人気ブログランキング | 話題のタグを見る

致道ブログ

chido1950.exblog.jp
ブログトップ

松ヶ岡開墾150周年記念 Matsugaoka 150th Anniversary

今年松ヶ岡開墾150年をむかえ、行事を予定いたしておりましたが、コロナ禍でみあわせ延期したりいたしております。その中で松ヶ岡開墾記念館では、「松ヶ岡開墾場150年記念企画展」~開墾の記録者 黒崎研堂~展をおこなっております。
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
松ヶ岡開墾150周年記念      Matsugaoka   150th  Anniversary_f0168873_11405781.jpg


 

















黒崎研堂(嘉永5年(1852)~昭和3年(1928))は、荘内藩家老をつとめた酒井了明の3男として鶴岡に生まれ、明治元年(1868)黒崎与助の養継嗣となる。17才で農兵小隊長として戊辰戦争に出陣、明治3年に酒井忠篤に従い鹿児島に赴き、練兵を学ぶ。その後松ヶ岡の開墾に従事、経営に参画する。北海道開拓 にも参加する。幼少の頃から書を能くし、研鑽を重ねて、庄内書道興隆の基礎をつくり、松平穆堂、吉田苞竹など多くの門人を育てました。また黒崎研堂日誌は、明治5年から昭和3年までの50年にわたる研堂の日誌を残して開墾から当時の状況がわかる貴重な資料となっています。
 酒井了恒(玄蕃)(庄内藩2番大隊長)、酒井調良(核無柿庄内柿の研究普及)を兄とする。
----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
松ヶ岡開墾150周年記念      Matsugaoka   150th  Anniversary_f0168873_11424376.jpg




















 黒崎家6代研堂与八郎の長男7代黒崎幸吉は、東京帝国大学卒業、住友総本店に勤務、辞任し内村鑑三の助手を務め、その後愛弟子としてキリスト教無協会主義の普及活動をおこない、著書多数あり、世界的に知られています。
----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
 研堂の三女條と結婚した田中正造は松ヶ岡や事業の中枢となって活躍、その継嗣長男田中正臣も松岡機業などシルク関係で活躍、田中正臣の収集品の土鈴が記念館に寄贈うけたことを契機に、正造二男、正臣の弟で大丸副社長、東急社長を歴任し活躍した田中正佐(しょうすけ)から収集した土人形など郷土玩具25,000点が寄贈され、記念館2階に展示されています。
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
松ヶ岡開墾150周年記念      Matsugaoka   150th  Anniversary_f0168873_11422633.jpg




















⚪ 酒井了恒(玄蕃)は、幼時から藩校致道館で学び、江戸市中取締を命じられると江戸詰めとなり学業中途にし上京、番頭に就任、長州藩邸接収、水戸天狗党残党の逮捕では手傷を負いながら任務遂行、その後家督を継ぎ、1868年6月中老に就任、戊辰戦争では2番大隊長として指揮をとり、旗指物は北斗七星を描いた破軍星旗、鬼玄蕃としておそれられた。玄蕃のだした規則布告は、敵の戦死者の埋葬、投降捕虜虐待禁止、調達品代金支払う等々統制のとれたものであった。樋越隆胤は玄蕃の死後「秀而草」巻4にまとめ、それによると、玄蕃が斥候をだした時斥候が戻るまで夜遅くなっても待っていたこと、夜は軍装は解かず寝ていた、宿陣は兵士を先に入れ、雨の時もいりおわるまで濡れながらまっていた、食事も兵士たちと一緒に同じものを食べていた。結びに玄蕃について「珍しくも貴き人也」と書いている。明治政府に士官兵部省7等出仕、病のため辞任、政府密命を帯び鹿児島の調所広丈とともに清国に渡って内情偵察、「直隷経略論」をまとめ、開拓長官黒田清隆に提出した。35才で逝去。
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
松ヶ岡開墾150周年記念      Matsugaoka   150th  Anniversary_f0168873_11421455.jpg




















⚪ 酒井調良は酒井忠篤の近習をつとめ、戊辰戦争では新庄秋田方面に出陣した。松ヶ岡開墾に参加、その後屋敷内に桑を植え養励む励む、りんごを栽培、その農業技術を評価、県勧業世話係任命され、生糸輸出を始めて庄内蚕糸業組合長に任命される。農場を経営、鶴岡の鈴木重光が発見したとつたえられる「平無核柿」の栽培に成功、調良柿とよばれたが、大正初め原凞博士により「平無核柿」と命名された。20余年農場「好菓園」をいとなみ、地域農業振興に寄与した。
 
 

by ChidoMuseum | 2021-07-10 15:50 | Comments(0)