人気ブログランキング |

致道ブログ

chido1950.exblog.jp
ブログトップ

桜 さく

いつもなら、賑わっているところですが、今年は新型コロナの関係でほとんど人出ありません。でも見事に咲き誇っています。さくらが咲き始め、目をやると、ほっと癒やされます。
致道博物館の桜
桜 さく_f0168873_21304181.jpg















鶴岡公園の桜
桜 さく_f0168873_21314314.jpg
















鶴岡公園の桜
桜 さく_f0168873_21382781.jpg
















馬渡の桜
桜 さく_f0168873_21333247.jpg
















松ヶ岡の桜
桜 さく_f0168873_15414376.jpg
















鶴岡公園の桜
桜 さく_f0168873_1544267.jpg
# by ChidoMuseum | 2020-04-08 21:40 | Comments(0)

臨時休館のお知らせ

4月5日、新型コロナウィルス感染者が鶴岡市内で発生しました。感染拡大防止のため、4月6日から当面の間、致道博物館、指定管理をしている藩校致道館、大寶館、松ヶ岡開墾記念館休館いたします。

先にご案内の通り、当館企画の4月の中牧先生の講演会、4流合同茶会などはじめ、その他当館以外の企画イベントはことごとく中止になっています。桜も咲き始めぼんぼりもつきましたが、露店は出店を取りやめ、静かな花見となっております。また日本や世界で、新型コロナウィルスを一刻早く撲滅収束できますよう心より祈念します。

 山口吉彦アマゾンコレクション・ソー二ョス・ジ・アマゾ二ア展は、あまりにも残念なので
しばらくお時間をいただきお待ちいただきますと、youtubeで配信いたしますのでお楽しみに。



# by ChidoMuseum | 2020-04-06 11:49 | 展覧会 | Comments(0)

山口吉彦アマゾンコレクションーソーニヨス・ジ・アマゾニア ともに生きる森

山口吉彦アマゾンコレクションーソーニヨス・ジ・アマゾニア ともに生きる森 展が、4月3日より5月13日まで開催いたします。文化人類学者山口吉彦氏が幼少時代から夢に見た南米アマゾン、種の宝庫の森に生きる人々が織りなす自然と文化の調和を題材に、山口氏が蒐集した2万点の民族・自然資料を特選しご紹介します。アマゾン固有の動物や昆虫などの標本、先住民の生活工芸や
日用品を精選、一堂にご紹介いたします。アマゾンコレクションは、多様な生の在り方に示唆を与えてくれることと思います。是非ご清鑑をお願い申し上げます。
山口吉彦アマゾンコレクションーソーニヨス・ジ・アマゾニア ともに生きる森_f0168873_11293840.jpg







荘内日報社4月3日附
山口吉彦アマゾンコレクションーソーニヨス・ジ・アマゾニア ともに生きる森_f0168873_21314517.jpg
























荘内日報社4月5日附
山口吉彦アマゾンコレクションーソーニヨス・ジ・アマゾニア ともに生きる森_f0168873_21322430.jpg























4月6日附山形新聞掲載

山口吉彦アマゾンコレクションーソーニヨス・ジ・アマゾニア ともに生きる森_f0168873_15442151.jpg
# by ChidoMuseum | 2020-04-03 10:42 | 展覧会 | Comments(0)

4月18日国立民族学博物館名誉教授、千里文化財団理事長中牧弘允氏&山口吉彦氏の記念講演会中止のお知らせ

 4月3日から5月13日まで開催される山口吉彦アマゾンコレクション展が開催されます。
そして4月18日14時から国立民族学博物館名誉教授、千里文化財団理事長中牧弘允氏&山口吉彦氏の記念講演会を予定いたしておりましたが、残念ながら中止とさせていただきます。
世界的なコロナウィルスの感染拡大をうけての対応であります。
山形県では、3月28日に県立図書館、県立博物館など当面休館することを発表しました。
いずれ当館も休館も検討することがあろうかと思います。
1日も早い収束を願ってやみません。


# by ChidoMuseum | 2020-03-29 12:17 | 展覧会 | Comments(0)

雛の句

3月26日号の週刊新潮 新々句歌歳時記 蘭に、嵐山光三郎先生の選
 
愁ひ顔なる鶴岡の女雛かな  七田谷まりうす

鶴岡は酒井家14万石の城下町である。山形県屈指の文化都市で、酒井家の宝物館に展示された女雛を見ての感興か。まりうすは青邨指導の東大ホトトギス会で俳句を学び、日銀退職後、俳人協会事務局長を務めた。・・・・と嵐山先生の解説がつづきます。句集「通奏低音」七田谷まりうす(平成26年・KADOKAWA)より。
この新句々歌歳時記をみたDさんから掲載誌をもってお知らせいただきました。
嵐山、七田谷両先生、Dさん、ありがとうございました。

雛の句_f0168873_1233135.jpg
# by ChidoMuseum | 2020-03-28 11:11 | Comments(0)