人気ブログランキング |

致道ブログ

chido1950.exblog.jp
ブログトップ

土曜講座 岸本 氏  「鳥海山・飛島ジオパーク」

f0168873_22553170.jpg 













2019年8月3日午後2時から鳥海山飛島ジオパーク構想推進協議会専任研究員(民俗学専攻)岸本誠司先生(秋田県にかほ市在住)による「飛島の暮らしと環境~大地、自然、ヒトのつながりで見る飛島の魅力~鳥海山・飛島ジオパーク」について画像を使ってご講演していただきました。
酒田市飛島について「テキアナ洞窟」や島舟など当館には関連資料が多くあり、お話のあと、現物関連資料をみながら解説していただきました。
「酒田市飛島」
 酒田港から北西39kmの沖合に浮かぶ島。山形県唯一の有人島であり、島の東側(本土に面した側)の勝浦、中村、北側の法木の計3ヶ所の集落がある。人工210名(高齢化率70%)(2017年6月30日時点)。新潟県の粟島、佐渡島とは一直線に結ばれた海の道であり、古来より交流があったといわれる。島の名称については、鳥海山の山頂が噴火によって吹き飛んで島になったという伝説に基づく説もあるが、古地図には海獣の名前を冠した「トド島」「トンド島」と表記する例もあり、諸説ある。なお島にある小物忌神社は、鳥海大物忌神社と対をなしている。なお、飛島に付属する島嶼として御積島などがある。


f0168873_22555506.jpg
f0168873_22561942.jpg




by ChidoMuseum | 2019-08-03 18:50 | Comments(0)