人気ブログランキング |

致道ブログ

chido1950.exblog.jp
ブログトップ

嗚呼、冨樫實先生、斎藤真成先生

○京都在住の彫刻家冨樫實先生が令和元年11月25日ご逝去されました。享年89歳。心からご冥福をお祈り申し上げます。奥様の命日の翌日11月6日に倒れられ、最期は睡るがごとくの旅立ち、故人の指示で近親者のみの葬儀も終え、弔意その他お心遣いは固くご辞退する旨、最後にお知らせが遅くなったことのお詫びと生前のご厚情の御礼が述べられた喪主直美様からのお知らせでした。
 冨樫先生の作品は当館にも収蔵されてあり、鶴岡市には市内各所や庄内空港や鶴岡インターにある「空にかける階段シリーズ」、開運橋、千歳橋などのデザイン市民に親しまれています。
1931年1月2日生れ、旧櫛引町出身、庄内農業高卒業、高村光雲野孫弟子佐久間白雲のもとで仏像彫刻を学び、鶴岡南高山添校に入り直し京都市立美術大(現京都市立芸術大学)を卒業、フランス政府給費留学として国立パリ美術学校で学びました。成安造形大学学部長を努め、京都府文化功労賞、京都美術文化賞、京都市文化功労者、紺綬褒章など受章されました。

○京都真正極楽寺真如堂第53世貫首、東洋院第30世住職の洋画家斎藤真成先生が令和元年11月19日ご逝去されました。享年102歳。
 母堂が鶴岡ということもあり、心のふるさと鶴岡を愛され、時々来鶴され小1時間で直ぐ帰えられた。作家田辺聖子さんの小説「すべってころんで」の舞台が鶴岡になったのは挿絵を描いた斎藤先生の推薦があったから、後に「カモカのおっさん」こと医師でご主人の川野純夫氏は鹿児島出身とで、田辺聖子先生が西郷隆盛を書きたい希望もあり、ご夫妻が来鶴、一夕楽しく歓談いたしました。田邉先生も同年6月旅たたれました。また俳優渥美国泰さんは真成先生の書を切望し、京都真如堂で一緒になって、その真如堂で藤沢周平記念展を東京・世田谷文学館でしていたので待ち合わせていったところ、「こんなに混んだのは文学館みたのは初めて」渥美さんがいわれるほど大盛況だったのを思い出します。渥美さんからコレクションをお借りして江戸の絵画を展示しました。こういうも真成先生のご縁でした。心からご三方のご冥福をお祈り申し上げます。
 龍谷大学仏教学科卒業、徴兵、後東陽院第30世住職、傍ら洋画を描く、京都教育大学助教授、そして昭和42年教授就任、平成11年真如堂第30世貫主に就任。京都府文化功労賞、龍谷賞、京都美術文化賞など受賞、当館には大橋コレクションなど44点が収蔵されています。
写真は川野・田辺先生ご夫妻を囲んで、於松ヶ岡本陣
嗚呼、冨樫實先生、斎藤真成先生_f0168873_14145341.jpg

















写真は斎藤真成先生と俳優渥美国泰さん、松ヶ岡のかすみ桜と桃畑で。
嗚呼、冨樫實先生、斎藤真成先生_f0168873_2359595.jpg
# by ChidoMuseum | 2020-02-07 18:28 | Comments(0)

カローラで近岡善次郎、三井永一、山本甚作、山口将吉郎展

 昨年のトヨタカローラギャラリーオープン記念展についで、1周年を記念して致道博物館の収蔵作品の展示は、新庄出身の洋画家近岡善次郎、鶴岡市出身の画家三井永一、同洋画家山本甚作、挿絵画家山口将吉郎の4人展を開催しています。
 新庄市名誉市民としても名高い近岡善次郎は全国300箇所以上訪ね描いた「明治西洋館シリーズ」は高い評価を受け切手の原画にも採用、今回、「羽黒山五重塔」「鶴岡カトリック教会礼拝堂」など鶴岡ゆかりの建物の作品を、
 三井永一は多くの作家が取り上げられた「ロマン派変転」(浅野晃著)に挿絵を連載、大学院の文学ゼミで教科書として使用されたほど挿絵作品の画家として印象附けられる作品、
 山本甚作は時代小説「蝉しぐれ」(藤沢周平著)の挿絵を担当し、墨絵で作中の世界観を表現。武者絵を得意とした山口将吉郎は当時の人気雑誌「少年倶楽部」(講談社発行)を舞台に活躍。「義経物語」「風雲児義経」などから水彩画で色鮮やかな作品を展示。
展示期間は2月11日まで。定休日は、3日.4日、10日。入場無料。時間午前9時半から午後6時まで。
鶴岡市文下広野18-1 トヨタカローラ山形鶴岡店 ℡0235-23-2331
どうぞ御静観ください。
2月1日附記事荘内日報社
カローラで近岡善次郎、三井永一、山本甚作、山口将吉郎展_f0168873_23392554.jpg
# by ChidoMuseum | 2020-01-31 18:10 | あれこれメディア情報 | Comments(0)

