致道ブログ

chido1950.exblog.jp
ブログトップ

<   2018年 03月 ( 9 )   > この月の画像一覧

最終日までわずか、鶴岡雛物語

f0168873_00325971.jpg














4月3日までの鶴岡雛物語もあと僅か。25日から最終日まで雅びな姿に変身してパチリ、記念撮影はいかがですか?
子どもさんたち(男の子用と女の子用あります。)の記念に、とても喜ばれております。
f0168873_00332024.jpg


[PR]
by ChidoMuseum | 2018-03-30 17:26 | 展覧会 | Comments(0)

天皇皇后行幸啓碑建立

 3月27日松ヶ岡開墾場の鶴岡市有形文化財新徴屋敷前に天皇皇后陛下行幸啓記念碑が建立されました。
2016年平成28年9月12日豊かな海づくりで、松ヶ岡に両陛下が行幸啓された記念碑。
お励ましのお言葉は松ヶ岡開墾場全員の心にひびきました。
松ヶ岡開墾場には、昭和天皇行幸碑「み雪にたえて色かえぬ松ぞ雄々しき人もかくあれ」、貞明皇后歌碑、明治天皇御名代御台臨処記念碑、地名で三条実美御来場でつけられた三条坂などあります。
f0168873_22422645.jpg


[PR]
by ChidoMuseum | 2018-03-27 19:30 | あれこれメディア情報 | Comments(0)

東洋蘭展開催

20日より25日まで東洋蘭展開催しています。
この時期、鶴岡雛物語、酒井家美術資料展、東洋蘭展と企画展示が3つも重なり、見応えがあります。
是非おでかけください。
東洋蘭は、洋蘭ほど蘭は大きくなく、花は華やかではありませんが、
東洋蘭独特のつつましい色合い、香りがステキな蘭です。
出品は鶴岡東洋蘭愛好会、芳蘭会の庄内一円の会員が心込めて育てた蘭の花その数90鉢以上、
白雪姫など東洋蘭らしいネーミングもお楽しみいただけます。
f0168873_20275707.jpg


[PR]
by ChidoMuseum | 2018-03-20 17:43 | 展覧会 | Comments(0)

春日神社の獅子舞 

 3月18日午前11時頃恒例の春日神社の獅子舞が致道博物館に。
御隠殿の前で獅子舞、春の訪れを感じる風物詩でもあります。
この春日神社の獅子は女の子で、角が1本、そして歯はお歯黒を塗っています。
無病息災を願ってご来館の皆様頭をかんでもらいました。
f0168873_21020238.jpg


[PR]
by ChidoMuseum | 2018-03-18 20:52 | あれこれメディア情報 | Comments(0)

ギャラリートーク  林直輝先生

 3月10日午後2時からギャラリートーク 鶴岡雛物語 日本人形玩具学会理事 林直輝先生、
お借りした第2代原舟月作の大きい古今雛や江戸時代のひな祭りの浮世絵、雛道具などおひな様についてわかりやすく解説をしていただきました。
細川家酒井家の家紋入り雛道具は、大名家の家財を作った職人さんがそのまま小さく作った雛道具ということで日本人形玩具学会の推薦状と古文書があることから
県有形文化財に指定なりました。
3月11日は午前10時から予定しています。
f0168873_21212021.jpg














f0168873_21213684.jpg


[PR]
by ChidoMuseum | 2018-03-10 19:03 | 講座・教室 | Comments(0)

