致道ブログ

chido1950.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:あれこれメディア情報( 193 )

桜 満開

桜百選に選ばれている鶴岡公園の桜は、
4月6日午後2時すぎに開花宣言しました。
本日12日見ると、満開という感じでした。
今週末は天候が崩れそうですが、
天気よくなることを祈っています。
f0168873_17294890.jpg


[PR]
by ChidoMuseum | 2018-04-12 17:31 | あれこれメディア情報 | Comments(0)

藩校致道館に英語表記説明板

f0168873_23032808.jpg

 














藩校致道館に英語説明板が設置されました。
また藩校致道館から出羽三山をイメージしたという鶴岡市文化会館の概容がみられます。
是非お足をお運びください。
f0168873_22503279.jpg
















f0168873_22505394.jpg



















[PR]
by ChidoMuseum | 2018-04-01 22:44 | あれこれメディア情報 | Comments(0)

天皇皇后行幸啓碑建立

 3月27日松ヶ岡開墾場の鶴岡市有形文化財新徴屋敷前に天皇皇后陛下行幸啓記念碑が建立されました。
2016年平成28年9月12日豊かな海づくりで、松ヶ岡に両陛下が行幸啓された記念碑。
お励ましのお言葉は松ヶ岡開墾場全員の心にひびきました。
松ヶ岡開墾場には、昭和天皇行幸碑「み雪にたえて色かえぬ松ぞ雄々しき人もかくあれ」、貞明皇后歌碑、明治天皇御名代御台臨処記念碑、地名で三条実美御来場でつけられた三条坂などあります。
f0168873_22422645.jpg


[PR]
by ChidoMuseum | 2018-03-27 19:30 | あれこれメディア情報 | Comments(0)

春日神社の獅子舞 

 3月18日午前11時頃恒例の春日神社の獅子舞が致道博物館に。
御隠殿の前で獅子舞、春の訪れを感じる風物詩でもあります。
この春日神社の獅子は女の子で、角が1本、そして歯はお歯黒を塗っています。
無病息災を願ってご来館の皆様頭をかんでもらいました。
f0168873_21020238.jpg


[PR]
by ChidoMuseum | 2018-03-18 20:52 | あれこれメディア情報 | Comments(0)

修復 色々威胴丸

 3月10日修復していた甲冑が当館に完了して戻ってきました。
修復して頂いた甲冑師小澤先生に感謝申し上げます。
本年秋公開予定です。

f0168873_21271057.jpg


[PR]
by ChidoMuseum | 2018-03-08 18:23 | あれこれメディア情報 | Comments(0)

日本全国なごみ旅 東北.山形の旅 

淡交社「日本全国なごみ旅」巻頭特集「東北・山形の旅」で当館や出羽三山、本間美術館が紹介されました。
至福の茶の湯の旅体験ということで、楽しめる旅行だったと思いますが、山形から山寺、銀山、出羽三山、酒田、鶴岡の日程は結構タイト、
でも精一杯ご案内申し上げたのでお楽しみ頂けたと思います。
またのお越しをお待ち申し上げております。
f0168873_22044755.jpg
f0168873_22050397.jpg


[PR]
by ChidoMuseum | 2018-02-26 22:06 | あれこれメディア情報 | Comments(0)

トランヴェール「山形、骨董探訪」

2018年3月号トランヴェール「山形、骨董探訪」で当館が紹介されました。
当館の重要有形民俗文化財バンドリを鑑賞、吉野さん、青山さんの取材陣はバンドリに魅了されたようでした。
ハネバンドリ、そして丸く腰に当たる部分には「蜘蛛の巣編み」などがみられます。
当館の本間学芸部長がご案内している写真が掲載されました。
素朴な中に個性あふれるデザインのバンドリ、荷物を背負ったときの背中当て、クッションの役割を果たすのがバンドリ、そして背を飾ります。
柳宗悦がプロダクトデザインに備わるべき要素の一つとして、「用即美」を挙げております。f0168873_21221708.jpgf0168873_21213421.jpg
[PR]
by ChidoMuseum | 2018-02-26 21:26 | あれこれメディア情報 | Comments(0)

