致道ブログ

chido1950.exblog.jp
ブログトップ

明治150年記念 重要文化財旧鶴岡警察署庁舎保存修理完成記念 第2部庄内近代化物語 挑戦者たち


 6月20日より7月25日まで 明治150年記念 重要文化財旧鶴岡警察署庁舎保存修理完成記念 第2部庄内近代化物語 挑戦者たちを開催いたします。
当館では重要文化財旧鶴岡警察署庁舎保存修理完成記念、そして明治150年記念といたしまして、明治の大変革、躍動の時代をふりかえってみます。
全国で大変革のあった時代、ここ庄内でも戊辰戦争で敗北、賊軍という苦境に立たされた旧庄内藩、そこからたくましく立ち上がり、先進的な取り組みに挑戦し、現代への礎を築いた先人達の軌跡を振り返ります。日本の近代化が進むとき、西洋文化を柔軟に学び、伝統的な技術や文化と融合させた庄内の人々が歩んだ道程の一端をご紹介いたします。旧庄内藩主家第16代酒井忠良伯爵(当館設立者)が着用した大礼服を初公開いたします。重要文化財旧鶴岡警察署にはこの庁舎に関連した資料および2階には近岡善次郎画伯の庄内の建築物の絵画を展示いたしております。その他当館施設あわせご覧頂きますようご案内申し上げます。
f0168873_14484336.jpg














f0168873_14464869.jpg














明治9年(1876)創建、三島通庸県令によって進められた東北一の朝暘学校、後に焼失しましたが、当時の朝暘学校絵図(鶴岡市郷土資料館蔵)にあるようにその学舎も外壁は青でした。
東京銀座煉瓦街で国家規模の建築を指導した県官吏原口祐之(鹿児島県士族・井岡寺に原口の寿碑あり)が建設指揮にあたりました。もちろん高橋兼吉も建設に従事しています。また朝暘学校碑が鶴岡市役所前にあり、朝暘学校碑は、標題を、戊辰戦争で東征大総督のち参謀総長などを歴任された有栖川宮ー熾仁親王(1835ー1895)、文を、幕末・明治期の歴史学者で薩摩出身で文部省修史局員東大教授・元老院議官の重野安繹(1827-1910)。書を幕末・明治の漢学者・書家、豊後出身、維新後は文部大丞・文部省学務局長・東宮侍書などを歴任し、漢詩・南画にもすぐれた長三洲(1833ー1895)名は炗(ひかる)。当時日本を代表する錚々たる先生たち。いかに明治政府の威光と新しい時代の到来を知らしめるために当時の最高レベルの人材を集め建設されたかうかがい知ることが出来ます。
井岡寺山門近くにある原口祐之の石碑(寿碑)
f0168873_11110879.jpg



[PR]
by ChidoMuseum | 2018-06-20 14:55 | 展覧会 | Comments(0)