東日本大震災から7年

 2011(平成23)年3月11日14時46分あの東日本大震災から7年たちました。
あの時のことは一生忘れられないでしょう。
多くの人命が失われ、津波と原子力発電所から発生した放射能、無力感におおわれたあの時。
いまでも、ご遺体がみつかっていないとか、まだまだ復興とはいえない現実。
被災されました皆様にはお見舞いを申し上るとともに、完全な復興を祈念します。
あの時、致道博物館東京友の会の前日、絵画返却のため、東京田端で当館学芸と待ち合わせをしていました。
ビルの2階で連絡を待ってコーヒーを飲んでいると、ゆれがはじまり、キッチンの方ではガチャガチャと食器の割れる音
長く感じたゆれも漸くおさまり、階上からはキャーキャーと大勢の人たちがおりてきました。
上の階は相当ゆれだったことでしょう。
私も下へおりてゆくと、JR駅はシャッターがしまり、バスのところには大勢の人たちがならんでいました。
状況がわからず、携帯で連絡とろうとしたけど、通じず。
今回の絵画返却はあきらめ、近くの返却先のお宅にうかがって本日は返却できないから後ほど連絡しますと断りました。
その古いお宅ですが、この地震で影響はないようでした。
その時点では津波とかそんな大地震とは思われず、だけど携帯は通ぜず、バスもタクシーも待ち人で大変でした。
歩きながら、萩というお好み焼きのお店に入って連絡しようとおもって、入るやいなや公衆電話をかしてもらいました。
致道に連絡、私がどうしているか心配していたらしく電話で安心したようでした。
本当にそれまではすごい地震ということはしりませんでした。
明日の当館友の会は東京に来ている3人だけで、会員には連絡の仕様がないので来られた人、たとえ一人でも会場でまっていることに決めました。
さて恵比寿に宿舎予約しているので、交通機関がむずかしい状態なので、この近くにホテルを取ろうと思っても満杯でした。
困っているとそのお店の若夫妻が送ってあげましょうかという、困った私は言葉に甘えて送ってもらうことにしました。
7時すぎまで待ってくれ、用事をすませるからといってまち、午後7時すぎに車に若夫妻と小さい子どもさんとともに車に乗って出発。
初めは裏道、近道をいって順調でしたが必ず大通りにでます。そこは大渋滞、青になってもびくともしない、そしてのろのろ動き、
裏道へ途中コンビニによって休憩、自分は新潟県で父親が山で遭難、地元の人たちに大変お世話になり助けてもらった、困った人をみたら
たすけなければと思った。私が何者かも分からないのにこの大渋滞にいらつきもみせずに、穏やかに送って頂いた、なんと恵比寿についたのは
翌朝3時半、約8時間車を運転して送っていただいた。帰りも大渋滞で大変だろうと思いながらも感謝感謝でいっぱいでした。
お礼の手紙は届いたと思うけど友人達にはそのお好み焼きさんにいってきてとすすめましたが、転居してしまったようでした。
そういえば宇都宮にいるお母さんの心配をしていたからもっと突っ込んで聞いておけばよかったと後でから残念の思いがつのりました。
日本にはこんなにいい人がいるものだと感銘しました。
東京友の会は、無事3時過ぎ学芸も途中で地震にあって苦労したようですが無事私より先についていました。
翌日、新潟からの講師は地震で新幹線不通でおいでになれませんでしたが、会場には地震にも関わらず30人の会員の皆様からおいでいただきました。
本当にありがたかった、こころから皆様にはお礼を申し上げ近況報告などいたしました。



[PR]
by ChidoMuseum | 2018-03-09 21:45 | Comments(0)

修復 色々威胴丸

 3月10日修復していた甲冑が当館に完了して戻ってきました。
修復して頂いた甲冑師小澤先生に感謝申し上げます。
本年秋公開予定です。

f0168873_21271057.jpg


[PR]
by ChidoMuseum | 2018-03-08 18:23 | あれこれメディア情報 | Comments(0)

3月1日から23日まで「西郷どんと菅はん」の展示がはじまりました。

3月1日から3月23日まで南洲翁・臥牛翁遺徳顕彰展示が、国史跡松ヶ岡開墾場(山形県鶴岡市羽黒町)2番蚕室2階で入館無料10時から16時まで始まりました。日本遺産認定「さむらいゆかりのシルク」を記念し、鶴岡「サムライゆかりのシルク」推進協議会が主催して行っています。大画面のシアターもあり、150年前にスリップ、わかりやすい展示となっています。昨日は約200名の方々においでいただきました。
f0168873_15291332.jpg

















f0168873_15285255.jpg

















また3/33/18まで、山形県中山町の柏倉九左衛門家でひな祭りが開催されます。
同時開催で敷地内の北蔵にて、中山町役場主催の「西郷隆盛の道」企画展が開催されます。
西郷隆盛・従道兄弟と中山町との縁と、庄内における西郷隆盛との縁を合わせて繋ぎ、内陸部の方々にも知っていただく機会として中山町主催で企画立案されました。中山町との縁と、庄内との縁についてそれぞれパネル展示されます。
f0168873_15303283.jpg




[PR]
by ChidoMuseum | 2018-03-04 15:00 | 展覧会 | Comments(0)

雛祭り ひな菓子作り

 3月4日午後1時半から随時 ひな菓子つくりの体験がおこなわれました。
鶴岡雛物語の会場には10店舗の雛菓子が個性ゆたかに展示されています。
そこには、鯛や鱒の切り身、サクランボ、ミカン、ポンカン、タケノコ、だだちゃ豆など色とりどり様々なおひな様のお供えのお菓子がならんでいます。
負けじと、ミカンやリンゴなどお菓子がつくられていました。
子供から大人までめいめいにお菓子つくりを楽しみました。

f0168873_14312472.jpg












f0168873_14305625.jpg



[PR]
by ChidoMuseum | 2018-03-04 13:55 | 博物館のとっておき | Comments(0)