデイジー
よかったねドナちゃん
本当にありがとうございます。


平成30年の 年末に届いていました。
今度はドナルド、デイジー様宛
チップとデールお友達が増えました٩(^‿^)۶
お心遣い本当に本当にありがとうございます
ドナちゃんは一気に仲間が増えて
幸せそうなお顔しています。



# by ChidoMuseum | 2019-02-26 18:28 | 展覧会 | Comments(0)