刀剣ブーム

 刀剣ブームといわれています。当館所蔵の信濃藤四郎吉光を静岡県の三島市佐野美術館で展示しています。刀剣乱舞というゲームがあり、刀剣を擬人化しつつ刀剣の特徴、歴史を伝えています。そのゲームのキャラクターに吉光がなっています。佐野美術館さんは三島市と提携、三島市は刀剣乱舞所蔵の写しの展示、スタンプラリーを後援し、三島市広報にも刀剣乱舞がとりあげられております。また雑誌ブルータスにも刀剣乱舞の特集がくまれ、当館の吉光(私もちらっと)が掲載されました。ちなみに、そのブルータス、売り切れで本屋さんでは見られないそうです。
三島市広報
刀剣ブーム_f0168873_0163337.jpg















刀剣ブーム_f0168873_2314430.jpg












刀剣ブーム_f0168873_2332426.jpg














刀剣ブーム_f0168873_234576.jpg
ブルータス誌













秋の展覧会で展示の後、信濃藤四郎ファンレターをいただきました。
「さには」とは審神者(さにわ)とは、刀剣乱舞の作品世界における刀剣男士と並ぶ主要キャラクターであり、プレイヤーの分身たるプレイヤーキャラクターである、刀剣乱舞の刀剣女子を[さにわ]と称するそうです。


致道博物館さま
今年も素敵な展示ありがとうございます。
信濃くんに囲まれて幸せです・・・
東京から夜行バスに乗ってきて本当に良かった・・
展示の内容、ライティングもさることながら、
何よりも信濃藤四郎愛に満ちていました。
信房と真光も美しすぎて言葉を失うほどでした。
信濃くんは本当にすてきな大将にめぐりあえたなと思います。
2019・10・5 東京からきた さにわ 
刀剣ブーム_f0168873_18453259.jpg
# by ChidoMuseum | 2020-01-20 22:39 | Comments(0)

新収蔵品展 開催中

新収蔵品展 開催中
会期:2019/12/14~2020/2/11


 致道博物館では昭和25年開館以来、庄内地方の歴史・考古・民族・美術・工芸品など、多岐にわたる数多くの資料や作品を収蔵して参りました。当館の活動にご理解下さった方々からのご寄贈によるものも多くあります。いずれも当地の歴史や文化を知る手がかりとなる資料であり、常設展示の核となっているほか、テーマを設けた企画展の開催など、折に触れて紹介しています。
本展では、5年前から今年にかけてご寄贈いただいた美術資料の中から、庄内地方ゆかりで近代から現代にかけて活躍した画家・書家の作品を中心に出品致します。
日本画の太田義一。根上富治、荒井篁一郎、真嶋北光、洋画の石井弥一郎、書家の黒崎研堂、吉田苞竹、松平穆堂などの作品を通じて、その時代を表現する特徴を感じていただければ幸いです。
12月24日附「荘内日報」致道博物館 新収蔵品展 展示作品紹介シリーズ1、荒井篁一郎「婦人図」 当館本間豊学芸部長
新収蔵品展 開催中_f0168873_0102230.jpg
                     










                                             











12月28日附「荘内日報」致道博物館 新収蔵品展 展示作品紹介シリーズ2、黒崎研堂 七言絶句「除夜」 当館菅原義勝主任学芸員
新収蔵品展 開催中_f0168873_0133631.jpg





























1月22日附 「荘内日報」致道博物館 新収蔵品展
展示作品紹介シリーズ3、石井弥一郎「湯野浜風景」  当館佐藤淳子主任学芸員
新収蔵品展 開催中_f0168873_22171031.jpg




























1月24日附荘内日報掲載 致道博物館新収蔵品展
展示作品紹介シリーズ4、小貫博堂「牡丹」  当館佐藤淳子主任学芸員
新収蔵品展 開催中_f0168873_20321347.jpg
























1月31日附荘内日報掲載展示作品シリーズ犬塚甘古 当館菅原義勝主任学芸員
新収蔵品展 開催中_f0168873_21351.jpg





























2月2日附荘内日報連載展示作品シリーズ松平穆堂 当館本間豊学芸部長

新収蔵品展 開催中_f0168873_1902124.jpg
# by ChidoMuseum | 2019-12-20 18:59 | 展覧会 | Comments(0)

庄内藩掲載

 庄内藩は地味?であまりとりあげられないのですが、珍しく週刊朝日とそのムック版「歴史道」にとりあげられました。雄藩ベスト10で5位、めずらしいことです。
庄内藩掲載_f0168873_0455558.jpg

















庄内藩掲載_f0168873_0463379.jpg
# by ChidoMuseum | 2019-12-15 18:34 | Comments(0)