人気ブログランキング |

致道ブログ

chido1950.exblog.jp
ブログトップ

<   2020年 01月 ( 2 )   > この月の画像一覧

カローラで近岡善次郎、三井永一、山本甚作、山口将吉郎展

 昨年のトヨタカローラギャラリーオープン記念展についで、1周年を記念して致道博物館の収蔵作品の展示は、新庄出身の洋画家近岡善次郎、鶴岡市出身の画家三井永一、同洋画家山本甚作、挿絵画家山口将吉郎の4人展を開催しています。
 新庄市名誉市民としても名高い近岡善次郎は全国300箇所以上訪ね描いた「明治西洋館シリーズ」は高い評価を受け切手の原画にも採用、今回、「羽黒山五重塔」「鶴岡カトリック教会礼拝堂」など鶴岡ゆかりの建物の作品を、
 三井永一は多くの作家が取り上げられた「ロマン派変転」(浅野晃著)に挿絵を連載、大学院の文学ゼミで教科書として使用されたほど挿絵作品の画家として印象附けられる作品、
 山本甚作は時代小説「蝉しぐれ」(藤沢周平著)の挿絵を担当し、墨絵で作中の世界観を表現。武者絵を得意とした山口将吉郎は当時の人気雑誌「少年倶楽部」(講談社発行)を舞台に活躍。「義経物語」「風雲児義経」などから水彩画で色鮮やかな作品を展示。
展示期間は2月11日まで。定休日は、3日.4日、10日。入場無料。時間午前9時半から午後6時まで。
鶴岡市文下広野18-1 トヨタカローラ山形鶴岡店 ℡0235-23-2331
どうぞ御静観ください。
2月1日附記事荘内日報社
カローラで近岡善次郎、三井永一、山本甚作、山口将吉郎展_f0168873_23392554.jpg
by ChidoMuseum | 2020-01-31 18:10 | あれこれメディア情報 | Comments(0)

刀剣ブーム

 刀剣ブームといわれています。当館所蔵の信濃藤四郎吉光を静岡県の三島市佐野美術館で展示しています。刀剣乱舞というゲームがあり、刀剣を擬人化しつつ刀剣の特徴、歴史を伝えています。そのゲームのキャラクターに吉光がなっています。佐野美術館さんは三島市と提携、三島市は刀剣乱舞所蔵の写しの展示、スタンプラリーを後援し、三島市広報にも刀剣乱舞がとりあげられております。また雑誌ブルータスにも刀剣乱舞の特集がくまれ、当館の吉光(私もちらっと)が掲載されました。ちなみに、そのブルータス、売り切れで本屋さんでは見られないそうです。
三島市広報
刀剣ブーム_f0168873_0163337.jpg















刀剣ブーム_f0168873_2314430.jpg












刀剣ブーム_f0168873_2332426.jpg














刀剣ブーム_f0168873_234576.jpg
ブルータス誌













秋の展覧会で展示の後、信濃藤四郎ファンレターをいただきました。
「さには」とは審神者(さにわ)とは、刀剣乱舞の作品世界における刀剣男士と並ぶ主要キャラクターであり、プレイヤーの分身たるプレイヤーキャラクターである、刀剣乱舞の刀剣女子を[さにわ]と称するそうです。


致道博物館さま
今年も素敵な展示ありがとうございます。
信濃くんに囲まれて幸せです・・・
東京から夜行バスに乗ってきて本当に良かった・・
展示の内容、ライティングもさることながら、
何よりも信濃藤四郎愛に満ちていました。
信房と真光も美しすぎて言葉を失うほどでした。
信濃くんは本当にすてきな大将にめぐりあえたなと思います。
2019・10・5 東京からきた さにわ 
刀剣ブーム_f0168873_18453259.jpg
by ChidoMuseum | 2020-01-20 22:39 | Comments(0)