致道ブログ

chido1950.exblog.jp
ブログトップ

入館料値上げのお願い

 致道博物館では、今年4月より入館料の改定をおこないます。
昨年はおかげさまで、重要文化財旧鶴岡警察署庁舎が5年かけて修復竣工することができました。
ご協力ご支援いただいた皆様には心から厚く御礼申し上げます。
今年3月合わせておこなってまいりました防災事業が完工いたします。
これまで値上げせずに経費節減に努めてまいり事業努力で行って参りましたが、
公開施設が増加、防災施設、諸施設のさらなる充実をめざし4月から値上げさせていただきます。
また友の会会費は据え置きとさせていただきます。
理事会で決議し評議員から理解いただいて、そして旅行観光エージェント関係者にはお知らせしております。
どうぞご協力御鞭撻よろしくお願い申し上げます。

4月1日からの入館料
一般個人   800円 学生        400  小中生個人    300         
団体20以上  700円 学生団体20以上  300  小中生20以上   200                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      
団体100以上 500円 学生団体100以上  200   小中生100以上  100

f0168873_15155504.jpg

f0168873_15153728.jpg


# by ChidoMuseum | 2019-02-25 15:30 | 展覧会 | Comments(0)

致道博 東京友の会 開催

 2月23日午後1時半から東京・江戸川の船堀で東京友の会を開催しました。参加者100名、館長、副館長が平成30年竣工した重要文化財旧鶴岡警察署庁舎および防災工事等周辺整備事業(平成31年3月竣工予定)に対する寄付の御礼、寄付は今年3月で一区切りつきますが、暴風に起因する郡役所のファニアルの工事等が予定されており、建造物群を抱えている当館の現状にてらして寄付控除などを活かせる公益法人として引き続き寄付継続をお願いし、いろいろな事業を報告、挨拶を行いました。本日は特に、朝日新聞の天声人語に当館の展示「歴史の扉~江戸時代の訴訟」(境目争論・用水争論・入会権論争など江戸時代庄内で勃発したさまざまな訴訟を古文書と絵図から読み解く 1月18日~3月13日まで)三方領知替のことについて掲載されたので、会員渡部洋さんがコピーをしてくれて参加者全員に配布、大変よろこばれました。今回は、平成19年度企画展日本遺産出羽三山の写真展のプレとして、稲田美織さんを講師に招き、出羽三山についてお話をしていただきました。藤沢周平著「蝉しぐれ」の映画撮影以来、女優原田美枝子さんとともに度々稲田美織さんは出羽三山に訪れました。そのご縁で出羽三山の写真を撮って、今年出羽三山神社の協賛をいただいて当館ではその写真展を企画、また出羽三山写真集の刊行予定です。
出羽三山そして自然の魅力、神秘を感じる写真の数々、出席のみなさまから写真展が楽しみと大好評を博しました。
また、博物館の展覧会をしていただく寄せ木細工のコレクター金子皓彦さん、おなじくドールハウスの礒貝三枝子さんがご出席いただきご紹介をいたしました。懇談の席では、JR九州常務取締役後藤靖子さんに乾杯をお願いし、下記各社からご提供いただいた山形の銘酒・ワインを味わいながら(紹介チラシ配布)、おおいに盛り上がりました。
富士酒造株式会社「純米吟醸・朝顔ラベル」渡會本店株式会社「純米吟醸和田米出羽の里」羽根田酒造株式会社「純米吟醸原酒俵雪」加藤嘉八郎酒造株式会社「純米大山」竹の露合資会社「純米吟醸白露垂酒」千代寿虎屋株式会社「豊国純米生原酒」JAたがわ月山ワイン山ぶどう研究所「ソレイユ・ルバン ヤマソービニオン2016」「同セミドライ2017」「同ロゼ2016」
ご提供いただきました各社にお礼申し上げます。
2次会も30名の参加でそれぞれ一言話して、出羽三山の写真を話題に余韻を楽しみました。f0168873_00501614.jpg

























f0168873_00504767.jpg
















f0168873_01030506.jpg














「江戸川区・鶴岡市友好都市宣言  江戸川区と鶴岡市は第二次世界大戦時の学童集団疎開を機縁として永年培われてきた親善関係を基に、このたび、盟友の契りを交わすこととなった。両都市は、文化・教育・経済の交流を緊密にし、相互の信頼と友愛の絆を一層強めるため、最善の努力を誓うものである。この提携が、両都市の繁栄と、恒久平和に寄与することを念願し、ここに友好都市盟約の締結を宣言する。昭和56年5月25日 江戸川区長中里喜一 鶴岡市長斉藤第六」 
昭和56年友好都市盟約のご縁で江戸川区さんからお世話になりありがとうございます。