平成冬夜読書会第一回辻原 登先生講演ー「サムライゆかりのシルク」日本遺産認定

「サムライゆかりのシルク」推進協議会が主催する「サムライゆかりのシルク」日本遺産認定「平成冬夜読書会第一回 辻原登講演会」が2月11日午後4時からおこなわれました。
文字と音の違いや漢字の成り立ちについて、また伝達の文章と想像の世界を作り上げる文学では違いがあることそして最後に日経新聞に連載された「発熱」で松ヶ岡開墾場が舞台になったことについてお話しいただきました。下記荘内日報社記事
f0168873_23394021.jpg


[PR]
by ChidoMuseum | 2018-02-11 19:13 | あれこれメディア情報 | Comments(0)

日本経済新聞 NIKKEIプラス1 静けさ味わう雪の寺社

1月20日付日本経済新聞 NIKKEIプラス1 何でもランキング 
雪の中にたたずむ、伝統を重ねた木造建築の壮麗さ。正月が過ぎれば参拝者は減り、水墨画のような静寂を味わえる。冬の旅路へいざなう、雪景色が美しい神社仏閣を選んでみた。
静けさ味わう雪の寺社で出羽三山神社が1位に。
雪深い山の中に国宝の五重塔など伝統建造物が点々とたたずむ山岳信仰の霊場。8人の選者がベスト10に入れた。冬季に雪が降る全国の寺社仏閣から専門家の協力で28をリストアップ、雪景色の美しさと観光地としての魅力という視点から10人の選者が1位から10位まで選定し集計したもの。
第1位 出羽三山神社(山形県鶴岡市)  杉木立進めば墨絵の世界 580p
第2位 永平寺(福井県永平寺町)    荘厳さ増す禅寺背筋伸びる490p
第3位 高野山金剛峯寺(和歌山県高野町)石組み庭園さらに美しく 480p
第4位 室生寺(奈良県宇陀市)     まさに日本の原風景   470p
第5位 日光東照宮(栃木県日光市)   陽光を受け極彩色の輝き 370p
第6位 貴船神社(京都市)       灯籠の明かり幻想的に  360p
第7位 戸隠神社(長野市)       巨樹が見守る参道を行く 350p
第8位 立石寺(山形市)        街並み眼下に岩山登る  340p
第9位 比叡山延暦寺(滋賀県大津市)  白い山と法灯のコントラスト  280p
第10位 三千院(京都市)        客殿から望む庭園は格別 260p

以上NIKKEIプラス1何でもランキングのご紹介でした。
是非、この時季しか味わえない雪景色と伝統建造物をご覧ください。
f0168873_22354035.jpg



[PR]
by ChidoMuseum | 2018-01-20 17:42 | あれこれメディア情報 | Comments(0)

南洲翁遺訓序文について

来年、大河ドラマ「西郷どん」、戊辰戦争から150年とあって、西郷翁が注目を集めております。
酒井忠篤と旧庄内藩士が直接西郷翁から教えを聞き、編纂した南洲翁遺訓に、副島種臣の序文が掲げられております。

南洲翁遺訓の序文について「庄内賢士大夫某々」のところ、「士」でないのではと質問がありました。

副島原文の「士」が、当用漢字にある士とは違い、そう読めないかもしれませんが、周弼の書体(中国古典書体その他いろいろ)で士と書かれております。
あらゆる書体を駆使される、さすが書聖副島先生ですね。


南洲翁遺訓一巻、区々(くく)たる小冊子と雖(いえど)も

今の時に当り、故大将の威容(いよう)の𠑊(げん)と、

声音(せいいん)の洪(こう)とを

観(み)るに足(た)る有るもの、

独(ひと)り此篇(このへん)の存するに頼(よ)る。

噫(ああ)、西郷兄(けい)、何を以て蚤(はや)く死せるか。

茲書(このしょ)を著(あらわ)す者は誰ぞ、

庄内賢士大夫某々(しょうないけんしたいふぼうぼう)。

明治二十三年一月  副島種臣(そえじまたねおみ)

f0168873_01115462.jpg











f0168873_22135594.jpg

f0168873_22141657.jpg
















銅像建立の協力といい、西郷翁肖像画の件といい、南洲翁遺訓の編集と配布といい、荘内先人たちの西郷翁敬慕は半端でなく、とことん徹底しております。


[PR]
by ChidoMuseum | 2017-12-20 18:02 | あれこれメディア情報 | Comments(2)