人気ブログランキング |

致道ブログ

chido1950.exblog.jp
ブログトップ

歴史の扉 江戸時代の訴訟 ギャラリートーク

 平成31年1月26日午後2時から展覧会場で歴史の扉、当館菅原学芸員による」ギャラリートークをおこないました。
江戸時代から自らの利権を守るために相当数の訴訟があった。基本的には裁判は非公開、1審制、例外的に控訴のようにさらに上級の権力へ訴える場合もあった。
吟味筋(刑事事件)、出入筋(民事事件)があり、政府の裁判機関として寺社奉行、勘定奉行、町奉行の三奉行、最高裁判機関は評定所(老中、寺社奉行、勘定奉行、町奉行で構成)は奉行所では判断つかない事案を取り扱う。荘内藩の郷村支配機構は下記図の如くであった。
f0168873_23483167.jpg























f0168873_23554095.jpg



by ChidoMuseum | 2019-01-26 19:27 | 講座・教室 | Comments(0)