# by ChidoMuseum | 2019-02-23 18:02 | 友の会 | Comments(0)

第20回寒梅忌 最終章

 藤沢周平さんを偲ぶ会寒梅忌として、藤沢文学とともに大きな拡がりをみせてきた此の催しも、厳寒のこの時期の開催をみなおさざるを得ない状況となって今回の第20回を以て寒梅忌として開催するのは終了することとなりましたと藤沢周平文学愛好会萬年慶一代表の挨拶に始まった第20回寒梅忌。皆川鶴岡市市長の来賓挨拶、献花の後、平成12年1月より平成31年1月までの寒梅忌20年の歩みと題して、松田静子顧問、萬年慶一代表、菅原謙吾初代事務局長がいろいろなエピソードを交えて振り返った。そして最後を飾る記念講演は、元NHKアナウンサー、京都造形芸術大学教授、東京芸術学舎教授の松平定知さん、最後に蝉しぐれ最終章(蝉しぐれ文春文庫所収)の朗読で、藤沢文学を楽しんだ。
 藤沢周平先生ご夫妻には、励ましてていただいたことを今も有り難く思いおこします。
f0168873_00104770.jpg
万年慶一代表 挨拶

f0168873_00361902.jpg




































献花 松平定知さん、山口朗鶴岡副市長、上野雅史荘内銀行頭取

f0168873_00111013.jpg













寒梅忌20年の歩み 松田静子顧問、萬年慶一代表、菅原謙吾初代事務局長。

f0168873_00321930.jpg










松平定知さん、蝉しぐれ最終章(蝉しぐれ文春文庫所収)の朗読
# by ChidoMuseum | 2019-01-27 18:09 | 講座・教室 | Comments(0)

歴史の扉 江戸時代の訴訟 ギャラリートーク

 平成31年1月26日午後2時から展覧会場で歴史の扉、当館菅原学芸員による」ギャラリートークをおこないました。
江戸時代から自らの利権を守るために相当数の訴訟があった。基本的には裁判は非公開、1審制、例外的に控訴のようにさらに上級の権力へ訴える場合もあった。
吟味筋(刑事事件)、出入筋(民事事件)があり、政府の裁判機関として寺社奉行、勘定奉行、町奉行の三奉行、最高裁判機関は評定所(老中、寺社奉行、勘定奉行、町奉行で構成)は奉行所では判断つかない事案を取り扱う。荘内藩の郷村支配機構は下記図の如くであった。
f0168873_23483167.jpg























f0168873_23554095.jpg



# by ChidoMuseum | 2019-01-26 19:27 | 講座・教室 | Comments(0)

歴史の扉ー江戸時代の訴訟 展 1月18日~3月13日

 1月18日から3月13日まで歴史の扉ー江戸時代の訴訟 展を開催いたします。
 戦国の混乱期を経て260年あまりにも及ぶ太平の世 江戸時代における平和は、幕藩体制による統治機構のもと政治をおこなう武士と農工商を生活の基盤とする民衆両者の歯車がかみあうことで成立しました。しかしその平和の中にも大名や家臣、領民あらゆる身分層で自己の権益を守るための闘争がありました。平和を維持するためには大小さまざまな争い事を解決し続ける必要があったのです。その解決法の最たる行為が訴訟であり裁判でした。当時は現在のように整った法律はなく、科学的な立証ができるわけもありません。裁判では、先例がとても重要な判断基準となっていましたが、昔の事例や歴史的背景だけでは判断しようもない事件が多くあります。そのため、原告と被告となる者たちは、少しでも有利な判決を得るために互いの主張をぶつけあいました。本展では江戸時代庄内地域で起きた訴訟について紹介します。農民同士の争いや家臣同士の争い、あるいは身分をこえた主張、平和の世の中だからこそ浮き彫りになる利権を求めた生々しい闘争の様子を当時の史料を辿ることでご覧いただきます。
f0168873_15333678.jpg


# by ChidoMuseum | 2019-01-18 14:59 | 展覧会 | Comments(0)